活動日誌
DailyPop2011年 DailyPop2010年 DailyPop2007年 DailyPop2006年 DailyPop2005年 DailyPop2004年 DailyPop2003年 メール リンク 映像資料 発行物 刊行物 活動日誌 伝えたいこと 市議会報告 プロフィール 活動日誌2002年 活動日誌2003年 活動日誌2004年 活動日誌2005年 活動日誌2006年 活動日誌2007年 活動日誌2008年 活動日誌2009年 活動日誌2010年 活動日誌2011年 活動日誌2012年

▼1月5日(水)明けましておめでとうございます。今年は実家に帰らなかったので、31日から1月4日まで、息子たちが来たりと、自宅にこもってました。8年ぶりに大掃除をしました。ほこりのたまっていること!何もしてないのに埃や塵がたまるのはどういうことでしょうか?まだ風呂場が残っています。カビ取りに挑戦です。きれいになった家で暮らすのは気持ちいいですが、いつまで続くやら?ですね。新しい年になって、例年のように、決意新たに今年の肝に銘じることを列挙しました。今年も元気にがんばりましょう!それぞれが自分なりの幸せを得られることを望んで。

▼1月6日(木)いろいろとやらなければならない事を書き出してみたら、新年早々の決意はどこへやら、う~ん、やりきれないかもという予感。スパスパッと時間通りに、スケジュールの組み立て通りに、こなしている人がうらやましい!自分は不器用なのかも、と思います。どこかでふっきればいいのに、ひきずってしまいます。それで結局中途半端、ということは多々ありますね。一人の人間がやれることは、たかがしれてはいるのですが…。人とあっても、作業をしても、計画通りに時間が終わらない。アヒルの水かきを今年もやるのでしょう。

▼1月8日(土)夜、アコーディオンの演奏会に行ってきました。初めてです。なかなか刺激的でした。バッハがこんなに圧倒的なのかと、驚きましたし、タンゴやジャズのA列車で行こうも良かったですね。楽器が身体の一部になるか、身体が楽器の一部になるか、などと思いつつ聴いてました。アコーディオンオーケストラのウエストサイドストーリー。高校生の時、この映画を観にいって、その場面を思い出しました。もう38年前のことなのに。演奏会の後、友人をまじえ15年ぶりに会った方や初対面の方たちと飲みました。世間は狭いです。

▼1月9日(日)午後1時から5時まで、事務所で2件の相談。両方とも難しいなぁという感じですが、やってみるしかないでしょう。事務所も乱雑さが目に付いてきたので、片付けはじめました。気がつくと要らないものがたまってますね。

▼1月10日(月)きょうは成人の日です。成人式の式典は、さいたまスーパーアリーナで開催されました。去年は出れなかったので、ご案内をいただいたので行ってきました。式典そのものは25分程度。長々の挨拶は無理というのもわかります。オープニングイベントでマーチングバンドや、アトラクションで竜神まつり会の竜や太鼓など。女性も男性もとても20歳には見えません。きれいに化粧していて、もっと大人ぽかったです。中学時代の同窓会的雰囲気でした。久しぶりに若者たちばかりの集団を見た感じです。中身も社会人として切り開いていってほしいですね。

▼1月11日(火)障害者協議会の理事会に行く前に、グリーンフィンガーズに慌しく寄って、スマトラ沖地震でのスリランカの被災者に衣類とタオル類の箱を届けました。ボランティアで急遽送ることになったから、協力してほしいというHさんからの連絡で、グリーンフィンガーズ(リサイクル品を売っているので、衣類はたくさんある)でも送ってもらうことにしました。今回の津波による犠牲者は15万人とも言われていて、社会的弱者にその後の2次災害が起きているとも報道がありました。特に子どもたちに。私たちができることは限られているけれど、やれることをやるしかないのでしょう。少しでも、手助けができれば。タオル類は、新潟中越地震の被災者の方たちに送ろうと思って、保管していたのですが、対策本部からの連絡はないので、津波被災者の方たちに送りました。

▼1月12日(水)昨晩は久しぶりに鍋をしました。牡蠣や鶏肉、しいたけ、三つ葉、せり等々、あれもこれもと入れ込んでたくさん作りすぎました。~ので今日は雑炊ざんまいです。一人で食べる食事は味気ないけど、きょうの食事は栄養のバランス満点で、しかもおいしかったです。家にこもって資料のチェック、連絡などなど、けっこう時間がかかります。

▼1月13日(木)ふれあい福祉基金について、話を聴いてきました。あるNPO団体から相談を受けたのですが、事業が対象で、施設改修は対象外ということで、むずかしそうです。非営利の市民活動、福祉的要素、教育的要素と併せ持つのですが、福祉の担当職員の方の説明では該当できそうにありません。谷間的な形なのかもしれませんが、何とかできないかと悩みます。

▼1月14日(金)午後から新年初めての会派会議です。久しぶりに会派の面々に会って、皆さん元気そう。会議もスムーズに進みました。でも、2時から5時に終わる予定が6時前になって、さすがに頭が疲労です。すぐに事務所に向かい、私の関係の会議。こちらも現状(なかなか人手がいない!)を受け止めつつ、前向きに対応を決めて終了。夜の10時前でした。Kさんが持ってきた北海道みやげのチョコレートやIさんのみかんを食べたりして、中途半端なお腹の空き具合。帰宅して、雑炊に卵や春菊、ねぎ、小女子、とうふを入れて、おかずは白菜の漬物。こういういろいろな食材がどさっと入った一品物は好きですね。

▼1月15日(土)寒い日です。暖かな部屋の中にいられるのは幸せなことです。1月はこれからいくつかの新年会や、閉会中の委員会開催(保健福祉常任委員会と議会運営委員会の請願審査)や、議会運営委員会の視察が予定に入っていて、準備をしなければなりません。2月に入ると議会オンリーになりそうです。夕方からさいたま市3医師会の新年会に参加してきました。初めての参加です。国会議員や県会議員、市会議員もたくさん来てました。立食形式かと思ったらテーブルが決まってました。

▼1月16日(日)きょうも寒い日です。氷雨です。公民館で行われた青少年育成会の新年会に行ってきました。余興では、折り紙が配られ、干支の鳥にちなんで雄鶏と雌鳥作り。見よう見まねで折りました。難しい!子どもたちは折り紙が大好きだそうです。そして、じゃんけんの勝ち抜き戦。ビンゴも面白いけど、じゃんけんもけっこう盛り上がりますね。勝っても負けてもワーワー言って楽しみました。半年前こちらの総会に伺った時、頼まれたカーブミラー設置の件でお礼を言われて思い出しました。教育関係でのお話を何人かの方からうかがい、別の方から相談が1件。こうした場に出ると、いろいろと勉強になりますね。折り紙ではないけど、きれいな包装紙がたまったので、久しぶりに手作り封筒作りに精を出しました。ほとんど自己満足の世界ですが、きれいに作れました。

▼1月17日(月)きょうは阪神大震災から10年です。6433人の方が亡くなり、住宅50万棟が壊れました。4200人もの方が住宅の下敷きになって亡くなりました。自然災害が人災にならないよう、国の政策はもちろんですが、自治体の政策もきちんとやらなければ。午後は保健福祉委員会でした。請願2件の審査です。1件に賛成し、1件に反対しました。タイの山岳少数民族の子どもたちの教育支援プロジェクトを行っている中野穂積さんに、故下畑静さんの思い出文集を送りました。下畑さんも一緒に、仲間たちでタイのリス学生寮にお邪魔し、子どもたちと交流したのは1996年の夏でした。その年から毎年、リサイクルバザーの売上金の一部をカンパしてきました。今年でもう10年目になるのですね。日本人の中野さんが主宰して、学校へ通えない山岳民族の子どもたちに宿舎を提供し、50人の子どもたちが自主管理で生活できるよう教育支援を行っている、その心意気への応援と、一宿一飯の恩義でカンパを始めたのですが、いつのまにか年月がたちました。今回は売り上げからの1万円と下畑さんの文集費の残金1万2千円とを合わせて、送りました。夕べ午前2時まで今日の委員会での討論原稿を作っていたので、寝不足です。

▼1月18日(火)いいお天気になりました。気持ちがいいですね。セリを食べた後の根っこをグラスに入れておいたら、茎がぐんぐんと伸びてきて葉っぱもつけ始めました。すごい生命力で、見てると嬉しくなります。台所に置いてあるのですが、もう少ししたら食べられそうです。でも食べるのがもったいない、気もします。外では寒いだろうと思って部屋の中に入れた、クリスマスカクタス(シャコバサボテン)2鉢も、つぼみをたくさんつけて咲きはじめました。ピンクとワインレッドの花がみずみずしくてきれいです。部屋の中に花があると華やかで、気分も晴れやかになるから不思議です。沈丁花もつぼみがついて、季節は春に向かって動いていますね。夕方、Mさんから家庭菜園で作ったという大根をいただきました。以前にもいただいたのですが、水気がたっぷりあって、大根の味が生きていました。ごちそうさまです。

▼1月19日(水)自治会の新年会です。役員さんたちが主でしたが、お馴染みの町内のお店でお昼を食べました。顧問の先生が、「昨年は災害が多く、地球がおかしくなっているかもしれない、人命がそこなわれるのは、災害だけではない、平和で住み良い社会であってほしい」と、ご挨拶でおっしゃってましたが、本当にその通りだと思いました。平和であってこそ、生きている喜びを享受できるのですから。

▼1月20日(木)さいたま市消費者団体連絡会の会議が午前中にあり、お昼ちょっと過ぎに終わったのですが、その後、浦和消費生活センターで話をうかがったので、お腹が空き過ぎです。コンビニでお弁当を買おうか、外食しようかとも思ったのですが、やっぱり、自分で作ったのを食べたいので、サラダを作ってサンドイッチです。セリと赤玉ねぎとセロリとハムとチーズのサラダで、セロリとセリの香味がおいしい!コーンスープとプリンもつけて、満足。なるべく頭がクリアになるような食材を食べて、一つ一つ片付けていかないと。夕方、またグリーンフィンガーズへ。一生懸命しゃべったので、疲労しました。

▼1月21日(金)午前中、保健衛生会館の地鎮祭と起工式に出席しました。4階建てです。総工費は75億円。その建物の北側に地区公民館、そのまた北側に障害者の就労を支援する障害者総合支援センターを建設する計画になっています。3施設とも、オープンは平成19年4月予定。障害者総合支援センターの基本構想については、2月4日まで、パブリックコメントを募集中です。お昼に久方ぶりにとんかつを食べました。キャベツ大盛りで食べでがありました。、午後は、総務と教育市民の常任委員会の請願審査があったので、総務常任委員会を傍聴してから、会派会議でした。帰りに生協の注文品を取りに行って帰宅。きょうも、予定のスケジュールをこなしてホッ。明日の準備がまだですが、ちょっと休憩がほしいですね。

▼1月22日(土)夕べは、昨年1年間の自分の活動報告をまとめるのに没頭し、気がつくと午前3時。頭ふらふらで寝床に入ったものの寝付けません。脳は疲労して眠いのに、神経が高ぶってあれこれ思い浮かび、眠れません。毎日毎日、時間と追っかけっこしながら、やらねばならないことを緊張感をもってこなしていく、そのトータルが年間の活動報告です。私の活動の基軸は使命感かもしれません。気づいたこと、感じてしまったこと、疑問に対して、私ならどうするか?という問いへの答えを出そうという、自分の行動パターンです。若い時から活動してきて、生活と活動が一緒くたになっているので、議員でなくても、多分活動はしているでしょう。議員は、制度に責任を負っていると思うので、市の政策・制度をどうより良いものにしていくのかが、問われている活動ですが、市民の目には見えていないのが現状だと思います。昼からの老人会の新年会に出席してご挨拶してから、自分の関係の総会と新年会でした。本当に十数年ぶりの方、初めて出席された方、おなじみの方、ご出席していただいた方々にお礼申し上げます。そして、忌憚なく言える仲間がいるということは、どれほど心強いものであるか、近しい仲間たちに感謝!です。

▼1月23日(日)きょうは日曜日らしい日で、時間を気にせず寝床にいられて「う~ん、幸せ」。事務所のノートパソコンがこの間、ずっと調子が悪くすぐ凍ってしまいます。上書きしながら入力してないと消えてしまうので、時間をかけた入力はできずにいました。しようがないので、デスクトップに替えることにしました。これからそのセットアップです。スキャナーをようやく使えますね。

▼1月24日(月)午前中の議会運営委員会は、正午をまわって終了。請願2件の審査、討論、採決と、他の協議事項など、盛りだくさんでした。議運が終わった後も話があったりして、地区社協の新年会にうかがったのが終了まぎわになってしまいました。お腹ぺこぺこで到着でしたが、緊張しているのであまり食べられませんでした。また、やせちゃいますね。きょうのHP更新は、新しいパソコンでやっています。もう、突然止まってしまうこともないでしょうし、ストレスためながら操作しなくてすみそうです。私は機械に弱いので、セットアップは達者な方にしてもらいました。パソコンを始めて何年にもなるのに、カタカナの用語がイマイチ分からないし、分かろうともしてないしで、もっと上手に使っていればもう少しもったのかもしれませんが。新しいパソコンはXPなので、ワンダフルです。速いし、自己復元機能もあるし…。教えられたように、ちゃんとメンテもやって快適に使っていきますです。

▼1月27日(木)25日、26日と議会運営委員会の視察で、広島市と神戸市に行ってきました。今日は帰着です。今回の視察は議運委員13名と、議長、副議長、執行部、議会事務局と総勢20名でした。議会運営の調査なので駅を降りたら市役所内の議会棟に直行。説明を聞いて質問をしてという中身なので、市内を見ることも施設を見ることもなく、終わりです。でも、紙に書かれた調査書を見るより、実際に議会運営の現状を議会事務局の方から聞くと、いろいろなことが分かって面白いし、参考になりました。どちらの市の議会事務局の方も率直に話をされて、それぞれの市独特のやり方があるのが分かりました。私の今回の失敗、別のケータイの充電コードを持って行ったこと。電話で話し中に電池が切れてしまい、電話番号を書いた手帳もケータイがあるからいいやと思い、持って行かなかったので、連絡がとれず焦りました。前の視察では、コードをホテルに忘れてきてしまうという失敗をして、それはもうやらない自信はあったのですが、朝、慌てて出たので違う失敗をしてしまいました。今度はもうこれもやりません。

▼1月28日(金)きょうはしっかりさいたま市モードです。無所属の会の研修会で、野村稔さん(全国都道府県議会議長会の事務局を長年勤められ、議会運営についての著書多数、講演を精力的に行われている方)に来ていただき、お話をお聞きしました。無所属の会としては昨年の10月31日にも、野村さんの研修会を行ったので、2回目です。率直なお話で、うなずくところがたくさんありました。野村さんのお話のベースは、住民にとって議会はどうあるべきなのか、議会と執行部との関係の中でいかに議会の力を高めていくのか、という点だと思います。先日の議運の視察でも分かりましたが、議会運営はいままでの歴史や社会的な変化の中で、法定で決められた以外のことについては、それぞれ、その議会が選択して議会運営のやり方を決めてきています。さいたま市議会でも、さいたまのやり方があるのですが、それをいかに充実させていくのか、いけるのか。他市の例をそのままあてはめるのでなく、参考にしながら議会改革を進めなければと思いました。研修会が終わって、青少年育成会の新年会に直行。Oさんから、私のHPのDailyPopでのことを言われ、しっかり見ていただいているんだなぁと嬉しかったです。議員がどんな活動をしているのかを、全部はとても無理にしても、できる限りお知らせしていきたいと思っているのですが、ちょっと緊張しますね。新年会が終わって、八ツ場ダムをストップさせる会埼玉の会の会議に参加。これから明日の消費生活展の準備です。新年会でちょっとつまんだくらいなので、空腹です。

▼1月29日(土)朝から、さいたま市消費生活展に参加です。途中、障害者の防災対策のシンポジウムに参加。4時に消費生活展が終了。今回もクイズラリー形式をとったのが成功しましたね。それにしても、しょうゆや油に遺伝子組み換えの表示義務がないのを知らない方が多いです。その後、自治会の新年会に出席。近くの自治会なので歩きで行ったので、飲みました。2次会にも参加し、カラオケでした。何人かの方々からお話を聞いたり、楽しい出会いがありました。今後が楽しみです。

▼1月30日(日)よく晴れた日曜日です。午前中は、老人会の新年会でした。久しぶりにお会いする方々から、「やせたわねぇ」と言われ、「もっと太らなくちゃだめ」と言われてしまいました。確かに1年前に比べると4キロやせました。49.5キロから45.5キロですからやせてますね。去年の2月議会の予算特別委員会の集中審査ごろから、胃が小さくなったみたいで、たくさん食べれなくなりました。元々間食はしない方ですし。また、この間ずっと忙しく、食事は二の次みたいな日が多いので、結果的にやせてしまったのでしょう。父も母もやせ型だし、妹二人もやせているし、私が一番太めだったのですが。昨年秋の健康診断では、コレステロールが若干高めで要注意でしたが、他はどこも悪いところはなしです。「2キロ太ります!」と皆さんに約束しました。

▼1月31日(月)一週間の始まりですが、一月の終わりでもあります。早いです、月日のたつのは。午前中はグリーンフィンガーズ(障害者の地域デイケア施設)の利用者会議へ。昼前に愛育会の新年会へ。その後、会派(無所属の会)で出した予算要望の回答を受け取りに市役所4階(市長室と助役室がある階)へ。予算要望の回答は、回答文書をいただき、いくつかピックアップして政策企画部長が回答を読み上げるという、セレモニー的なもので、30分で終了。その後、愛育会の新年会で出されたいくつかの疑問に答えるべく、担当部署に聞きました。Q「公園の水道の栓が止められているが、市が止めたのか?なぜ止めたのか?」…A「いたずらからか3回ほど水道を壊され流しっぱなしにされたので、一時的にストップしている、時期を見て使えるようにしたい。」(公園緑地協会)Q「市の花をかたどったマークは花びらが9つだが、岩槻が合併すると10個になるのか?」…A「市のイメージアップ事業として、職員が使うエプロンや車にマークを入れていたが、エプロンは市民に接するときには使わないようになるでしょう。車に貼ったマークも使わないと思います」(企画調整課)Q「愛育会の行っている、一人暮らしのお年寄りへのお弁当の配食サービスへの助成金の継続手続きは大丈夫か?」…A「新年度は早めに継続募集のお知らせを出しますので、心配しなくて大丈夫です」(浦和区コミュニティ課)~とそれぞれ、お答えをいただきました。浦高通りの工事が、バリアフリー化と水道工事と重なって工事していて、振動がひどくて眠れない、店に置いてある機械も壊れた、何とかできないか、という相談もお受けしたので、明日、お宅に伺い、具体的に詳しく聞くつもりです。知り合いの方から、さいたま市の学童保育へのご意見も、電話でいただきました。皆さん、自分の住んでいる街を愛しているのが分かります。なので、私もがんばらなくちゃと思って、リキを入れてしまうのですが。

▼2月1日(火)昨日、相談を受けた方のところへ。水道局の職員と業者さんを交えて話しです。振動への対応は、仮舗装を本舗装並みに行っていただくことになりました。市民からすると、別々に道路を掘り起こす工事を何とか庁内で調整して同時期にやってもらいたいし、工事の状況や影響などについても、事前に納得が得られる形で説明されてれば、怒ることもない、というのはその通りだと思います。話が終わり、帰りに商店街の街灯の件で、あるお店に立ち寄って縷々お話をお聞きし、そのままグリーンフィンガーズへ。空腹のまま、考えて、しゃべって、頭の中が白くなっていくのを自覚です。一旦家に帰るつもりで行ったのですが、間に合いそうもないので、おにぎりを買って車中で食べながら、ふれあい福祉センターへ。2時をちょっと回って何とかセーフ。障害者協議会の理事会でした。理事の面々の方々も少しずつ名前と顔が一致してくるようになりました。夜は3ヶ月に一回の近所の方々との飲み会です。前回は出れなかったので、もう一つの会合は欠席です。風邪を引いたみたいです。寝込んでいられないので、何とか体調を維持しなければ…。もうすぐ2月議会ですから。

▼2月2日(水)午前中、養護老人ホームに行き、種々、お話をうかがってきました。午後は会派会議です。また、みっちりと議論でしたが、5時前に終わったので、思わず拍手。進歩したねぇ、と。生活衛生課に行って、食の安全に関するさいたま市の基本方針(素案)(パブリックコメント用の封筒付)を10部もらってきました。会派の皆さんに参考として配りました。市民の意見反映の制度としてのパブリックコメント制度ですので、食の安全に関心ある方に配るつもりです。せっかくの制度を生かしてもらわないと。締め切りは2月8日です。

▼2月3日(木)節分の豆まき行事に初めて参加しました。豆の小袋、リボンをつけた5円玉、おひねりの10円玉、インスタントラーメン、みかん、飴などを「鬼は外!福は内!」と言いながら、神社の境内で壇上からばら撒きます。小中学生や若いお母さんたちも集まり、投げられたのをGET、です。豆まき終了後、小学生の男の子が「ごみを拾いました」と言って、両手に持ってきました。知っている方の息子さんでした。えらいねぇと言って、私が豆まきの時にもらったビスケットのお菓子を渡したら、「わぁ、ありがとうございます!」。インスタントラーメンも渡そうとしたら、「そんなにもらったら、叱られます」。…おぉ、いまどきそんな風にけなげなことを言うお子さんもいるんだと、感心しました。私が車に乗り込み帰ろうとして、ふと、そのお子さんの行方を追うと、神社の前で手を合わせていました。お母さんは、まっすぐに育てられているのでしょうね。

▼2月4日(金)風邪が本格的になったみたいで、せきがゴホゴホ出て、マスクをしているのですが、マスク内に熱がこもり、よけい熱っぽく感じ、病人になったみたいです。それでも、まだ身体がもつからと会議に出たり、議会の議員室に行って資料整理したりと、スケジュール消化が優先です。2番目の息子が独立し、一人になってから、洗濯や夕食の用意に神経を集中しなくてもよくなったので、夜も資料を読んだり、作業したり…。嫌いじゃないのですが、いいのか悪いのか、ほとんどワーカーホリック状態ですね。

▼2月5日(土)空気が乾いているのか、埃が少ないのか、透明な陽光がすてきでした。防災リーダー研修会に自治会役員の方々と参加し、途中から、地区社協の新春懇談会に出席しました。地区社協や民生委員の活動をされている方々や、自治会の方々とお話してきました。1月の議運の視察報告。ホームページにアップするための入力作業に手間取り、この数日間リムーバブルディスクに少しずつ保存していたのですが、きょう、ようやくアップできました。写真の添付はまだできてませんが…。この視察関連の資料を片付けないと、次の資料とごっちゃになって、またいつものようにハチャメチャな机上になってしまいます。もうなり始めてますね。2月議会の代表質問や常任委員会の議案外質問に関するものや、いくつか相談等で動いた時の資料や市民団体の資料など、現在進行形の活動の資料が積まれていて、プレッシャーです。

▼2月6日(日)10時からノーマライズうらわの役員会。1時半ぐらいまでかかりました。会議に出るたびにやることが増えてため息が出ます。バターロール2つを口に入れ、そのまま、さいたま市主催の「食の安全フォーラム」へ。1時半からでしたので、私が着いた時は、もう会場一杯に人が入っていて、結局平野レミさんのお話はちゃんとは聞けませんでした。顔見知りの職員の方と長い立ち話。Yさんと会う約束で、ようやく3時半にスパゲッティを食べながらお話。深刻な案件です。家に帰って、ほっとしたら急激に眠気が襲ってきて、ベッドに横になったらクゥクゥと眠ってしまいました。風邪はもうすぐ飛んでいきそうです。きょう連絡をとらなければならない何人かの方に電話をして、予定の行動は終了です。

▼2月7日(月)無所属の会の市内視察で、防災センターと北区役所を訪問しました。北区のイメージは、広々。仮設の区役所のある場所がそうだからなのでしょうか。防災センターでは、ちょうど休館日でしたが、体験コーナーなどもさせていただき、ていねいな応対をしていただきました。北区役所でも区長さん以下4名の幹部職員の方から、区の現状やまちづくりの課題などを縷々ご説明をいただき、率直な質疑応答をさせていただきました。ありがとうございました。3時までに議会の方に行かなければならないので、他の3人と別れ、細川議員の車で戻りました。途中、渋滞で焦りましたが、5分オーバーで無事到着。

▼2月8日(火)寒い日でした。今日、2月議会の告示で、議案書が配られました。岩槻市との合併に関連する議案があるし、2月は予算議会なので、議案は膨大です。議案書には193件の議案が載ってました。予算書・予算説明書は厚さ3センチ。病院と水道と下水道の予算書、補正予算書を合わせると、厚さ6センチ。重い!この議案が6つの常任委員会に分割付託されます。総務と保健福祉が多いと聞いて、私は保健福祉なので「えぇ~気が重いなぁ」。午前中の議会棟は人影もまばらでした。資料をもらいに庁舎内を歩いていたら、知り合いの職員の方から「HP見てますからね。あと2キロ太ってくださいね」と言われ、「うわぁ、は~い」。しっかりチェックされてますね。会派の議員室の自分の机の上を整理して、資料として家に持っていくものを分けて、議案書と一緒に運びました。資料をそれぞれのジャンル別に分けて、頭の整理にとりかからねばなりません。また、家の中に紙類が広げられ、ぐしゃぐしゃになるのはしゃくなのですが、やむを得ません。大きいちゃぶ台を出してきてリビングに置き、資料がすぐ使えるようにしました。

▼2月9日(水)朝から、議会運営委員会の理事会、議会運営委員会、会派会議と続き、すぐに自治会長さん宅で、防犯のとりくみについて打ち合わせ。私の頭の受容容量が一杯です。夕べ遅くに電話が入り、懸案ごとが発生。そちらへの対応も心配です。きょうの議会運営委員会で、2月議会の会期予定(案)が示されました。3月17日までの1ヶ月間余、議会開会です。今回、無所属の会の代表質問は私がやることになったのですが、そちらの準備もままならず、まだできてません。

▼2月10日(木)10時から1時間ほど、議案説明会。虹の会の藤井さんと茶さんが、会派の議員室で待っていてくれました。厚生労働省が打ち出しているグランドデザインのことや、市との話し合いのことなどを話してお別れ。午後から、さいたま市産業創造財団を会派で訪問。江田理事長さん以下4名の職員の方からお話をうかがってきました。起業支援や中小企業向けの融資の話などなど。出来てからまだ1年たってないのですが、融資などもノンストップで行い、起業相談を出前で行ったり、各種セミナー・研修会などに取り組んでいます。気軽に相談してほしいということでした。その後、すぐ事務所へ直行。Dさんが、事務所が明るかったので、と言って立ち寄ってくれました。久しぶりです。いろいろな情報交換。これからグリーンフィンガーズです。職員の方々と勉強会も兼ねた話し合いです。

▼2月11日(金)祭日です。少しのんびりした気分です。でも、いくつも抱えているのでプレッシャーはなくなりません。ようやく、えがりて浦和の原稿作りに手をつけました。会を閉じるにあたって記録集を作るので、私にも書いてほしいという原稿依頼が昨年ありましたが、なかなか書けずにきて、もう待ったなしです。何回も催促を受けていたのですが、第2優先課題できょうまで来てしまいました。原稿提出者のビリかブービーか、とのことで、「ごめんなさい」。「何でもいいですので、ぜひ書いてください」と言われましたが、DailyPopを書くような調子にはなりません。以前の私の市議会報告や資料類を引っ張り出して、時期の確認や言葉の定義など、考え考え、起承転結や言い回しなどにも気を使いながらパソコン入力。他の人が読むと、時間がかかったようには見えない文章かもしれませんが。4時から始めて、もう夜の8時半をまわりました。これで一つ終わり。万歳!今晩はちゃんとしたおかずを作ろうと思っていたのですが、仕度のタイミングを逸して、お腹空き空きです。何でもいいから食べたい気分。

▼2月12日(土)ようやっと、美容院に行くことができました。昨年の11月以来です。行こうと思いつつ、他の用事優先で延び延びになってました。伸びすぎた髪がまとまらず、もう限界だ、というところでいつも行くことになっているのですね。久方ぶりにメッシュで染めてもらいました。この美容院、カット技術が抜群です。それぞれのお客さんの特徴に合せて、弱点はさりげなく隠してくれるし、希望する髪形(私の場合は手入れせずに済むように短く!若っぽく?これは無理かも)をその人らしさに取り込んでくれます。メッシュに入れる色もお任せでしたが、満足です。短くなって、すっきりさっぱりしました。

▼2月13日(日)昨晩、資料の紙1枚を探しまくり、1時間ほどして偶然見つけたのですが、疲れて作業する気力が萎えて寝てしまったので、今朝はそこからスタート。自治会の防犯活動開始のご案内を作って、回覧用に配布です。防寒対策ばっちりで、各担当のお宅を回ってきました。これで議会の方の準備に入れるかな?16日の質問通告提出・質問内容説明会までに間に合うのか。今日明日中にや形をつけないと。間に合わせなくてはいけないのですが…。明日も議運の理事会が入ってましたね。

▼2月14日(月)午前中いっぱいかかって、議会運営委員会の理事会でした。4時から始まる会派会議までの間、議員室にノートパソコンを持ち込んで、代表質問の項目作り。会議で皆にたたいてもらうのですが、問題意識レベルなので困りますね。まだまだ未完成です。今日はバレンタイディですね、世間的には。もう十何年もバレンタイチョコをあげてないですね。息子たちが十代の頃、彼らにチョコをあげたことはあっても…。それももう今はなし。

▼2月15日(火)きょうから2月議会が始まりました。議会では議事進行がかかったりと、予想がつかないことが起こります。議運の理事会や議運が開かれたりしました。明日の本会議終了後30分以内に、質問通告を出さなければなりません。私は代表質問と常任委員会の議案外質問と2つあります。まだ固まってなくて、ため息つきつつ、今夜どこまで寝ないでがんばれるか、です。読んでおきたい資料も山とあるのですが、読んでいると質問内容の詰めができないし…。気分は試験前夜の学生です。きょう、ある方から、エルヴィス・プレスリーのCDをいただきました。32曲です。めちゃ嬉しくて、わくわく。家に帰ってさっそく聴きました。ブルースェードシューズやSuchaNight、冷たくしないで、etc.中高生の頃、受験勉強しながら聴いていた曲です。なつかしい!もう40年も前の曲なのに、まったく色あせず、感激。エルヴィスの声とテンポと、いうことありません。現実は50半ばを過ぎたおばさんが、気分は夢見る中学生に還って、受験勉強ならぬ質問作成に励まなくちゃ。

▼2月16日(水)本会議2日目です。議案への質疑もあっという間に終わり、終了後30分以内に代表質問と、常任委員会の議案外質問の通告を出さなければなりません。昨晩午前3時までかかって、書き出したもののまだ中途半端。ちゃんと質問項目を整理していなかったので、アセアセで書いて議会事務局へ。あわてて書いたので、誤字・字句の修正等、恥をかきました。お昼に議運の理事会があり、代表質問の時間の割り振りが決定。その他に懸案事項もあり、会派としても悩みどころです。1時から質問項目についての説明会。会議室いっぱいに集まった職員の皆さんに質問の内容や趣旨を説明です。まだ絞りきれてない質問も多々あり、冷や汗ものでした。睡眠不足で疲労極限で帰宅です。

▼2月17日(木)夕べも質問内容書きを午前2時までかかり作成。それでもまだ終わりません。頭は代表質問一色。ノートパソコンを会派の部屋に持ち込んで、作成続行ですが、質問への答弁を作る所管課の方々が、次々に来られて、そのたびに口頭で応えたりして、なかなかはかどりません。会派の代表質問は再質問ができないし、答弁は市長や助役などになるので、質問と答弁が本会議場でかみあったものになるために、担当の職員の方の苦労も大きいのですね。今日は朝の9時半から夜の11時まで、会派の部屋で、ひたすら質問作成でした。づかれた~!森永議員も一緒で作業でした。お互いに話はしないで作業しようねと約束しあったのですが、ついおしゃべり。~と言っても、質問へのアドバイスを聞いたり、ディスカッションで、まじめなおしゃべりですが…。私にとってはとても助かりました。夕飯もとらずに、空腹はせんべいやチョコレートでしのぎ、緊張感からか、それほど食欲もわいてきません。頭は猛烈に疲労していても、神経が高ぶっているのでしょう。何はともあれ、ことばと論理を生み出し、質問の作成にまい進です。ほんとにこんな生活を議会のたびに続けていたのでは、太れませんね。去年の予算特別委員会もハードでしたが、今回も同様です。もっと前から時間をとって準備しておけばよかったのにと反省、です。職員の方へも、待たせてしまってごめんなさい、です。心身共にタフでいてこそ、乗り切れる、あるいは鈍いことで助かることもあるかもしれません。ハードでもやりがいがあるので、精神的には疲労しないので、まだいいですけど。

▼2月18日(金)昨晩、11時半頃帰宅して何もせず、すぐに質問項目の最後を作成。寝たのが午前2時。新聞も見ず、お風呂も入らずバタンキュー。今日は9時半前には議会の会派の部屋へ。1時から会派会議で、3時には終了。3時から大都市行財政調査特別委員会を傍聴。三位一体改革と国民保護法制について、総務省消防庁の課長さんの講演でした。それから、議会での対応などで会派のメンバーや他の人と話をしたりと、時間を費やしました。さすがに疲労が強く、動きも思考もスローペースで、頭の回転スピードは今にも止まりそうなくらいで、だらだらです。こういう時は何をしても効果が出ませんね。それでも、6時半ごろまで会派の部屋で話をしたり、資料の整理。7時近くに、故松本利喜男氏のお通夜へ。一旦家に戻るつもりでしたが、戻る時間がない場合を考えて、服装は黒ずくめにしておいたので、何とか間に合いました。洗濯物がたまって、とうとう着れるものが少なくなりました。

▼2月19日(土)おお寝坊です。夕べ午前1時半に床についたものの眠れず、本棚の「蒼天航路」という漫画本を1冊読んでしまい、3時ごろ眠ったのでしょうか。電話が鳴ってハッと起きたのが9時半前。10時半からの、合併記念見沼公園の起工式典には間に合いましたが。芝川小学校の体育館での式典でした。家に帰ってお昼を食べて、産業道場「案山館」というインキュベーション施設を視察。産業創造財団が運営しています。代表質問で産業政策について聴くので、参考にと見学をお願いしていました。場所は私の家からも近い元町2丁目、北浦和駅東口にも近いです。ちょうど、起業家育成実践セミナーが開催中でした。財団の職員の方々とインキュベーションマネージャーの方とが、施設内を案内・説明してくれました。ありがとうございました。ビルの1階フロアがビル入居者の共用スペースと案山館の会議室で、3階の3室が案山館のオフィススペースです。2室に机がそれぞれ3つ、オフィス環境も整い、これから起業しようとする方に貸し出し、相談にものってくれます。案山館のインキュベーション事業は、去年の10月に始まったばかりです。これから仕事を起こそうという方には、うってつけのシステムがさいたま市にもできて、期待大ですね。説明・案内してくれた方々は皆さん、どういうわけか団塊の世代の男性ばかり。私も団塊世代真中です。今までの人生経験を生かし、これからの新しい仕事・産業起こしにも一役買わなければならないのが、私たち団塊世代の宿命なのかも?競争、挫折、再挑戦には慣れていますから。夢と目的を持ったら、めげず、くじけず、失敗も栄養にして、進む。もちろん楽しみながら。私は、そういう生き方、大好きですね。

▼2月20日(日)この1週間は、事務所にも寄らず、家と議会との往復のみでした。メールをいただいても、返事も出せずに申し訳ありませんでした。一日家にこもりきりで、質問内容の推敲、保健福祉委員会の議案外質問作成でした。作業に疲れると気分転換に洗濯をして、久方ぶりにご飯を炊いたり、それはそれで楽しめます。質問へのプレッシャーをかわして、やる気を自分で起こさないと。プレスリーのSuchaNight.英語なので歌詞の意味はわからないのですが、軽快なテンポで、うきうきして一人で思わず踊ってしまいました。誰かに見られたら笑われそうですが。

▼2月21日(月)代表質問一日目です。自民党・彩政会、公明党、共産党の順番です。あすは、私の番になるので、自分の質問と同じ質問項目に耳目をそばたてて聞いてました。夕方、家に帰って、また質問原稿の手直し。言い回しや聞き方で、ひっかかかって先に進まず、唸りながら作成です。

▼2月22日(火)昨晩やっぱり時間がかかり午前3時まで、質問原稿に手を入れて、朝起きれるかどうか心配しながら就寝。10時からの議会で、最初に登壇です。傍聴に来ていただいた皆様、ありがとうございました。聴覚障害の方のために手話通訳をつけてもらいました。さいたま市議会では初めてのことだそうです。傍聴席に車椅子席はありません。課題ですね。車椅子の方が4人来てくれましたが、二人は記者席に入れましたが、二人はモニターテレビを見るという形でした。

▼2月23日(水)常任委員会関係は調査日でしたが、議会運営委員会があって議員提出議案2本の審査でした。質疑と討論、採決です。その後、すぐ議運の理事会。昼からは、議案外質問の整理にとりかかり、担当課に説明。答弁の用意があるので、職員の方は待たされて嫌でしょうね。すみません。なんだかんだのやりとりで、6時過ぎまでかかり、議案外質問については一段落して、その後、明日の議案についての質問事項作りでした。家に帰っても、また議案書を開いてチェック。明日の保健福祉常任委員会の質問がちゃんとできるように、頭を整理。きょうもみっちりした一日でしたね。

▼2月24日(木)保健福祉常任委員会1日目で、議案への質疑です。保健福祉が一番議案が多くて、46本。そのうち、岩槻市との合併に関係する議案が33本。お昼をはさんで委員会続行です。

▼2月25日(金)昨晩は夕飯を食べ、そのまま寝てしまい、11時ごろ起きて、きょうの議案外質問の最終チェックです。今朝の3時までかかり、整理。また寝て、起きて、外は雪。委員会2日目は、討論・採決、議案外質問です。2時から会派会議です。今週はきつかったです。文字通り寝る間も惜しんで、代表質問、議運、議案審査、議案外質問と格闘してました。

▼2月26日(土)もうすぐ春です。冷たい風の中にも、暖かさが潜んでいる感じです。蕨市消費生活展の見学に行ってきました。市民会館の1階で生活学校のグループの展示や、ホールでは和太鼓やおはやしのイベントがあって、模擬店も出てました。規模は小さかったですが、手作りのアットホームの雰囲気で、気持ちよかったです。知的障害者の授産施設や、農家の方の野菜や鉢植えの花なども出店してました。牛乳パックで作ったカード入れと小松菜、パンジーなどをつい買ってしまい、見学よりも買い物に行ったみたい。はずれなしのくじがあって、Kさんは見事、お米2キロがあたり、重いけど買わずにすんだと喜んでました。

▼2月27日(日)北部第一社協のひなまつりふれあい会食に、行ってきました。ボランティアグループの方たちが、力を入れて作ったというお弁当は、薄味でおいしかったです。浦和西高の女生徒のコーラス。私は、彼女たちが思い思いの服装で壇上に並んで歌っているのを見ながら、「若いってそれだけですばらしい!皆それぞれ個性で、きれいだなぁ」などと思いながら聴いてました。若さをうらやましいと思うようになった、ということは、自分が歳をとったということですね。手品と、お囃子と獅子舞も、楽しく、引き込まれながら見ました。参加されたお年寄りの方々も満足されたのでは。ひなまつりやふるさとの歌を全員で歌ったり…。昔は地域の中でそれぞれに、伝承され、コミュニケートされていたものを今はこうして、自治会や社協、民生委員さん、ボランティアグループなどが繋がって作る時代なのですね。いいのか悪いのかは別にして。目的意識的に行事(ハレの日)をして地域づくりをすることが必要なのでしょう。今日は、洗濯ができたので満足です。少しは生活者らしいっぽいことをしないと。くらしのバランスが大事。

▼2月28日(月)今日で2月もおしまい。予算特別委員会の審査が始まりました。今日は、総務関係の質疑です。私は委員ではないので、傍聴。保健福祉や環境経済の予算の関係のところを担当課にヒアリングに行って、無所属の会の委員に伝えたり、と夕方まで議会棟にいました。家と議会との往復だけの生活は、まだ続きそうです。

▼3月1日(火)午前午後とも、予算特別委員会の傍聴でした。教育市民関係の質疑です。全員協議会室に関係所管課の課長さんたちが部屋いっぱいに入り、委員(議員)21名と対面してます。後ろの傍聴席から見ていると、女性職員の数がホントにちらほらしかいないなぁと、改めて思いましたね。

▼3月2日(水)予算特別委員会は調査日で無しでしたが、会派内での話し合いやヒアリングなど、気持ちは議会にどっぷり浸かってます。膨大な予算案へのチェックは、エネルギーがいるし、個々の予算付けと全体への問題意識と判断は、その発揮は難しいなぁ、というのが正直な感想です。

▼3月3日(木)午前中1時間のつもりで行った南部建設事務所で、いろいろと手数がかかり、9時から12時過ぎまでいることに。自分の勉強にはなりました。得た情報も種々とあり、動くことは無駄ではないと思いましたが。午後から、予算特別委員会の環境経済関係質疑の傍聴です。…議会の中でのみのことが、どれだけ市民に還元できているのか?一番大事なことは何なんだ?という、原点の問いがこの頃、頭をもたげてきてますね。さいたま市というこの地域社会を誰もが生きやすくするために、議員活動・議会活動をしているのですが。

▼3月4日(金)雪です。自分の車で行こうかタクシーにしようか、しばし悩んだのですが、スリップが怖いので駅まで歩いてタクシーにしました。赤い長靴をはいて、駅まで雪道を歩きました。滑りそうなところは怖くて足が止ります。骨折のトラウマはまだ無くなっていないのを自覚しつつ。今日は保健福祉関係審査の予特の委員会。また傍聴です。聴いているだけでも、終わると疲れます。帰りは斎藤議員の車で、自宅まで乗せてもらい、助かりました。事務所に寄って片付ける精神的余裕もないので、自宅へ直帰です。サラダが食べたくて大盛りで作って食べました。玉ねぎやセロリ、ジャガイモ、プチトマト、ゆで卵など食べて、う~ん、おいしい。でも頭では、自分は何を優先してやるべきか、そんなことを考えながら。

▼3月5日(土)昼から1時間かけて、マンション建設問題での目隠しについて、工事現場に立ち会って確認。近隣の方たちがいくつか要望を出し、施主代理人や工事業者とのやりとりがあり、何とか希望に沿って直してもらうことに。今までの3階が6階になり、施主が挨拶にも来ない、ということで、近隣の方たちの気持ちも分かります。午後は自治会で防犯パトロールについての説明会。自分たちのまちは自分たちで守る趣旨から、やろうという話が出てきたものですが、やっていけばそれなりのコミュニティ作りができていくでしょう。ただ、やり方をていねいに、皆さんの納得を最大限得るように努力しなければと、思います。

▼3月6日(日)さいたま市市民活動推進シンポジウムに行ってきました。神野直彦さんが講演。彼のポリシーと語り口が魅力で、話の中身にも共感です。今が歴史の転換期、峠にきている、というのもそう思います。山登りは、一番ペースの遅い人に合わせるそうですが、社会も弱い人のペースに合わせないと社会全体が崩壊してしまう、と言われていて本当にそうだなぁと、やっぱり、私の志向性でよかったんだと嬉しくなりました。公は官と捉えられているが、そうではないということも話されてました。公や公共のあり方への共通認識が、もう一度構築されなければならない時なのだと思います。

▼3月7日(月)事務所前に置いてあるシクラメン。一昨年の選挙前の冬に友人が持ってきてくれた鉢ですが、今、ピンクの花を咲かせました。よく生命力を持っていたねぇと、感激です。水しかあげてなくて、何の世話もできていなかったのに。予算特別委員会の傍聴の合間に、頼まれごとや、連絡などを入れ込んで動いてます。明日に持ち越しのもありますが、自分のペースで私らしくやるしかありません。

▼3月8日(火)暖かな日でした。昼間はコート無しでも歩けましたね。沈丁花もそろそろ花を咲かせるでしょう。独りになってから、夜の時間は私だけの時間で、おまけに洗濯も食器洗いもさぼれて、郵便物にも少し余裕をもって目を通せるようになりました。久しぶりに、きれいめな封筒を裏返してリサイクル封筒を作ったり、…やっぱり、時間が出来たとはいえ、貧乏性です。

▼3月10日(木)議会の委員会がない日なので、たまっている相談ごとなどで連絡したりで、午前中いっぱいかかりました。いくつもが同時並行なので、つい忘れたり後回しになったりしたものがあり、手帳とにらめっこでチェックです。

▼3月11日(金)予算特別委員会の総括質疑と討論・採決でした。無所属の会からは、細川議員が総括質疑、土井議員が討論です。私や森永議員、斎藤議員は傍聴です。質疑、討論とも、当該の案を主体にしながらも、会派内で検討、議論を経て今日に臨んでいるので、二人の登壇のときは、どきどきしながら聴いてました。頑張った二人に、拍手です。終了後は都市局に行ったり、相談事の対応のための話し合いなどがあって、夕方遅くまで議会にいました。夜は、会派のお疲れ様会で、空腹にビールがききすぎましたね。

▼3月12日(土)久しぶりに事務所で作業です。事務所にもなかなか来れず、「いつも閉まってるね」と言われてしまいました。奥に居ても、道路際のスペースに明かりがついてないと、居ないように見えるし、実際、忙しくて居るときの方が少ないです。何とかしないと、とは思っているのですが。自分のことはやはり後回しになりますね。ちゃんと自分に関わる事柄をやっておかないと、後の作業が大変になる、というのは分かっているのですが。

▼3月14日(月)家のテラスの2鉢の沈丁花、咲き始めて甘くてきつい香りを放っています。もう春です。夕べ、手にした本が面白くて、つい夜更かしをして寝不足です。議会関係の本と、政策形成についての本で、今の自分の考えや行動に参考になりそうで、気がつくと午前3時。午前中はグリーンフィンガーズで、手話の勉強会。前に習ったことが、すっかりどこかに行ってました。歩みは遅いです。

▼3月15日(火)[卒業式]中学校の卒業式に行ってきました。10時から12時までの2時間、223名の15の春の儀式です。皆緊張してます。それぞれ背も違うし、顔つきも歩き方も姿勢も表情も違います。でもまだ、あどけなさがどことなく残ってます。ここまで大きくなって、そして、これから人生の歩み方もそれぞれ違ってくるでしょう。みんな、ちゃんと幸せに、大人になっていってほしいな、と、こうした式に出るたびに、心から思います。卒業生の答辞が、なかなか力作でした。グループで作ったということですが、率直な感想が述べられていて、心に残りました。女生徒では、目頭を押さえている姿が目につきました。そういえば、私も涙腺が弱くて、卒業式というと真っ先に涙を流してましたね。小、中、高の卒業式では、泣きっぱなしでしたっけ。いま、思うと周りの雰囲気に染まりやすい?単純な性格だったのかもしれませんが。仰げば尊し、とか蛍の光とかが流れるだけでうるうるしちゃうところがあったなぁ、と。現在は、「ふるさと」で涙ぐんでしまいますね。式場から控え室に向う廊下から、卒業生の教室の中で、女の子たちが肩を抱き合って泣いているのが見えました。そうやって大きくなっていくんだよね、涙は悲しみのものじゃないよ、また別の一歩のためのものなんだよ、と思いました。

▼3月16日(水)[議運理事会・議運・議運理事会]朝から夕方までずっと議会棟でした。議運の理事会、議運、細川団長の代わりに代表者会議、午後からまた議運の理事会と、同じ議題を3回見たことになります。その後は盆栽文化振興議員連盟の総会にちょっと出てから、次世代育成支援行動計画の審議会の傍聴に。残念!審議会は終わった後でした。今年度の議会改革の方向性もある程度見えてきて、無所属の会が出した提案も実を結ぶのは少ないのですが、これも了としなければならないのでしょう。まだ、今後につなげる努力しがいのある課題もありますし…。議会をどれだけより開かれたものにしていけるか、議会の活性化と議会としての機能をより発揮していけるか。議会運営委員会に参加していて、少しずつでも前に進んで行けるような努力(これはなかなか表には映らないのですが)が、とにかく必要だと実感しています。理屈だけでは通らない面があることをふまえて、です。

▼3月17日(木)[2月議会終了]2月議会が終了しました。議案は全部で208本。岩槻市との合併に関係する議案が多かったです。それと予算議案。それでも本会議は粛々と進み、2時ごろには閉会でした。思ったより早く終わりましたが、本会議は緊張度が強いので疲れます。明日からまた、議員活動が主になりますが、会派の視察や、閉会中の常任委員会、特別委員会、式典などへの出席があり、議会活動が無しになるわけではありませんが。2月議会も代表質問、議会運営委員会、保健福祉常任委員会、予算特別委員会、会派会議などなど、全力投球でした。平成17年度は、議会のインターネット中継や、委員会の会議録のホームページUPなどが予算化され、開かれた議会への取り組みも進みます。

▼3月18日(金)[消費者被害にあわないために…学習会]午前午後と、浦和のコミュニティセンターで、さいたま市消費者団体連絡会の会議と、消費生活センターとの共催による学習会でした。学習会では浦和警察署のケンちゃん劇団にきていただきました。振り込め詐欺、どろぼうの手口、悪質訪問販売などを現職の警察官が演じて、どこに注意したらいいのか、などを誰にでも分かるようになってます。浦和警察の管轄は浦和区と南区ですが、好評で、一年間で170回も出前したそうです。その後は消費生活相談員の方から、最近の消費者トラブルの特徴を聞いたり、消費生活センターの所長さんから、センターの仕事内容などをお聞きしました。平成16年度の消費者相談は1万5千件に達する見通し。平成14年度は5,667件、15年度は10,835件ですから、文字通りうなぎ上りに被害が増えています。約6割が有料サイトの不当請求で、ケータイにかかってきたのを何気なく開けてしまい被害にあうというのが多いそうです。振り込め詐欺は、電話の相手方の話で、どんな人でも頭の中が真っ白になって、冷静な判断ができなくなるそうです。年々手口が巧妙になってきて、裁判所を使ったり、という事例もあるそうです。警察の方もセンターの方も言ってましたが、被害が深刻になるほど解決がむずかしくなるので、おかしいと感じたら、警察やセンターにすぐ連絡してください、ということでした。こういう学習を、学校でもぜひ取り上げてほしいですね。

▼3月19日(土)いい天気!とってもいい天気でしたね。陽光が嬉しくて、思わずふとんを干しました。午後から彩星学舎の卒業を祝う会に行くので、午前中だけでしたが。ふとん干しは何ヶ月ぶりでしょうか。シーツもベッドパッドも洗濯です。彩星学舎の祝う会は、演劇、朗読、ビートのきいた歌、踊りと、引き込まれました。個性もさまざま。自分を皆の前で表現することで、一つ前に進んでいくのだろうな、と思いながら拍手してました。夕方から、3時間半かかってノーマライズうらわの会議。会議に出るたびにやることが増えます。これもいたしかたありません。年度末だし、新しいことを生み出していこう!という気概をもってやるにはいい季節なんだ、と思うことにしましょう。

▼3月20日(日)地震九州で地震発生。震度6弱。いつ起こるかわからないのが地震。新潟中越地震、スマトラ沖地震・津波も記憶もまだ生々しいですし、自然の災害を人災にしないように、迅速な対応ができるかどうか。大丈夫でしょうか。

▼3月21日(月)[春うらら…ですが]きょうは祭日、春分の日です。お墓参りと母のケアハウスにも行きたいのですが、行けません。議会があるとそちら優先。議会が終わっても、すぐには時間のやりくりが難しい。母のところへ行くとなると一日がかりなので、いろいろな用事をかいくぐって、時間をとるということができません。気丈な母の「こちらは大丈夫だからね」という言葉に、甘えているかもしれません。スケジュールノートとにらめっこで、来週の一日予定を立てました。明日はまちづくり特別委員会や会議が入っていて、その準備を今日中にしないと。抱えている作業を早く終わらせたいです。家と事務所で作業なので、作業のかたわら調理もできます。30年近く、家族のために料理していたのが、いま、自分のためだけに作ることになり、かなりとまどっていましたが、それにも慣れました。自分の食べたいもの身体の要求するものを作って食べるとなると、野菜中心で、煮物類ばかり。頭の中で栄養のバランスを考えている自分がいますし、私は豆類がほんとに好きなんだなって驚いている自分がいます。どなたかが「40過ぎると、小学生頃まで食べていたものをおいしいと感じるし、精神的にも安定するんですって」と言ってましたが、そうなると、本当に食育、食事がいかに大切かということになりますね。私の場合は、母にいまさらながら感謝です。息子たちは大丈夫かな?と念じつつ。

▼3月22日(火)会派の土井議員、森永議員と一緒にぴあ・ぱれっとに行き、障害者自立支援法に伴う深刻な問題についての話をうかがい、午後からまちづくり特別委員会。その後、保健福祉常任委員会に付託されている請願について、担当課に行って内容の確認。夕方からグリーンフィンガーズで会議。文書の作成。目前のやる事を時間に追われながらこなした日でした。

▼3月24日(木)[会派視察]昨日、午前中に小学校の卒業式に出席して、その後、会派視察で南魚沼市へ。六日町山の家(市の保養施設)で一泊して、南魚沼市議会へ表敬訪問。川口町の地震後の状況を見て夕方帰着でした。百聞は一見にしかず、とその通りだと思いました。何をしなければならないか、を言う時は、現状、現場をまず見て、話を聞くべし、です。

▼3月25日(金)[卒園式で涙…]午前中、うらわ学園(知的障害者通所更生施設)の卒園式に出席。就労の決まった11人の巣立ちです。一人ひとりの答辞を聴きました。「自分を信じてがんばる」「いつまでも僕のことを忘れないでください。僕もみんなのことを忘れません」…etc.けなげで、思わず涙が出てきてしまいました。若い彼らのこれからの前途、差別なく暮らしていけるだろうか。保護者代表の方の「負けることがあるかもしれない、でも負けることに負けないで」という挨拶も心に残りました。心を強くしなやかに。まっすぐに前を向いて進んでほしい、です。我が身を振り返ると、言うは易しでむずかしいですが。午後は保健福祉常任委員会での請願3件の審査と討論、採決。夕べ、夜遅くまで資料をひっくり返して調べた割には、その成果が自分の発言の起承転結には結びつかなかったなと、反省。技術的なことなのかもしれませんが、自分の中での結論づけにあいまいさがあったのかもしれません。それとも午前中の涙目の思考が、論理付けにブレーキをかけたのか?

▼3月26日(土)[ニュースレター作成]グリーンフィンガーズ・ノーマライズうらわのニュースレター作り。6時間かかってようやく版下が完成です。B5版6ページ立てで、半分は先週の日曜日に3時間かけて作ったので、合わせると丸一日かかった感じです。XPのワードが使いづらくて、何回やってもオートシェイプの挿入がうまくいかずに悪戦苦闘で何とかやっつけ。肩が凝って背中が張って痛いです。自分の議会報告にも着手しなくては思いつつ、延びてますね。もうそろそろやらないと、と決意新たではありますが。

▼3月27日(日)[春の息吹]春らしい陽射しと風。これからいのちの息吹が感じられる季節です。春になると、季節の恵みに感謝したい気持ちになります。午後からノーマライズうらわの学習会とグリーンフィンガーズの前施設長を送る会でした。学習会は、現在国会上程中の「障害者自立支援法(グランドデザイン)って何?」がテーマ。講師は斉藤なを子さん(鴻沼福祉会常務理事、きょうされん常任理事)。とてもわかりやすく話をしていただきました。障害者の自立支援というよりも、支援費制度の失敗から財政的対応のために出された性格の方が強いみたいです。これから24時間介助や、支援費制度の「サービス」、医療などさまざま面での金銭負担が増えてくること。サービスという言葉に表されるように応益(自己負担)の考えで、障害者福祉が規定されるようになること。障害者福祉は、人間としての権利を保証する制度であって、益を享受することではないはずです。ノーマライゼーションと逆行する考え方が、国家財政逼迫から出てきている。怖いです。送る会は、和気藹々と進みました。ハーモニカ、昔語り、皆の合唱、Nさんの生歌…。グリーンフィンガーズが発足してから丸3年半。試行錯誤の繰り返しの発足当時を思い出すと、感無量ですね。

▼3月29日(火)母の元気久しぶりに母のところへ。ケアハウスに行く前に実家に寄って、まだ実をつけている金柑を枝ごとどっさりもぎってお土産です。母の好きなカラオケクラブの始まる直前に元気にさよならでした。カラオケの他にも詩吟、唱歌のクラブで歌っているそうで、やっぱり私よりたくましいのかなぁ。母の生活は、6時に起きて身体をほぐし、7時から朝食、12時の昼食後しばらくしてのラジオ体操、3時のおやつ、6時の夕食…規則正しい生活で、小さなキッチン、トイレ、ベランダ付の個室もきれいで、病院も隣にあって、生活条件としてはいいのでしょうね。ただ、身体の不安がなければ、今まで暮らした家と庭で、のんびり気ままに生活ができればそれが一番いいのでしょうが。

▼3月30日(水)いくつかの相談事のことで中央区役所や市役所に行ったり、連絡等々。手帖を見て、動き忘れていたのを思い出してあわてて動いたりと、せわしないです。春の陽射しがまぶしくて、でもそのまぶしさが嬉しくて背中を押してもらっている感じがするから不思議です。私はやっぱり忙しくても、結果(レベルはあるにしても)を出すために一生懸命動いているのが好きなのだなぁと思います。

▼3月31日(木)[偲ぶ会]町田洋利さん(前Doコープ専務理事)の偲ぶ会に出席。現在のDoコープの前身のわかば生協で、私は7年間(’84~’91年浦和市議選まで)理事をやりましたが、その頃、町田さんは専務理事で、一緒に拡大に行った時を思い出します。もう20年も前になるのですね。わかば生協でもいろいろとありましたが、当時、私は生協一筋で活動してました。もう断片的な記憶しかないのですが、その頃理事長をされていた星キワ子さんも6年前に亡くなりました。偲ぶ会では、思いがけない方やほんとにお久しぶりの方々にお目にかかりました。現在の生協の話も聞いたり、複雑な気持ちです。私は今も協同組合の意義(理想)は薄れていないと思っていますが、評価の尺度を定めるのは難しいです。町田さんは50代半ば。個人的なお付き合いはありませんでしたが、能力のある方で、まだまだ力量発揮できる方だったと思います。ご冥福をお祈りいたします。

▼4月1日(金)年度の始まりです。市の職員の異動の方々はこれから新しい職場になるのですね。そして今日は岩槻市との合併の日です。今日から岩槻はさいたま市です。人口118万人の市は大きいです。5月には市長選、岩槻区の議員選挙、浦和区の補欠選挙がありますね。どんな街にしていくのか、さいたま市の第2ステージです。

▼4月2日(土)せっかくの土曜日なのに曇りで、ふとんが干せずに残念!DailyPopを開くのに重くて時間がかかると、昨日ある方から言われ、それもそうだなと。最近整理をしてないので、ズラズラと長くなってますね。3カ月分整理しました。自治会だより作成、消団連の原稿作りとデスクワークが続きます。2年ぶりにKさんと再会。下のお子さんはもう高校1年生だとか。子どもはあっという間に成長します。大人の私たちは、変わらずにいるのが若さの証みたいですが、一日一日を精一杯に生きて、齢を重ねましょう。

▼4月3日(日)見沼たんぼの畑に行きました。広々として気持ちいいです。桃の花も満開。小松菜の花も咲いてます。Yさんから畑の小松菜をたくさんもらい、食べきれないので、夜、次男宅へ他の調味料類や卵と一緒に届けました。いい機会なので添加物のことや農薬のことなどを話し、無農薬のとれたての野菜が、いまどきは一番ぜいたくなんだよと、強調。素直に聞いてました。合成洗剤や環境ホルモンのことも、調子にのってしゃべったけど、どこまで分かってくれたか?

▼4月4日(月)昨日に続いて、グリーンフィンガーズで午後ずっと作業。パウンドケーキ作り、リサイクル品の整理、会報の折り作業とそれぞれ、自分のできることをやってます。私も皆に混じって切ったり貼ったり、おしゃべりしながら作業です。「そえのさんに似合うよ」のおだてに乗って、上着やスカーフなど5点をお買い上げ。おまけにパウンドケーキも一つ買いました。これから、グリーンフィンガーズの授産は、お菓子作りと販売に特化します。みんなの授産工賃アップのために、みんなで知恵を絞って出し合って、売り上げ倍増を目指さないとね。

▼4月5日(火)障害者協議会理事会に出席しました。障害福祉課の職員の方から障害者自立支援法(国会に上程中)についての説明を聴きましたが、まだ細部が決まってないこともあり、ファジーではありますが、自治体側も困惑している感じを受けました。つまるところ、障害者福祉に関わる施策の財源をどこがどう持つのか?国の財政状況との兼ね合いで政策が決まる、ということなのでしょうか。

▼4月6日(水)ほんとに春の陽気で、ウチの小さな庭の海棠の花も濃いピンクの花を咲かせ始めました。北浦和の市営駐車場に、桜の大木が一本、みごとな枝ぶりで花を咲かせていました。思わず見とれてしまいます。夜桜だともっときれいで、ロマンティックなのでしょう。きょうはどういうわけか効率の悪い日で、忘れ物をしたり、用事先を失礼した後でもう一つの用事があったのを思い出したりの二度手間だったり…。陽気のせいかしら?!ゆっくり焦らずやりなさい、ということなのかも。

▼4月7日(木)昨晩、友人から誘われ、馬頭琴とのどうた(ホーミー)の夕べに行き、その音色に驚き、魅了されました。嵯峨晴彦さんのコンサート。主催者にお会いしたら旧知の方でした。びっくりです。相変わらずエネルギッシュな方ですね。18年前から全然変わらず、元気ですね。私も触発されました。今日は、電話や会派の議員室でのヒアリング等、私も抱えている3件にばちばちと対応、落着。今日も北浦和市営駐車場の桜を見て、素晴らしいなぁ。近接の桜並木も満開だし、春らんまんです。埼玉大学正門前のレストラン「BePlant」、相変わらずいいセンスです。お勧めです。マスターも変わらず飄々。何年も会ってないのに、意思が通じる感じで嬉しいです。心意気なのでしょうか。おいしいコーヒー、ごちそうさまでした。

▼4月8日(金)どこもかしこも桜が満開。車で花見気分です。うすいピンクの花びらが風にそよぎながら、ひらひら…。小学校の入学式も桜に囲まれて、よかったですね。新一年生の可愛いこと!次の中学校の入学式に滑り込みセーフ。入学式のキーワードは、やっぱり「希望」でしょう。希望や夢を形にしていけるといいね、と思いながら参列してました。

▼4月9日(土)このところ、グリーンフィンガーズへの協力に時間を割いてます。障害種別も年齢もばらばらな人たちが、安心して日中を過ごし、それぞれの居場所の中で社会参加と授産作業を行うために、若い職員3人が頑張っているのを手助けです。私も3年前はここの職員でした。デイケアの運営は(他の福祉施設も同じでしょうが)、これでいい、ということはありません。努力しても至らない点が多々出るし、次々と課題が出てきます。そうした状況の中でも、互いの協力で創り上げていくことの喜びを、少しでも共有できればいいですね。お店もリニューアル中です。浦和西高の隣です。西高通りを通る時は、寄ってみてください。

▼4月10日(日)不完全睡眠で頭がぼーっ。こういう時は、きちんといろいろと筋道立てて考えるのがおっくうなので、思いつくまま動くのが一番。衣類箱を引き出して要らないものを出してファイバーリサイクル用にまとめたり、つくろいものをしたり、生協の注文書きをしたり、単純作業にかぎります。それにしても、使わずに後生大事にしまってあるのが多いなぁ、と我ながらあきれます。もったいない、と捨てることができないタイプです。結局使わないのですから、どこかで思い切らないといけないです。

▼4月11日(月)雨が降って、桜の花びらがじゅうたんのように路面に敷き詰められてました。議会棟から見える樹々も、若草色の葉を一面につけてみごとに茂りはじめました。息吹を感じる季節到来です。ある方から、それはそれは可愛いミニ鉢に植えられたすみれ一株をいただきました。以前、私が小さいすみれの花が好き、と言っていたのを覚えていてくださったのでしょう。外に出すのがもったいない、でも日光に当ててあげないとかわいそうかな、とも思いつつテーブルに置いて眺めています。心がなごみます。明日の予定を反芻しつつ…。

▼4月13日(水)数ヶ月ぶりに友人と会いました。彼女はいま、派遣ヘルパーとして介護施設で働いています。以前彼女が勤めていた療養型施設では、古手のヘルパーが牛耳り、長は見て見ぬふり。お年寄りに対してもじじぃやばばぁ呼ばわりは年中、死にぞこないとかの言葉も吐きかけていたそうです。閉鎖的な施設だと、そういうこともまかり通ってしまうのです。人生の最後の段階を、そうした非人間的な対応で終えなければならない、というのは許せないですね。心ある職員がいて何とかしようとしても、できずに、いじめにあったりして辞めていかざるをえなかったそうです。

▼4月14日(木)[誕生日]きょうは私の誕生日です。57歳。若いか、年寄りか、比べる基準で違いますね。昨晩遅くの電話や懸念で睡眠不足でしたが、朝6時に起きて、今日の消団連のレジュメや事業報告作りも時間内にできて会議に間に合い、クリア。お天気もよかったし、いくつかの懸案事も、いい方向で着地したし、わりとHappyDayでした。いつもと変わりなく、チャレンジ精神と好奇心とで、失敗にもめげずにベストを尽くしましょう。えくぼが出る笑顔で。

▼4月16日(土)昨日と今日、仙台でした。自治体議会政策学会での研修会に参加です。自治体再構築、政策法務、男女共同参画、道州制、地域防災システム、自治体議会の活性化、EU国境間での自治体協働と、2日間、びっちりと受講しました。全国から80人ぐらいの自治体議員が参加してました。議員、議会として、今の時代に何をなすべきか、という問題意識に合致した講義で、触発されたり、参考になるのがいくつもあって、眼らんらん、集中して聴きました。それにしても、仙台に2時間かからず行けるようになったんですね。びっくりです。

▼4月17日(日)今頃、花粉症なのでしょうか?目がしょぼついて痛痒いです。くしゃみも続けて出ます。午後から、初めて精神障害者の家族会の例会に参加させていただきました。精神への福祉制度が、知的、身体に比して遅れていることを実感しました。家に帰ると次男から、これから彼女と来ると連絡。やっぱり掃除をしておけばよかったと、思っても遅し。細々とした雑貨類や食品などは、前から紙袋につめて置いてたので、あげ忘れなく渡せました。親ばかなのかもと思いつつ、してあげることはこれくらいしか、もうできないのですね。

▼4月18日(月)朝、うれしい電話。午前中は、グリーンフィンガーズで手話の勉強会に参加。忘れてもまた覚えていけばいいんです、という先生のことばに救われながら、少しずつの積み重ねです。午後は障害児の通級についての相談で、保護者の方からお話と経緯を聴きました。明日かあさって、時間をつくって動くことに。

▼4月19日(火)公民館での太極拳サークルに初めて参加しました。グリーンフィンガーズでの太極拳は、先生の都合もあって止めたままだし、運動不足なので身体を動かしたいと思ってました。以前に相談されてきた方が、太極拳の先生でしたので、私も加えさせてもらうことにしました。ほとんど型を忘れていて、ついていくのに精一杯です。1時間ちょっと、身体をほぐし、深い呼吸をし、身体を動かして、心身が軽くなりました。午前中の会派会議での凝りがとれてリフレッシュ。また元気に動くぞ、という気持ちが身体から湧いてきたみたいです。月に1~2回でも続けていければ、健康維持にいいかも。

▼4月20日(水)昨晩、ホームページの更新で転送がうまくゆかず、トップページが真っ白。私の頭も真っ白。パニクリました。今日、インターネットが達者な職員の人に言ったら、早速検索してくれて「トップページだけで他のページは出てますよ」と言われました。別の方に話したら、giocitiesの住所が変わり変更手続きが必要なのでは?とお聞きしました。一日の活動、仕事が終わり、どきどきしながらパソコンに向かい、とりあえず転送を試みようとやってみたら、あら、ちゃんと転送できる。ウェブ上もちゃんとトップページが出ました。昨日は一体なんだったのでしょうか?ともあれ、ほっとしました。お騒がせしました。アドバイスありがとうございました!

▼4月21日(木)忙しさにかまけて、第2優先でほっておいた虫歯が痛み出し、我慢できないくらいになってしまいました。行きつけの歯医者さんにこれから行ってきます。なんでこんなになるまで来なかったんだ!と怒られるのが目にみえてます。選挙前からですから2年、だましだましで延ばしてきたけど、もう行かなくては。ちゃんと治さないとね。今も痛いけど、治療も痛いのかなぁ…。

▼4月22日(金)昨日の歯痛は虫歯ではありませんでした。2年ちょっとぶりにお会いする先生はやさしくて、怒られませんでした。「寝たとき歯軋りとか、昼間に歯噛みするときはあるのかな?」「普通は、こんなに磨り減らないはずなんだけど、上歯と下歯が磨り減った中に金属のかぶせが一つあるから、そこだけ浮いて炎症を起こしているんですね」と先生。噛みあわせの動きが固い(緊張がとけてない)のだそうです。「安穏に暮らせればね」と言われ、私はムムと返答につまってしまいました。リラックス、心と身体のほぐしがやっぱり、私の生活では不足しているということなのでしょう。確かに、毎日緊張しっぱなしだし、時間に追われています。活動の合間に、楽しみがあるといいのでしょうね。今日の午前中は、ふれあい会食のお料理作り。久しぶりに参加してわいわい言いながらの数時間も楽しかったし、竹の子ごはんもおいしかったです。午後は、市民科学研究室の上田さんに会いに行ってきました。東大前の街並みは古くからの建物が多く、喫茶店や和紙の店、酒屋さんなど好奇心がそそられます。木々もたくさんで気持ちよく歩けました。研究室が借りている建物も築100年だとかで、フェー!よくもってますね、と驚きです。市民科学研究室の会報バックナンバーをいただいて、帰りの電車の中でぱらぱら見ました。私は科学系は苦手で、難しそうだけど、文章も論理展開もしっかりしていて面白そうだし、使えそうです。

▼4月23日(土)[弛緩]午前中のノーマライズうらわの会議が1時近くまでかかり、お腹ぺこぺこ。おにぎりを食べたら眠くなり、事務所のソファーで居眠り。よく晴れた昼下がりの居眠りは気持ちいいですね。ぼーっと起きたところに、友人が手伝いに来てくれたのですが、弛緩したまま。外は晴れてゆったり気分。よもやま話のおしゃべり。寝不足だし、今日の会議も終わったし、緊張をといた日もあっていいか、と、予定していた事務所の片付けは後回しに。

▼4月24日(日)暑いくらいの陽気でした。事務所前のシクラメンは今頃、ピンクの花をたくさん咲かせています。息子が居たときは息子の布団しか干せなかったのですが、今は私の布団干し。洗濯物も布団も全部干して気持ちいい!町内の方から、竹の子とこんにゃくの煮物、なすの炒め煮、きんぴらごぼうを作ったからとおすそ分けでいただきました。しあわせ!こういう食べ物が一番のごちそうです。午後は電磁波・環境もんだい埼玉ネットの事務局会議でした。会議をやるたびに、やらねばならぬことが増えるのはいたし方ないですね。夕方からはパソコンの達人にウィルス対策をやってもらい、これから自分一人でやることを教えてもらいました。操作の仕方をメモったけれど…。大丈夫かな?きょうは、夕飯のおかずを作らなくてラッキーです。

▼4月27日(水)昨日から今日まで、児童養護施設「カルテット」で一泊の研修をしてきました。13人の子どもたちが生活する1ユニット。就学前の子どもたち5人をお風呂に入れたり、一緒に寝たり。子育ての感覚をとうに忘れていたのを実感です。児童養護施設の職員は若い人が多いそうですが、それは、国の職員配置基準がきちきちで、オーバーワークになり、5年ぐらいでバーンアウト(燃え尽き)する職員も出て、辞めていったり回転があるからだそうです。東京都や神奈川県は国の基準に上乗せしていますが、埼玉県は国の基準だけで、東京などに比べると現場に余裕がないともお聞きしました。知りませんでした。社会的保護が必要な子どもたちを守り育てる職員の人たちが、気持ちに余裕がなくなれば、子どもたちの養護にも影響が出てくるでしょう。家庭、親に代わる愛情をどれだけ注がれて育っていけるか、養護施設の職員の方の情熱と献身性に依っているところが大きいのでしょう。考えさせられました。子どもは親を選べないけれど、どういう境遇の子どもでも皆、ひとしく愛をもって育くまれなければならない。~そんな想いを強く持ちました。新しい経験をして、その感覚が抜け切らないまま、またいくつか別の用事に追われ、今日の一日が終わりました。夜、自宅にある方から電話。私のケータイにいくら電話してもまったくつながらない!何とかしろ!とお叱り。養護施設にいた間、ケータイはロッカー。充電器は持っていったものの、子どもたちとの時間に気を集中していたので、充電するのを忘れてました。~で、今日の午後は電池切れでした。すみませんでした。

▼4月28日(木)日差しが強い暑い日です。この間、たまっていた報告書や案内、資料作成などの事務作業に午前中、いそしみ、午後からは会派議員室での作業でした。夕方からはグリーンフィンガーズでの会議。自分で時間の使い方を段取りしていても、突発的な用事が何かしら入るので、事務作業はいつも期限ぎりぎりになります。

▼5月1日(日)[こいのぼり]おとといからゴールデンウィークですね。私にはあまり関係ないですが。児童養護施設「カルテット」の方から、中古のこいのぼりを提供してくれる方はいないか、との相談を受けて、会合の席や知り合いの方たちに声をかけていました。武蔵浦和でまちづくり活動を行なっている方を紹介してもらい、お願いをして、無地のこいのぼり(長さ1m。自分たちで色を塗って自分のこいのぼりを作る)を100譲っていただくことになりました。私と同じ町内の方が、あることで頂いたお金を「病気で入院しても、無事家に戻れていられるのも有り難いこと。頂いたお金は有益に使いたいから、こいのぼり代の一部に使って」と一万円を持ってこられました。私は今日は事務所で作業に追われていたので、友人に岩槻の人形店まで買いに行ってもらい、夜、友人と二人でカルテットに届けました。(足らない分は出そうと思っていたら、お店でも安くしていただいて1万1千円で済んだそう。1千円は別の友人からのカンパ、電車賃代は友人の自分持ち。~で、私の出費はなしでしたが)大きいこいのぼりは、まだないそうで喜んで受け取ってもらいました。子どもたちが描いたこいのぼりが、渡り廊下にたくさん吊るされてました。明日、新品の派手派手なこいのぼりがカルテットの庭にはためくでしょう。子どもたちが喜んでくれるといいな。

▼5月2日(月)[努力・努力]今日は母のケアハウスに行く予定を立てていたのですが、連休の谷間の市役所への用事がいくつかできたので、そちら優先。母の所へは今度の日曜日に延期です。南部建設事務所に行って、お昼には中央区役所のカレーを食べ(サラダと味噌汁付で400円、おいしかったです)、知り合いの職員の方とお話。それから本庁に。ばたばたと用事を済ませるともう夕方です。帰り際、ある方から「議員さんて、議会開会以外は何をしているのか、普通の市民は知らないんじゃないか。もっと知らせていく方がいいし、市役所のサービスも市民がもっと知った方がいいのに…」という趣旨のことを言われました。確かにその通りです。議員は市行政とのパイプ役で、議会が開かれてなくても、相談事や要望事項などで動きますし、調べたり、勉強したり、現場を見たりして、現状と課題を整理して、市政に反映させる役目を負っています。そして、そうした日常の活動があるから、議案として出された案件にも判断と態度表明ができるのだと思います。ただ、残念ですが、そうした日常の議員活動はなかなか目に見えない。市民の方々へのフィードバックの方法、このHPもその一つとして作っているのですが…。知っていただくための努力をもっとしなくてはいけない、ということなのでしょうが…。

▼5月3日(火)憲法記念日で祭日。法令順守です。基本的人権と国民主権、平和主義。この理念は大事です。何せ私は戦後民主主義のシャワーをたくさん浴びて育った世代です。男女平等はその最たるものです。男も女も誰もが人間として人権を尊重されて当たり前と思って、競争(能力には男女差がない)を受け入れて育った世代です。戦前は、女性には参政権(選挙権)がなかったなんて、今では信じられないですよね。

▼5月5日(木)3・4・5日と事務所で作業でした。無性に活字が読みたくなって、夜、テーブルの上に積んであるパンフ類を拾い読みしたり、新聞の切抜きをしたり、封筒を裏返してリサイクル封筒を作ったり、…。カルテット用のこいのぼりを買いに行ってくれた友人が、友人と私用にと買ってきてくれた小さな2匹のこいのぼり。事務所ドアの上で風になびいて、風薫る季節を共感させてくれた私の連休でした。

▼5月6日(金)午前中、市役所に行き、午後からずっと事務所で作業。「そえの発・号外」24号とごみ問題の学習会の案内ちらしを印刷、発送作業です。何人もの方たちがボラで手伝いに来てくれて、ありがたいです。それでも予定スケジュール通りには運ばず、作業は明日に持ち越し。明日中には終わらせたいのですが、違う予定を2つも入れてしまい、どうしましょう、というところ。

▼5月7日(土)朝早く起きての用事は、空振り気味でした。午後、虹の会の総会に。お久しぶりの面々にお目にかかり、よもやま話のおしゃべり。虹は、元気のいい20代、30代が中心メンバーで運動を展開中です。運動の歴史は20数年。よくやっています。私は、虹の会の「どんなに障害が重くても地域で暮らしたい」という、人間として至極当たり前な希望(でも、今の世の中では、なかなか通らない)を、具現化していくパワーが好きだし、根源的な問いを発する姿勢も好きですね。会いたい方達にも会えて、気分的にホッ!です。予定の発送作業も郵便局に持って行って、ほぼ9割終了。今日の一日はこれで良しとしましよう。

▼5月8日(日)母のケアハウスに行ってきました。母の日のカーネーションの代わりに、トマトジュース一箱を持って。午前中の用事が延びてしまい、母は首を長くして待っているだろうなと、花屋さんにも寄らずに車をひたすら走らせて到着。夜、家に戻ったら、テーブルの上にカーネーションの花束が置いてありました。息子からでした。嬉しいですね。疲れもストレスも吹っ飛びます。私も母にカーネーション、持っていけばよかったかなぁと、ちょっと後悔です。

▼5月9日(月)[生きる]今日の読売新聞の「こどもの詩」欄に、とてもいい詩が載ってました。「生きる金山聖実先生が教えてくれた生きるとはどういうことか六年間過ごした学校で最後の授業の教室でそっとふるえた声で私達に教えてくれたそれは可能性があることだと」(富山市・大沢野中1年)いいですよね。教室の情景が目に浮かびます。先生の愛、それを受け止める生徒たちの心。先生の言葉は、多分日々の教育実践が結実して出てきたのでしょう。人間に心がある限り、詩が生れます。私も中学、高校と詩を作ってました。今はまるで作れませんが。可能性を信じて一歩ふみだす。努力する。夢を夢で終わらせない。失敗や挫折があっても、めげても、立ち上がって、また一歩ふみだす。それが生きるってことなのかも。~そんな想いを起こさせてくれた詩ですね。

▼5月11日(水)[くらしと活動]脈絡のない日で、あっちに行き、こっちに行き、電話で長話も数件。私が相談や頼まれごとで動く場合、自分に言い聞かせていること~相談事の具体的な用件だけでなく、関連した項目や事業内容も調べて次につなげられるようにすること。議会活動に生かせるようにすることです。個別の課題はたくさんあって、市政の全てにわたって動ききれることは難しいし、自分の追求したい問題意識もありますが、持ち込まれた個別具体の課題にも、最大限応えて動いています。地域課題にも当然、取り組んでいます。元々、生活は何でもありなのですから、くらしの中で起こる問題・課題は何でもあるのが当たり前なのですよね。くらしと活動をつなげて市政に生かすスタンスからすると。

▼5月14日(土)浦和障がい者施設連絡会の福祉バザーに、グリーンフィンガーズで参加。パウンドケーキがよく売れました。以前に実習で来ていたT君が、お父さんと一緒に育てたグリーンセージの苗をたくさん持ってきてました。T君ともこんな風に会えるなんて、うれしいですね。虹の会がちんどんで出場。曲に合わせて、グリーンフィンガーズのメンバー二人もちんどんの前で踊ってました。二人とも曲が好きなことを改めて認識。バザーも終わり、駐車場から事務所に向う浦高通りの歩道。ご近所の方とお会いして立ち話の後、車止めの低いブロックがあるのが見えず、歩こうとした途端、ブロックにつまずいて勢いよく前へバタッ。両手両膝を思い切り打って、痛かったです。しばらく立てませんでした。事故って、いつふりかかるか分からないな、と転びながら思いました。気をつけましょう。

▼5月18日(水)市長選、市議補選、岩槻区増員選挙と選挙も終わりました。昨日の会派会議で、岩槻区の議員となった野呂多美子さんが、無所属の会に入ることが決定。彼女はホームヘルパーを長いことされてきた方で、現在2期目。高齢者福祉の現場ならではのこともたくさんご存知でしょうし、教えてもらいたいと思ってます。互いの切磋琢磨ができればと思います。私も、これからの2年間、またがんばって議員活動をしなければ。~にしても、時間がどんどん過ぎていく感じです。やりたいこと、やらねばならないことがわんさか。でも、身は一つで、忘れたり後回しでやれてなかったりも多々あり、反省しつつ活動に邁進です。

▼5月19日(木)午後1時から議運の理事会、その後議会運営委員会、また議運の理事会と4時までかかりました。特別委員会の設置や閉会中の委員会開催に関すること、人事案件など、もりだくさんでした。またこれから議会バージョンどっぷりになりそうです。

▼5月27日(金)この1週間、HP更新の時間もありませんでした。今日は、臨時議会でした。新たに市議となった8人を加えて71名の議会です。私は議運の委員(理事も兼ねて)なので、議会運営委員会と本会議での議員報酬の特例条例議案に対する討論や、議会人事(委員会の割り振りや役職ポスト)での調整折衝、会派内での確認などもあり、一日が終わってへろへろになりました。自分の拠って立つところは?を自問自答しながら、どこまで自分らしさを保てたのかを振り返りながら、反省はありつつも、精一杯やったのだからと、自分で自分をほめてあげてます。また明日も元気に頑張らなくてね。

▼5月28日(土)午前9時からグリーンフィンガーズに。昼から老人会の総会に。終わってすぐ自治会の総会。事務所に戻ったところに、ちょうど、相談者の方がみえられ、お話をうかがって、対応策を話し合い。相談者の方が帰られて、いくつか電話。バタバタと日が暮れました。明日の準備作業をこれからやります。明日もバタバタの一日になりそうです。

▼5月29日(日)ごみと福祉とごみゼロキャンペーンの道路清掃です。うちのマンションからもたくさん参加しました。今年の管理組合の理事さんが、一軒一軒に声をかけたそうで、さすがです。町内全体でも前回より多くの方たちが参加して、草取りもしたりで精を出しました。終わってすぐに、地区社会福祉協議会の総会に出席。いろいろなお話を聞いていて、「私はやっぱり福祉が自分にあってるな」と思いました。助け合いと、喜ばれることでの喜びを形にするのが福祉だと思うので…。自分の活動スタンスにぴったりきます。

▼5月30日(月)[雨の日]土日が朝から夜まで出ずっぱりだったので、郵便物や新聞、書類の山を片付け。バリバリと整理できればいいのですが、読みながら、ウ~ン?と考えながらなので、時間がかかります。昨日の天気がうそのように、今日は雨。部屋の中で書類作成です。雨が降ると、何となく落ち着いた気分になるのは何故でしょう?

▼6月1日(水)近くの自治会事務所にお邪魔して、浦高通りのバリアフリー化や天王川の段差解消のラバーなどについて、ご報告。車椅子で天王川遊歩道を散歩するときに、がたつきがあって大変なので、ラバーがかけられていると助かるわ~と喜んでもらえました。午後は南部建設事務所に行って、電柱の移設についての相談。職員の方が私と一緒に、現地を見に行ってくれました。難しいですね。

▼6月2日(木)議運の理事会と議運。その後、会派の会議。私の議会運営委員会委員としての活動も、多分、きょうで区切りかなと思いながら、議運の会議に出席しました。政令市にふさわしい議会のあり方として、議会運営についての改革が遡上にあがっていた時期でしたので、時間をけっこう費やしましたね。議員報酬の問題についても、問題の所在をどうとらえるか、どう整理すればいいのか、悩みつつ、会派で議論し、無所属の会の考え方を定め、議運に臨んできました。私は自分なりに議会の活性化、議会の能力アップをめざして関わってきたのですが、次の無所属の会の委員にバトンタッチです。今年度は2人、委員を出せるので、私の場合よりも条件としてはいいかも。

▼6月4日(土)[障害者自立支援法案]ノーマライズうらわの総会、学習会も無事終わり、ほっ。昨晩は、今日の総会に出す議案書の最後の追い込み作業をしていたので寝不足です。頭がボーっとしたまま、家を出たのですが、緊張感のなせるわざか、会場についたら頭脳が回転し始めました。学習会では、障害者自立支援法案についてお話を聴きました。高齢化が進み、経済の好転が見込めない中で、医療、年金の増加は確実。そうすると社会保障費に占める福祉費の割合に伸びが期待できない、ということなのでしょう。国の障害者施策に関わる財源が限定されている中で、きれいな言葉で理念的に語られていても、福祉の事業を進めるには難しいことがよくわかりました。障害者の自立生活とかけ離れていきそうです。

▼6月5日(日)日曜日らしい感じの日で、久しぶりに布団干しや洗濯したり、生ごみを土に埋めたり、…時間を気にせず家事や雑事ができるとほっとします。靴磨きや生協の共同購入の注文書書きとかを、日曜日にできると気分的に落ち着きますね。8日から議会が始まるので、議案書を見て調べたり、委員会の議案外質問を何にしようか、絞り込んだり、頭は、もう6月議会です。

▼6月6日(月)前々から頼まれていて、いったんは動いたもののうまく進展せずに手をこまねいていた、電柱の移設の件で相談者の方と詰めのお話。夕方、ご近所の方ともお話。いい結論が出るには?と考え考え、進めなくては…。終わってから、夜、自治会の防犯パトロールに参加。自治会で初めての取り組みです。6月の一ヶ月間、班ごとで分担して自治会内を回って歩きます。5人で自治会内の道路をくまなく回りました。拍子木をたたいて、ごみを拾いながら、懐中電灯を照らしながら、長時間駐車の車をチェックしながらの1時間半でした。ごみの落ちてない街は犯罪が少ないと警察の方が言ってましたね。私はどうしても、ごみ拾いの方に関心がいってしまいます。

▼6月7日(火)南部建設事務所に行って、電柱移設の件で関係するセクションに行っていろいろと確認して、昼から保健所の地域保健課に行って相談事についてのヒアリング。労政経済課に行って競輪事業のヒアリング。夜はグリーンフィンガーズで会議。頭がぐらつきます。

▼6月8日(水)6月議会初日です。永年勤続議員表彰というのがあって、30年、15年、10年の議員が表彰されるそうです。私は今年で10年になるので、表彰状と記念品をいただきました。ちなみに今年、表彰された議員は14名。私は4年のブランクがあって、2年前からのさいたま市議の活動なので、10年という連続した時間感覚がないので、いまいちピンとこないのですが。本会議では競輪事業の補正予算での質疑もしました。夕べ、グリーンフィンガーズの会議が終わってから、夜中に資料をひっくりかえしながら、あ~でもないこ~でもないと時間をかけて質問を作ったので、寝不足です。その割には、苦労の跡が見えない質問でちょっとがっくり。でも、やるべきことをやったというところで良し!としましょう。

▼6月9日(木)今日は、思いがけない方たちに会えてラッキーでした。ある相談事を受けて紹介した弁護士さんは、若手のさわやかな方。「出会え!出会え!」です。

▼6月10日(金)梅雨の雨でした。これからの暑い夏を予測させるような。午前中は、埼玉県内の消費者団体連絡会の交流会に参加。消費者問題は、生活に一番身近な課題なのですが、行政的には末端部分に置かれ、予算措置的にもごくわずかなことが、県内の消費者行政調査でも明らかになっています。表に現れている消費者被害以外にも、かなりの被害があるのではないかということも、調査結果でわかります。対症療法的な施策では、被害はなくならないと思いますね。午後は会派会議。今日から私が幹事役をつとめます。効率的に会議を進めるのに神経集中です。議会棟から眺める木々も雨に濡れて青々。ある方から、ビールとトマトジュースを混ぜて飲むとおいしい!ぜひ試してみて、と言われ、夕飯時に恐る恐る飲んでみました。結果…何とも表現しがたい味でした。まずくはないけど、おいしい!とも言えず…?ビールの味もトマトジュースの味もしましたが。

▼6月11日(土)2月議会の議案表決結果をUPしてなかったことに気がついて、5月臨時議会と一緒に、ひたすら入力作業でした。そういえば、「そえの発号外!」24号(5月発行)も、活字で発行している市議会報告1~3号も、hpに載せようと思っていながらまだでした。うぅ~!写真に挑戦もやれてないですね。やれるところから少しずつでも、やっていくしかない!と、開き直り的なくくりです。さいたま市議会関係のhp、リアルタイムで情報提供されてました。嬉しいですね。6月定例会の日程や議案、一般質問通告項目、議会開会日(8日)の専決議案の表決結果も、早々と出てました。これでこそ、ウェブサイトの役割を果せるというものです。議案外質問の参考に、他の政令市のサイトを次々検索。いながらにして、幾つもの市の情報を手に入れられるのですから便利で、助かります。例規集の条例を見れるのがホント便利。でも、議案を調べるのに、我がさいたま市の例規集にアクセスしたら、ページが出てきませんでした。どうしたのでしょう?分厚い例規集は議員室だし、土日で条例に目を通しておこうと思っていたのが、予定がずれました。

▼6月12日(日)いい天気で、もう早や、梅雨の合い間の夏空。ふとんも干せたし、夜には次男たちが来るので、冷凍品とか缶詰とか、買ったけど食べずに置いてある食品類も渡せるし、顔も見れますし。グッドラックです。

▼6月13日(月)議案外質問の質問事項もまだ整理されてなくて、聴きに来られた職員の方、ごめんなさい。です。議会以外にあっちもこっちも、という感じで、やろうと思っていても、議会中なので、どれも時間ぎりぎりでアタフタです。時間に追われて、夕飯を取ることを忘れてました。こんなんじゃやっぱり太れませんね。

▼6月15日(水)議案調査で、森永議員と辻南小学校新設予定地と、動物愛護ふれあいセンター建設予定地に夕方、出かけました。地図も持たずに出たので、ぐるぐる回りながら探して、蕨市、戸田市との市境の辻8丁目の小学校新設予定地にたどりついたり、その後、トイレに行きたくなってプラザウェスト(落成式は7月1日ですが、区役所業務はすでにそちらでしているのですね)の桜区役所に寄って、立派できれいな建物内を見回したり、ふれあいセンター予定地では臭いをかいで、異臭がないのを確認して、議員室へ帰着。そして、帰宅。で、家に入ろうとして、鍵を出そうとしたらない。辻の小学校予定地を探すとき、立ち寄ったコンビニで落としたかもと思い、森永議員を探して「かぎをなくしたの。コンビニかもしれない」と言ったそばから、彼女の車のシートに私のかぎを見つけてくれて、「これでしょ」と。一時は、車の中で一晩すごし、そのまま明日の委員会に出ざるをえないか、と覚悟を決めたのですが、不幸中の幸いというか、ほっ!よかった。相変わらずのどじをまたやってしまいました。大事なものを見失うって、すごくきついですね。気をつけなくては。というか、バッグの口はきちんと閉めるべし、です。

▼6月16日(木)きょうの各常任委員会は、10時開始予定なのですが、始まったのは、なんと午後4時過ぎ。指定管理者制度導入にあたっての条例改正議案をめぐってのやりとり、調整で時間を費やしていたようで、延々と待たされづかれです。時間がかかりそうなので、委員会終了後にやる予定にしていた会派会議をやっても、まだ委員会は始まらず。今日終了したのは、総務委員会のみ。殆どの委員会は一日で終わる予定だったらしいのですが。私も、明日の用事を延ばしてもらったりと、やっぱり、議会中はどういうことで時間がかかるかわからない、というところです。

▼6月17日(金)昨日に続き教育市民委員会でした。議案質疑と討論、採決、議案外質問で終了。私の議案外質問は、消費生活条例と自主防犯活動の保険についての2件。今回の議会では、指定管理者制度を導入するための条例改正議案が多くを占めて、62議案のうち、40が施設への指定管理者制度導入関係。教育市民の委員会には12件かかりました。委員会の審査が終わってちょっと解放感。まだ、閉会日が残ってます。考えてみたら、今週は洗濯してませんでした。たまってます。あした、晴れるといいですね。

▼6月18日(土)希望通りに晴れてます。洗濯物も今日中に乾くでしょうから、よかった。台所で洗い物をしながら、水に流すという言葉があるけど、ほんとにそうだなと納得。汚れをきれいに洗い流せる。水の力はえらいです。ショック!ゴキブリを一匹発見。こういう時の私はすごく果敢で、間髪を入れず、何でもいいから近くの物をとって、一撃です。が、跳んだんですね。これもショックでしたが。でも、すかさずバチッと潰しました。悪いけど、ゴキブリへは生類憐れみはできません。ここに入居して9年間、ゴキブリが出ないのを自己満足していたのですが、どこから入ったのか…。窓や扉を開けるときは、必ず網戸にしていたのに。一匹いるということは、他にもいるということ…。台所にゴキブリホイホイを置かなくては。これを置くのが嫌なので、気を使ってたのに。議会報告でUPし忘れていた、去年の2月議会の予算特別委員会での討論、9月議会の議案をようやくUPして気分すっきり。ついでにおとといやった議案外質問の質問だけをUP。答弁はまだですが。

▼6月22日(水)6月議会が最終日のきょう、議員提出議案で、住民基本台帳閲覧に対する制限を設ける条例議案が出ました。私の所属する教育市民委員会に付託されます。議員提案の政策議案としてはさいたま市議会としては初めてです。やりがいがありそう。閉会中の委員会の活性化も、教育市民委員会では積極的に取り組まれそうで、期待大です。議会終了後、会派で、野呂議員の歓迎と、私の10年永年勤続祝いを兼ねて、タイ料理屋さんで打ち上げです。議会中は議会どっぷり、全力投球ですので、終わると一区切り、ご苦労さん!です。朝から晩まで顔を付き合わせ、一つ一つ確認しあいながら(言い合いながら)、よりよい結果をめざして動く。時間がかかるし、疲れますが、民主主義の実践?だと思って、積み上げ努力。

▼6月23日(木)たまっていた新聞に目を通していると、けっこう気になる記事があって、忘れないうちに切り抜き。住民基本台帳の閲覧の問題も、読売新聞に特集で載ってました。やはり商業目的が過半数を占めていて、問題があることが分かります。介護保険が変わったり、政府税調の答申(重税化)と、ますますこの国の姿が先行き不安の様相です。安心・安全に暮らせる、女性が安心して子を産み育てられる社会は、まだまだ、という感じ。少子化対策のために、女性の再就職チャレンジ応援のプランを政府が作る方向という記事もありましたけど、小手先だけで対策を講じてもだめ。構造的に変えないと。これは、この間の厚生労働省あげての取り組みにもかかわらず、合計特殊出生率1.29は変わらずという結果に出ているんですけどね。

▼6月24日(金)保健愛育会のふれあい会食に参加です。地域の一人暮らしの高齢者の方々をおよびして、愛育会会員の手作りのお昼を提供するという、長年、続いているボランティア活動です。今日は、サンドイッチとポトフ、デザートにアメリカンチェリーが献立。ツナのマヨネーズあえ、きゅうりとハム、ゆで卵とたまねぎとのサンドイッチ作り。みな、それぞれに、アバウトで、臨機応変に作って、食パンの数と中に入れる具材の量が結果的にぴったり合って、OK!手作りサンドイッチ、おいしかったです。ふわふわの食パンのパンの耳も、おいしいです。

▼6月26日(日)[仕事とこだわり]午後から、さいたま市精神障害者家族会連絡会の総会へ。総会後の天野宗和さんの講演会にも参加。他の議員の方達は帰ったけど、面白かったですよ。話が。川崎市で精神保健相談の仕事にたずさわり、埼玉県の精神保健福祉センターで勤務され、定年後に東日本国際大学の教授をされている方で、話しっぷりは率直そのもの。他の政令市の保健福祉行政も例に出されて、そ~か、と。自分の仕事に誇りをもってやる。行きつ戻りつがあって、積み重なるというのが、妙に納得できました。

▼6月29日(水)午前中に議会広報編集委員会。委員の改選後、初めての委員会で、どんなものかと思いながら臨みました。議会広報紙って、どれぐらい読まれているのでしょう?議会を身近なものに感じてもらえるよう、議会としての発信をするのが、広報の役割。けっこう活発に意見が出てました。情報の提供とか、説明責任とか、言葉で言うのは簡単なものの、なかなか一朝一夕にはいかないことをふまえて、理解してもらえるよう努力しないと…。切磋琢磨~いい言葉です。

▼7月3日(日)6月議会が終わったので、少しは時間的に余裕が持てるかなと期待しているのですが、委員会が続けてあるので、神経はそちらに向いてます。教育市民委員会では、議員提出議案の住民基本台帳の大量閲覧への制限条例案の審議があるので、他の先進市の条例をインターネットで調べたり…。明日は、札幌市に視察です。札幌は、今年の3月に住民基本台帳条例を制定しています。この状況を調べに行ってきます。夜は、小雨のなか、自治会の防犯パトロールでした。一ヶ月間、ローテーションで5~6人で拍子木を打ちながら、地区内を回り、ごみを片付けたり、長時間駐車の車をチェックしたり~。今まで挨拶程度のお隣さん同士が、よりコミュニケーションが図られたみたいです。取り組んだ甲斐がありましたね。

▼7月5日(火)昨日、今日と北海道でした。朝6時に家を出て、お昼には広大な新千歳空港です。札幌市議会で住民基本台帳条例についての説明を担当所管の職員の方々から受けました。やはり生身の声で状況をお聞きすると、いろいろと参考になります。今日は、小樽市を回って帰着。夕方からの会合へ。夜のニュースで郵政民営化法案が衆議院で5票差で可決。僅差の可決をどうとらえるか、党議拘束と政治的信念、民主主義について考えてしまいます。

▼7月7日(木)このところ、ホームページの更新、さぼってます。事務所にいるより、議会の部屋の方にいるときが多いです。今日も午後、教育市民常任委員会です。明日も、都市総合対策特別委員会があります。指定管理者制度について、執行部から説明を受けます。地方自治法が改正され、公の施設の管理を民間にも任せられる趣旨の制度で、いま、どこの自治体でも指定管理者への移行手続きが進められているでしょう。夕べ、遅くまで、三位一体の改革での地方6団体の提言や、全国市長会、政令市市長会の意見をダウンロードして読みふけり、国の財政逼迫と地方分権の流れとが、私たち住民の生活にまでひたひたと押し寄せてきているのを実感しました。行政の責任、議会の責任、そして市民の責任。あなた任せでは社会はやっていけない。時代は動いているのですね。

▼7月8日(金)午前中の都市総合対策特別委員会が終わり、午後に総務課に行って、さいたま市のホームページの例規集にまだアクセスできないことを話してきました。6月中旬でもそうだったので、情報政策課に行って、見れるようにお願いしてからも、この間、直ってなかったのです。さいたま市のホームページは、情報政策課がホームページ全体のハード面を担当、各課でそれぞれページを作るというシステムなのだそうです。総務課の職員の方の話では、「サーバーと、例規集のソフトに不具合が生じていて、いま本格的に直していますので来週中くらいに起動できると思いますので、もうしばらくお待ちください」ということでした。早く直してほしいです。

▼7月11日(月)以前から相談に乗っていた、発達障害児の指導の件で、教育委員会指導Ⅱ課の担当職員と保護者の方たちとの話し合いに同席しました。今年度、急な形で、昨年と指導体制が変わり、子どもが不安定になったり、保護者の不安や懸念もあり、パイプ役をしました。保護者の方、それぞれに抱えている疑問や気持ちを担当の職員の方たちに聞いてもらい、応えてもらいました。保護者の方が一人で指導Ⅱ課の方と話すより、総合的に問題がとらえられてよかったのではと思います。来年度の体制の見通しがまだはっきりしてない、国の特別支援教育もまだ固まっていない中で、保護者の方たちの心配ももっともだと思いますし、何より、子どもたちが安心して、個別の状況に応じた教育と指導を受けられるためには、学校全体での発達障害児教育への理解と課題の共有が必要だなぁと感じました。担任の先生や校長先生の対応に差があるのが、現実ですから。

▼7月12日(火)午前中、自宅で自治会だより作成。ホントは日曜日に作って配布完了の予定だったのですが、用事が入ったりして延びてしまい、アセアセで作成。自宅で作業だと、麦茶を作ったり煮物したりしながらできるので、ながら族の私としては得した気分です。いつもは昼食は外食ですが、今日は冷蔵庫の余りもの。でも、粗食でも自分で作ったのを食べるのが私は好きです。

▼7月14日(木)午後から、会派の研修会でした。三位一体の改革と地方財政のあり方がテーマです。地方6団体の出す改革案がどこまで通るのか。国からの使途を限定した補助金でなく、使い道自由な一般財源化の交付税や税源移譲になると、自治体首長の姿勢がもろ、政策にあらわれます。お金の使い道や政策に対して、議会のチェックがどこまできちんとできるのか。国と地方の関係が「対等」になったように、首長(執行部)と議会の関係も、中身がちゃんと対等にならなければ、…。「市民のための市政」、言葉で言うのは簡単ですが、実現への道は遠い?少なくとも、選挙の投票率が50%を切っているようでは、まだまだですね。議会が市民のための議会として、機能を万全に果たせるようにしないと…。地方分権の趣旨は生きてこないですね。~研修会の講義を聴いて、そんな感想を持ちました。

▼7月15日(金)暑い日でした。浦安市に住民基本台帳条例について視察でした。松崎秀樹市長ともお目にかかりました。気さくな方でした。自己情報コントロール権の観点から、市長のリーダーシップで住基台帳条例制定に至ったそうです。浦安市の人口は15万人。すごく若い街で、しかも個人住民税の高額納税者が多く財政力も全国的に高いレベルにあるそうです。高齢化率8.9%。全国平均は19%位でしょうから、いまどき10%にもいってない自治体があるのが驚きでした。ちなみにさいたま市の高齢化率は15%。若干若い市です。それだけ、高齢化率30とか40%とかの自治体もあるということで、これから地方分権が進んでいくと、もっとその差が拡がるのかもしれませんね。

▼7月16日(土)自治体議会政策学会の講座に参加しました。昨日と今日と申し込んでいたのですが、昨日は浦安市優先で、今日だけの参加です。長野県栄村の高橋村長さんのお話、聞いていて元気が出ました。午後は、おなじみの松下圭一さんの「自治体再構築と市民戦略」の講義。立正大学の小宮信夫さんの「安全なまちづくりー教育から都市計画まで」の講義。地域安全マップのお話。目からうろこ的感じで、聴いてよかったです。犯罪を生じさせないための理論(犯罪機会論)とマップをつくることの意味。使えそうです。帰りに北浦和のお祭りに寄って、ご無沙汰な方達にご挨拶。夜はノーマライズうらわの役員会でしたが、うっかり忘れてました。手帖に書き忘れるともうだめですね。まったく頭に入ってません。あわてて遅刻で参加です。

▼7月17日(日)市民と議員の条例づくり交流会議2005に参加。電車を乗り継いで、成城学園の会場まで行ってきました。「集権政策体制を組みかえる!-教育編」のお話とコメント。分権が教育分野にどう作用するか。この間の義務教育国庫負担制度の中教審での論議。教育側からの首長、議員への不信や教育のナショナルミニマム(教育水準)の確保…。何でも分権すればいいというものではないし、…。自治体がガバナンス(共治)の仕組みをしっかりしておかないと危うい、という辻山幸宣さんのコメントはその通りだと思います。自治基本条例も全国で30くらい作られているそうですが、上からの条例つくりは自治にそぐわないし、コミュニティと個人の関係がちゃんと形作られる方法論を市民で共有しないと、本末転倒になるでしょう。

▼7月20日(水)19日・20日と佐賀市、熊本市に視察に行ってきました。どちらも視察目的は、住民基本台帳の大量閲覧制限についてです。熊本市では、指定管理者制度についても担当の職員の方からお話を聴いてきました。佐賀市の人口16万人。熊本市の人口65万人。熊本市は庁舎の垂れ幕に「政令指定都市をめざします」とありました。インターネットで調べられますが、実際に行って話を聴くと、文字情報だけでない情報も聞けて、それがけっこう参考になったりして、自分の考えをまとめるのに役立ちます。法律で定めがないところで、条例制定する自治体では、首長と職員の情熱とやる気が一番ポイントだということも実感としてわかりました。もちろん議会もしっかりやらないと、ですが…。議員提出で住民基本台帳の大量閲覧制限の条例を行っているのは、調布市と鎌倉市。さいたま市が3番目になるのでしょう。

▼7月21日(木)午前中は、住民基本台帳条例についての勉強会でした。このところ、この条例関係ばかりにエネルギーを費やしています。時間があっという間に過ぎて、他のことが後延ばしになっているのを気になりつつも、不器用さを自覚です。

▼7月22日(金)午前中にふれあい会食のお弁当作りに顔を出したら、区からの補助金のことで相談をうけました。区民会議での審査のやりとりを縷々聞きました。区民会議、コミュニティ会議の活動は、自分たちの暮らすまちを自分たちの活動でより良くしようというのが趣旨のはずですが、どこまで共有できるかが課題です。補助金も一過性のイベントや事業だったら、いいのでしょうが、恒常的に福祉活動している場合、もらいにくいし、最初に、補助金の交付要件を限定して明記しておいた方が納得できるのかもと思います。活動の自立をめざし、促すための補助金のようですが、一人暮らしの虚弱な高齢者の方への手作りのお弁当を届ける活動は、それ自身では経済的に自立した(赤字を出さない)活動は無理でしょう。

▼7月23日(土)[アスベスト禍…静かな時限爆弾]久しぶりにゆっくり目の朝でした。シーツとか大物の洗濯ができるとほっとします。私はやっぱり洗濯おばさんだなぁと、洗濯機を動かしながら独りで納得。テレビでアスベストの問題を取り上げてました。このところ、新聞でも連日取り上げられていますね。発症に30~40年かかる静かな時限爆弾。私が浦和市議になった年の1991年に、学校や公民館など公共施設19施設でアスベストが検出され、教育委員会、学校と交渉したり、保育園の撤去工事に立ち会ったりしました。その年の12月議会の一般質問で取り上げました。ちょうど水道議会の議員でもあったので、水道水からも、微量ながら検出されていたことを質問したのを思い出しました。環境問題、公害問題の深刻さ。行政の無責任、不作為による責任をどうとるのか。何より、知らないまま発病し、いのちを失くされた方々を思うと、怒りますね。14年前の自分の市議会報告を読み返しながら、問題は解決されてなかったんだと、改めてショックです。さいたま市でも当然、また調査をするのでしょうが…。

▼7月24日(日)[おみこし]地域の大人みこしに参加しました。ソイヤソイヤの掛け声で、浦高通りを練り歩きです。私はみこし担ぎはできないので、はっぴを着て足袋を履いて、後ろからついていくだけでしたが。担ぎ手の足さばきがリズムに乗ってます。DNAの為せるわざか、そばにいるだけでおみこし担ぎの世界に浸ってしまいました。こういう機会でないとなかなかお会いできない方たちとも、おしゃべりしたり…。楽しい出会いです。地域の祭りは、次は8月の盆踊り。みんなの協力で祭りができあがることを、きょうも実感です。

▼7月26日(火)[住基台帳事務は自治事務]教育市民常任委員会で2日間、住民基本台帳の大量閲覧を制限する議員提案の条例議案について、参考人三人の方からの話を聴く会が終わりました。国の法律の規制をより具体的にした条例制定なので、執行部側は法律と条例との整合性についてを心配していましたが、お三方とも法律に反していないことを述べられていたので、安心したのでは?

▼7月27日(水)[車のエアコン]昨日、車の調子がおかしいので、車のトラブルをほとんど経験した!という森永議員に音を聴いてもらったら、オイル漏れかな?と。修理屋さんに預けて、今日連絡をもらいました。「ブレーキオイルが漏れてました」と。さすがお見立て通りで、脱帽です。代車に乗っていますが、エアコンが効いているので快適です。修理屋さんには時間がたくさんかかってもかまいませんからとお願いしました。私の車はエアコンなしなので、代車のエアコンの冷えた風の気持ちよさについ、こっちの車の方がいいなぁと。いまどき、マニュアルに乗っているアナログ人間です。道路の要望がたくさんあって、南部建設事務所に行ってどっさりとお願いです。

▼7月28日(木)夏の日本格的な夏の訪れ。陽射しの強さに肌が焼けそうですね。今日の都市総合対策特別委員会は、指定管理者制度の導入施設209施設(6月議会時点で)について、公募方式か非公募方式かの区分けの報告です。各常任委員会でそれぞれ所管の施設の報告は出されているので、質疑も出ませんでした。公募の施設は25%、53施設です。この新しい制度適用で、住民サービスがどう変化していくのか?ここで働いている職員にどういう影響が出るのか?指定管理者制度を自治法改正で制定した目的は、公共施設の管理運営の効率化なのでしょうし、いままで管理委託されていた外郭団体の運営に改革をもたらすものとして、導入されたのでしょうが、どこまで、改正の目的が達成されるかはまだ未知数ですね。

▼7月29日(金)印刷きょうも暑い日。「そえの発・号外」25号を印刷です。わずかA5版の4ページ(A4の裏表1枚)なのに、この1週間、時間を見つけては入力と版下の作成をしてました。今号は住民基本台帳の大量閲覧制限の議員提出議案がテーマです。印刷、折りまで「一貫生産の手工業」作業。気をつけたつもりなのに、天地をさかさまにしてしまい、200枚くらいごみにしてしまいました。よくやるドジです。

▼7月30日(土)早いです、月日の経つのは。もう明日で7月も終わり。昨日の続きの印刷です。紙を買いに行って、きょうの印刷は、昨日とうって変わってバッチリとまちがいなく(ちょっと斜めになったけど)、裏表刷れました。印刷した紙をさばいて折り機にかけて、コップの底で折り目を強くして出来上がり。満足。これから、ご案内いただいたコンサートです。

▼7月31日(日)午後、曇ってきたので出かける前に布団を取り込んでおきました。雨がちょっと降ったのですね。夜、寝る前に、ひなたの匂いのする布団を敷いて、取り込んでおいて正解だったな、ラッキー!と、一人でご満悦です。こんなことで幸福感に浸れるのも幸せなことではあります。

▼8月1日(月)[元気!に]いつもながら暑い日ですが、暑いと「よし!今日も一日がんばるぞ!」と気合が入ります。ばたばたと脈絡のない行動で、いくつかの用事を済ませて、次の日につなげていくという感じでしょうか。やらねばならない活動ジャンルを反芻しながら、自己管理でどこまでやれるか、時間との勝負という感じでもありますが…。最低限、自分自身で納得して課題に取り組みたいので。90歳のSさん、お元気でかくしゃくと毎日を過ごされていることを今日聴いて、私も嬉しくなりました。どこかで伺えるといいのですが…。

▼8月2日(火)[ありがとう!]一ヵ月前に頼まれたことをうっかり忘れてました。いつも、相談や頼まれたことは、すぐに手帖にメモるのですが、違う紙に書いて挟んでいて、その用紙を見てなかったのですね。ウッ、ごめんなさい!です。明日、早速動きます。抱えている用事はまだいくつもありますね。手帖に書いていれば、忘れることはないのですが…。夜、同じマンションの友だちのお子さんから、お手紙をもらいました。小学校1年生です。「★そえのさんへ★そえのさんじむしょでがんばってねおうえんしてるよ○○○もがっこうでがんばるよ!」市議会広報紙の表紙に全議員の集合写真が載ってましたが、私の顔を見つけて、お手紙を書いたそうで、うれしいですね~!「○○○ちゃん、ありがとう!じょうずな字でしたよ。○○○ちゃんのお手紙は、そえのさんのおうちのへやにかざっておきますね。そえのさん、しっぱいもするけど、毎日、いっしょうけんめいがんばって、できることをやってますよ。○○○ちゃんもがんばってべんきょうしてね。」

▼8月3日(水)[財政分析よりも自己分析でした]昨日、今日と2日続けての自治体財政分析講座の研修会。昨晩、眠れず明け方にうとうとしたものの、見事に寝坊。目覚ましを2個セットしたのですが、起きれませんでした。遅刻です。自分がどうするという責任のない受講なので、身体は正直です。先生の話を聴いていて、数字が出てくると眠気が襲ってきます。夜、こんな風に眠れればいいのにと、頭の片隅で思いながら、スーッと睡魔の世界へ…。それでも、自分の行動、活動に直結するような、ヒントの入った話になると目覚めて眼らんらんとしてくるから面白いです。分厚い資料、読みこなせば使えそうですが…。読んでる時間があるかな?やっぱり、気合を入れないと生かせないだろうなぁ。

▼8月4日(木)夏真っ盛り。冷房の効いた部屋の中で仕事できるのはありがたいことです。下の息子は、外働きなので、暑い夏、寒い冬でも長時間、一生懸命働いています。暑くてフーフー言って外歩きするたびに、息子はえらいよなぁと思います。私だったら一日ももたないでしょうね。

▼8月5日(金)たくさんの思い朝から夕方まで、相談や頼まれたことで動いてました。道路関係3件は、現場を職員の方たちと確認。学校校庭の芝生化は、現状と経緯を縷々お聞きしたり、障害者生活サポート事業については説明を聞いたり、カーブミラーや歩行者注意の立て看板のお願いをしたり、…現場で携わっている職員の方たちからは、親切にいろいろと教えてもらい、自分の勉強にもなります。

▼8月6日(土)[希望]今日は広島原爆から60年になります。いま、私たちがまがりなりにも平和に暮らせているのは、この戦争への反省からではと思うのですが、そう考えるのは、現在では少数派なのでしょうか?いずれにしても、原爆を作ったのも人間、戦争を起こすのも人間、平和に暮らせるように努力するのも人間。そういう意味では、人間てすごい存在なのですね。戦争と平和は、自然界のことではない。私たちすべての人間の責任です。人って、信じ合える存在でありたいなと、つくづく思います。今夜、盆踊りの話し合いに出席し、いろいろな方達と話して、分かってくれる方もいて、うれしかったです。検索サイトで、そえののページにアクセスできなかったというNさん、またチャレンジしてくださいね。

▼8月7日(日)政治空白どうなるのでしょう?国会は。総選挙ですか?「お家騒動」みたいで、参議院否決だったら、解散・総選挙というのは筋違いだと思いますね。2院制否定のように思えます。首相の解散権行使の前に、議会制民主主義のルールを尊重してほしいですね。さいたま市の市長選・岩槻市議選・浦和補選にかかった選挙経費は約3億3千万円と、きょうの新聞にありましたけど、国政選挙でさいたま市が支出する経費はどれぐらいになるのか?郵政民営化の他にも、大事な政策が山積しているはずなのに。これで国政選挙になっても、しらけるだけです。

▼8月10日(水)[会派視察]8日から今日まで会派の視察でした。愛知万博の壁面緑化、名古屋市の児童福祉センター、行政改革、三重県議会の議会改革と3日間です。愛知万博では広い会場と暑さでフーフー。壁面緑化のブースを見て、職員の方から説明を伺っただけで、他のどこにも入りませんでした。いろいろなイベントが催されているようでした。名古屋市は人口220万人。道路が広くて、植樹帯が中央に走っていて、街中の緑をつくっていて、うらやましい。児童福祉センターは、児童相談所と児童療育施設や児童館などの複合施設です。児童相談所の職員の方から縷々課題をお聞きしました。昼から名古屋市会(名古屋市も旧5大市なので、市議会といわずに市会と言ってます)で、住民基本台帳や指定管理者制度、行政改革のとりくみについてうかがいました。議場は円卓方式でした。三重県議会の議会改革は、やはり、聴いてみないとわからない中身で、行ったかいがありました。二元代表制の議会を標榜して、政策条例の議員提出議案もすでに10件成立。議会事務局職員を参議院、衆議院に派遣。議場は対面式で一般質問は一問一答方式…etc。議会内の会派間関係はよくわかりませんが、議会の政策立案力重視で、議会と執行部との関係に改革をもたらし、議会の存在意義を高めているということでしょうか。盛りだくさんの視察で、あたまがパンクしそうです。家に帰って、すぐにやったのは植木鉢に水をあげること。3日間、この夏の暑さで大丈夫かなぁと思いつつ出かけましたので。でも、こちらでは雨が降ったのですね。ほっ、よかった。

▼8月11日(木)有権者はこけにされている?昨晩と今朝と、テレビのニュースを見ていて、むかむかしてきたので、つい「Voice・Voice」に書いてしまいました。国政選挙の件です。どう考えてもおかしい。小泉さんは自分を織田信長になぞらえていると、テレビで言ってました。「滅びの美学」ですか?自己陶酔の世界ですね。強力なリーダーシップと独裁権力とを履き違えているのでは?私はそれより、金子みすずの「みんなちがってみんないい」の考え方をとりますね。違いを認めながら創りあげていく手法が、結果的には、一番間違いが少ないと思いますね。ベストでなくても、みんなのベターにした方が次に続いていくと思います。政策の選択ってそういうことだと思うのですが。

▼8月12日(金)今朝のテレビで、今回の総選挙にかかる経費は750億円と言っているのを聞きました。そうかぁ750億円ね。約2千余の自治体あわせての経費かどうかはわかりませんが、やっぱり莫大なお金がかかるのですね。それから各候補者の選挙費用があるのでしょうし。障害者自立支援法案は廃案になって、厚労省の予算が12月までしか組んでないので、流用という形で支援費に当てるという記事もありましたし、いろいろと選挙の余波はありますね。

▼8月13日(土)お盆は母と一緒13日から16日までお盆。実家の迎え盆と送り盆で、お寺さんから卒塔婆をもらい、お墓参りです。以前は年齢より20歳も若く見られた母は、めっきり歳をとり、足が不自由になりました。健脚を自負していたのに。親孝行は生きているからこそ、と今年も実家ですごします。今日は午前中、実家の掃除。掃除モードでビシバシです。自分の家は掃除もしてないのですが…。汗びっしょり。いい運動になりました。

▼8月16日(火)送り盆を終えて、帰宅。息子たちも来てくれて、おばあちゃん孝行ができました。息子たちが小さかった頃、夏休みになると、おばあちゃんちでしたから。その頃から私は、子どもたちがいない分、いろんな活動に精を出してました。活動第一は今でも変わらないですねぇ。多分死ぬまで、何かしらの運動や活動優先でいくのでしょう。上の子がちょうちんをバーッと引っ張って壊してしまったことなど、おばあちゃんの思い出の引き出しから、たくさんのエピソード。はしこかったですね。一瞬の油断もすきもなく、いろいろとやってくれましたっけ。それをおばあちゃんは全部受け止めて、育ててくれたのですね。そんな記憶を息子たちが、ちゃんと身体に刻んでいてくれるといいなぁと思います。帰り道、水の流れ満々とした川に、陽が反射してきらきら。きれいでした。どこに旅行するわけでもないけど、こうして季節の移り変わりを目で追っていくのも悪くないな、と自分に言ってました。何を見て、何を感じるかは、その人自身の感性ですから。

▼8月17日(水)調布市へ調布市議会で、議員提出議案の住民基本台帳閲覧制限の条例が通ったというので、調布市に行ってきました。市民利用の会館が指定管理者制度を取り入れたというので、それも視察に入ってました。「調布市市民プラザ・アクロス」と「調布市文化会館・たづくり」の2つを見てきました。アクロスには産業振興センターや男女共同参画推進センター、市民活動支援センターがありました。たづくりの方は、立派な12階建てでした。その後、住民基本台帳の条例については、議員の方から説明を聞きました。アクロスとたづくりと、両方とも1階ごとに歩いて見学し、すごく参考になりましたけど、私の足は悲鳴をあげました。疲れた~です。

▼8月19日(金)住民基本台帳条例の議員提出議案についての質疑を、教育市民常任委員会で行いました。この間、この条例案について、勉強したり、他市への視察をして参考にしたりと、エネルギーを費やしてきましたが、きょう、一定のけじめがつきました。委員会では全会一致で可決でした。終わって、本当にほっとしました。これから9月7日の議会本会議で採決がされて、条例制定されることになります。今後、住民基本台帳の閲覧について、個人情報を守る立場で、行政がどれだけ条例の運用ができているか、検証も必要ですね。市民生活を守るために、議会も積極的に政策条例をつくるという、その一歩が形となりました。夜は、気のおけない仲間たちとの暑気払いで、久しぶりに飲んでおしゃべり。また、明日のために英気を養うひとときでした。

▼8月20日(土)一日中、事務所の整理。何でこんな物が?!というような物や、自宅で探してもなかった資料が紙の山の中から出てきたり、…何だか要らないものに囲まれて、狭い動きをしているみたいです。せっかくの空間がもったいない。常時、整理整頓していれば、もっと快適に事務所で仕事ができるのでしょうに。ハァ~。そろそろ9月議会も近づいてくるし…。やることが山盛り、てんこ盛りって感じですか。

▼8月24日(水)昨夕、母が骨折したとの電話。ほんとにこんな時、すぐ近くだったらと思います。片道3時間、渋滞だと4時間以上かかってしまうので、行くのにも一日がかり。なので、急に行かざるを得なくなると、予定のやりくりにしばし考え、悩んでしまいます。昨晩は心配で寝つけませんでした。きょう、母の所に行くつもりで、きょうの予定をやりくりし始めていたら、明日の方がいいとの連絡。母は食欲もあり、骨折以外は元気だということでちょっと安心。明日も4件、約束事の予定があるので、明日出すレジュメを作って送ったり、日にちの変更したり、連絡するだけで結構時間がかかって消耗です。携帯でばかり連絡していたので、電池切れになってしまいました。きょうは、夜の会議はごめんなさいで欠席。これからもう1件の会議用のレジュメを作って、明日、母のことで丸一日費やしてもいいように段取りを終えておきます。

▼8月25日(木)後ろ髪をひかれる思いで、ケアハウスを後にして帰宅。以前2回手術した手首が骨折。この2回の手術が、それ以降の母の身体を崩しており、母の心の傷は多分、私の想像以上に深いのでしょう。病院の医師をどこまで信用できるのか、です。今回のケアハウス系列の病院のお医者さんは、分かるように母の手首のことを説明してくれましたが、入院・手術するはずだった医院からは断られました。何故なのか?別の病院を紹介してもらい、とにかくまた手術をすることに決めて、来週入院です。母の部屋で二人で昼食。冷やし中華でした。デザートに必ず果物がつくんだよ、と母。煮物も薄味で、家庭風の味付けだったので、何となく安心しました。思ったより早めに帰ってきたので、消団連の「消費者条例学習会」に終わりの30分でもと思い、会場に向かったのですが、浦和から大宮までがすごい混み方、しかも会場の駐車場は満車。やむなく回れ右でした。こういうのって、疲れが倍加しますね。グリーンフィンガーズに寄って、種々打ち合わせ。自分でも貧乏性だなぁと~。家に戻ってぐったりです。やっぱり一日6時間の運転は疲れます。運転手の人の疲れがわかりましたね。運転しながら、タクシーやトラックを見て、つい、ご苦労様!と言ってました。

▼8月26日(金)[会派研修会]昨日の疲れが残っているので、自分で自分の体調をセーブしなければと思いながら、市役所へ。会派会議と会派の研修会です。改正介護保険をどうとらえるかがテーマです。いずれにしても、自分たちのまちをどうするかの視点で、改正介護保険制度を検証しないといけないのだなと、講師の堀越栄子さんのお話を聞きながら思いました。国の制度をどう使いこなすのか、です。まさに自治体の自治をどう発揮するか、です。これは、どの制度にもいえることでしょうが…。

▼8月27日(土)午前中、テーブルの上の郵便物や資料等を片付けながら、ロボットみたいにバキバキと整理できたら楽なのになぁと…。議会が始まったらまた資料の山になるし、いま、ここで整理しておかないと、またわけ分からなくなるのは目に見えているので、とにかく整理、整理。今回の議会では決算特別委員の予定なので、決算モードに切り替えられるようにしとかないと、です。

▼8月28日(日)埼玉県には公立の夜間中学が一校もありません。「埼玉に夜間中学を作る会」は、川口で自主夜間中学を運営しています。今年が活動始めて20周年になるそうです。一つの目的を掲げて、長いこと活動するのは、市民団体にとって並大抵の努力ではないと思います。自分の活動を振り返ってみても、そう思います。総選挙で世の中、騒がしいですけど、国民がこれから安心してくらせる政治、困っている人がちゃんとサポートされて暮らしていけるような政策をきちんと打ち出す政治が、いま一番求められていると思います。いろいろな事情で学校に行けない人、行けなかった人たちのために、学びの場を保証するのは、行政の役割だと思います。小さな枠の中での費用対効果とかじゃなくて、すべての人に学ぶことを保証することで社会の安心感も生れてくることができると思うのですが…。税金をこうしたところに使ってほしいものです。

▼8月30日(火)朝7時前に家を出て夜8時半に帰宅。母の入院です。朝食もとらずに出て、病院で待たされ、入院手続は2時過ぎ。空腹で頭もうろうです。お医者さんのお見立ては、前に言われたのと違って、どちらを信じたらいいのだろう?と困惑です。来週手術です。議会だし、決算委員会もあるし、頭を抱え込んでしまいそうです。妹も来てくれるでしょうけど、彼女も遠いし,車の運転ができないのがネックですね。帰り道、ずっと渋滞。グレイのテープを聴くのもいいかげん飽きたし、この代車だとラジオが聴けるし、ニュースでも聴くかと、7時からのきょうの選挙公示の模様を聞いてました。各党党首のメッセージを全部聴きました。~~疲れて運転していたのに、各党首の言葉には耳をそばだてて聴いている自分。そして、こうして明日の議会広報委員会の準備や、決算資料要求の検討をそっちのけで、私なりの選挙へのとらえ方を整理するのに時間を忘れているわが身を振り返ると、私はやっぱり政治好きなのかな?~~やっぱり、国政政治は地方政治とつながっていますから。私はこの日本を、自治体を市民のものにすることで、みんなが安心して暮らせる日本にしていきたいと、願っているし、利権構造の政治ではない政治を求めているし、~なので国政も自分なりにとらえなくちゃと思っているのですが。誰に、どの政党に一票を入れるか、考え中。

▼8月31日(水)夜、地元の盆踊りでした。台風で日延べして、昨日と今日に延びたのですが、夕べは母の病院で参加できず、今日だけ。ダンシングヒーローとか、ハワイ音頭とか、八木節、東京音頭、炭坑節、マツ健サンバ…etc。去年やって、今年も練習に1回参加したのですが、覚えが悪くて、浦和踊りだけは間違えなく踊れたぐらいで、今日もまだ見よう見真似での踊りです。それでも、曲に乗って身体を動かすのは楽しいですね。売り子さんの手伝いは人手があるので、恥ずかしいけど、踊ってました。私は足が悪いので、20~30分くらい歩くと足が痛みだすのですが、つい踊ってしまいました。汗びっしょり。会場は、小さいお子さん連れでにぎやか。屋台も出て、道路にはテキヤさんのお店も出て、こういう風情がまだ残っているのはいいことです。実行部隊は大変ですけどね。「ホームページ、初めて見たよ」とお声がかかり、うれしいです。

▼9月4日(日)早いですね、9月に入ってもう4日。5・6日と母の手術で病院に行かなければならず、7日から議会。昨日、今日とで集中して、書類の読み込みをと思い、気合を入れた2日間のはずでしたが…。議案書と決算書類、行政報告書、旧岩槻市分も。そして平成16年度の事務事業評価表は15~6センチの厚さ。その他の関連資料類。この山を見るだけでうんざり。テーブルの上どころじゃなくて、居間の床にも書類を置いて、息子たちが来たら「うわぁ~何だ、この散らかりは!」と目をむかれそう。昨晩、資料類にずっと目を通していたので、頭がボーッで集中力減少。眼が痛いです。気分転換がこのhpの更新作業というのも、チトさびしい。

▼9月7日(水)議会初日でした。開会前に、消防音楽隊の演奏があり、さいたま市歌の希望(ゆめ)のまちと、世界でひとつだけの花の2曲を議場で聴きました。生の音楽はやはり心身に響いて、~いいですね。硬い感じの議会に柔らかな雰囲気が漂いました。8月19日の教育市民委員会で、全会一致で可決された住民基本台帳の閲覧についての条例も、本会議で全会一致で可決され、正式に条例が制定されました。皆様、お疲れ様でした!決算委員会の委員選任もあり、私は一般会計・特別会計の決算委員になりました。9月21日から10月4日まで、委員会審査です。そうそう、常任委員会の議案外質問通告締め切りもあり、きょう出しました。私は教育市民委員会なので、「公民館施設の安全性確保について」を質問する予定です。委員会に付託された議案は9件で、これも調べないと…。限られた時間の中でも精一杯やって、少しでも市民生活に実を還元できればと思って、気迫は充分なのですが、どこまでやりきれるかな?

▼9月8日(木)下水道維持管理課と公園みどり課の職員の人たちと、天王川遊歩道を歩き、フラワーポットの置き場所を確認。以前から、この周辺の方や散歩する方々から、「植栽できないか?」とか「北宿通りより南側は、遊歩道沿いに立派な整備ができているのに、差がありすぎる!」と言われてました。下水道のふたかけをしているので、余地がなく、どうしたものかと考えあぐねていたのですが、草花の管理をしてくださる方も何人かできて、ようやく場所の確認をすることができました。散歩して楽しく、また安全に、そして何より、地域の人たちの協力できれいに草花が育つといいなぁと思っているのですが…。一歩一歩の歩み、です。

▼9月9日(金)老眼それほど資料の読み込みに時間を費やしているわけではないと思っているのに、目が疲れ、肩がこり、頭のてっぺんに痛みが走ります。多分、これは老眼のせい?かも。新聞はざっと斜め読みなので、老眼鏡をかけなくても何とかなるのですが、資料に目を通すときは神経を集中しているからなのでしょうか、老眼鏡をかけてじっくり見ていると疲れるのですね。私はいつもは頭痛は起こったことがないので、よけいにこの頭痛にはまいりました。視力に合った老眼鏡をそろえないといけないのかな?

▼9月10日(土)国政と自治体と明日は投票日ですね。私はもう期日前投票をすませました。投票所でも最後まで迷っていました。マスコミ予想だと、自民党の大勝だそうで、いいんですかね?ほんとにそれで、と私は言いたくなりますね。小選挙区比例代表制になって、国レベルは政党でないと、当選はおぼつかなくなるという仕組みになりましたが、これでほんとに民意は反映できるのか?と、思います。私のように、支持政党のない有権者にとって、あれかこれかと二者択一を迫られてもね、困るんです。自分の一票を大事にしたいと思うと尚更です。国は政党レベルでも、地方は政党別で輪切りにできません。国に対して物言っていく、自治体の自治力は、政党の論理とはまた別のものです。国はどうあれ、せめて自分たちが暮らす自治体では、民意を生かした政治にしなくてはと、痛切に思います。

▼9月12日(月)いやぁ、選挙の結果って、…。なかなか~。って何も言ってないですね。夕べはテレビの選挙情報を聞きながら、パソコンの入力をしながら、インターネットで速報を見て、時間が過ぎました。自民党圧勝ですね。改革のお株を、小泉自民党が民主党からもぎ取った結果なのでしょうね。4年間の小泉さんの改革の実績は出てないにもかかわらず、期待票なんでしょうか?国と地方の借金が増え続けていることへの、首相としての反省の言葉もなく、理屈的にはおかしいと思うのですけど、無党派向けの戦略が勝って小泉人気で一気呵成になったという感じでしょうか。テレビで、小泉自民党が勝ったのは、イエスかノーかで争点が分かりやすかったからだと言ってましたけど…。二者択一で選ぶのは、思考が疲弊している場合選びやすいのでは、と言ってました。う~ん、そういう見方もあるのか。シンボル政治に野党が負けたとも言ってました。確かに、野党の争点設定が下手、というか、見ていてじれったかったです。人口減少社会の中で、財政再建、少子化対策、年金問題、これらの問題解決のために行なわれる改革のやり方が問題です。誰に痛みがたくさん押し付けられるのか、…。ギスギスした社会にはしたくないし、負けても敗者復活戦ができる社会であってほしいです。~にしても、テレビの速報を見てると選挙の厳しさを改めて思います。きょう、事務所で作業していたら「あ~っ居た~っ!」と極親しい友人が。彼女にどこに投票したの?と聴いたら、自民党。えぇ~っ!今までの彼女では考えられない選択だよなぁ。批判精神旺盛だし…。今回、初めて自民党に投票したそうで、「改革は小泉さんしかできない、他にはいないから」と。「民主党はばらばらでだめ。国が危機的になっているし、官僚の言うなりにならないで談合とか癒着とかをただせるのは小泉さんだから、できる」と言ってました。郵政の問題を小泉さんの政治姿勢・リーダーシップとして、評価したのですね。彼女も無党派のとてもまじめな良識派です。多分、彼女のように考え、投票した人が多かったのでしょう。そういえば、浦和に小泉さんが来たとき、演説を聴いてすっかり小泉ファンになった知人がいて、「小泉さんこそ、クリーンでリーダーシップを発揮する政治家よ!」と熱っぽく語ってましたね。彼女も旧来の自民党支持者ではないですね。はぁ、です。いろいろと考えさせられますね。今回の総選挙から何を得るのか。私は民主主義がベース。民意が民意として形作られて、改革の痛みも納得して平等に受けて、国の形をつくっていく方向性を選びますが。批判だけでは何も変わらないし、やはり、地方分権と自治にこだわってGO!です。

▼9月16日(金)このところ日記をつける余裕がなくて、日にちが過ぎてました。気がつけば、朝晩はもう秋の風です。きのうは、髪のうざさが限界で美容院へ行ってカット。待たずに済んでラッキーでした。きょうは午前午後と教育市民常任委員会でした。議案審査と討論・採決、議案外質問です。今回の議案外質問は、公民館施設の安全性確保について聞きました。昭和36年に建てられた領家公民館は、築40年。大規模改修の時期をとっくに過ぎているのに、消防の出張所と公団が併設で、互いに相手の出方待ちで、手がつけられてません。公民館は災害時の災害「弱者」の高齢者や障害者の避難場所になっているのに、肝心の避難場所が危険では話になりませんよね。何とか教育部局からも強く対応してもらいたいものです。常任委員会が終わってホッ。来週から決算委員会です。今晩はビールのトマトジュース割りに挑戦してみようかな。

▼9月24日(土)[雨]きのうは祝日、きょうは土曜、明日は日曜、と書かないと、今の私には曜日の感覚が出てきません。総務と教育市民関係の決算委員会は今週終わったので、昨日・今日とで、環境経済と保健福祉の質問作り。あすは都市開発関係を作る予定。決算書に予算書に行政報告書に事務事業評価表と、どれも分厚い冊子ばかり。おまけに旧岩槻市分も今回はあって、ページを探すのにも一苦労です。こんな風にせっぱつまらないと、とてもじゃないけど読む気がしません。でも、市行政を全体的に見て、評価するのにまたとないチャンスです。いつもは、いろいろな問題や現実に起こったことへの対応で、行政の内容を見てチェックするのですけど、トータルに分かるので、面白いと言えば面白い?友人がまたサンドイッチとどくだみ茶とトマトを差し入れてくれました。この前、彼女がきてくれたとき、私の肌がすごく疲れていたからと、化粧水のパックも持ってきてくれて、「ちゃんと寝なくちゃだめよ!」とお説教されました。持つべきものは友だちです。ありがたいです。家にこもって資料と格闘していると、お風呂も食事も二の次になるし、曜日も定かじゃなくなりますね。

▼9月25日(日)秋すっかり秋となって涼しいこと。決算委員会と議会が終わったら、どこかにのんびり行きたいなぁと思いつつ、今日も決算書。何で私は時間がかかるのだろう?多分、私の要領が悪いのか、頭の鈍さも多分、問題意識へのこだわりも多分、なのでしょうけど…。一番時間がかかる原因は、「変だ!」とか「何で?」とか、ひっかかった項目があると、次の項目に行かずに関連した資料を探したり、法令や計画、基準とかを読んだり、関係ないところまで目を通したりしているから。「ふぅ~ん」と納得するのはいいのだけど、「あれっ、私、いま何やってるんだっけ?」という感じで時間が過ぎていくのですね。都市開発関係の決算質問準備をしていて、しみじみ自分の時間の使い方がわかりました。やっぱり、要領が悪いんだろうなぁ。こんなにたくさん調べたりしても、持ち時間は少ないし、ポイント絞りきれないし、がんばった甲斐もそんなにないし。シャカリキやることないのかもしれないのですけど~。自分で納得したい気持ちが強いのかも?~秋の風は気持ちいいですね。ちょっと散歩で気分転換です。

▼9月30日(金)決算委員会の都市開発関係の審査。夕べは、この審査での質問精査をしてから、建設関係の質問項目を絞り込んだり、質問作成をしていてまたも寝不足。委員会では、執行部側と対面して座っているので、眠くても眠れません。その内、自分の質問時間が近づいてくると、緊張感が出て眠気もふっとびます。夕方は、月曜日の建設関係の質問ヒアリングで、職員の方たちに、中途半端ながら、質問の趣旨を説明。夜は、知人のTさんのお通夜です。心不全の突然の死で、まだ信じられません。

▼10月1日(土)天高くすごくいい天気で運動会日和ですね。決算委員会の準備もまだまだ沢山あるのですが、気分転換も兼ねて、昼ごろ、小学校の運動会に。「転んでも前に進めば次がある」が今回のテーマだそうで、その通り!目的に向かって、ネバーギブアップです。マーチングバンドの曲が、ビートルズのプリーズミスターポストマン。~にしても、お父さん、お母さんたちの若いこと!先生方の若いこと!子どもたちもきらきらしていて。こんなことを感じるようでは、確実に自分が歳をとったということなんでしょう。

▼10月5日(水)[決算委員会終了]昨日、決算特別委員会が終了!ようやく終わったという感じです。さいたま市予算6千億円の執行について、適正かどうか局別に審査して、昨日は、決算認定に賛成か反対かの討論と採決でした。昨年2月の16年度予算委員会に参加し、その決算委員会にも参加したので、市行政の全体像と大まかなポイントは自分なりに押さえられたかなぁ、というところでしょうか。まだまだ、行政事務の執行状況や財政面での動きとかで、把握できてないところはたくさんありますが。でも、市民生活向上に役立つ議員活動をめざす点からいうと、この経験はきっと生きてくるでしょう。そんな気構えで、他の用事はさておいても、決算審査優先で過ごした2週間でした。会派の皆から、「お疲れ様でした!」とねぎらわれ、ほっとしました。これで、毎日、重い決算資料を下げながら通わずに済むのがうれしい。夕方、帰宅してご飯を食べて、ちょっと横になろうとベッドに入ったら、そのまま眠ってしまい、起きたら午前5時。ぐっすり寝て疲れがとれました。

▼10月6日(木)すっかり秋めいて、外の方が気持ちいいくらいです。まだ、部屋の書類の山は整理がつかないのですが、事務所の方もすっかりご無沙汰なので、午前中の委員会が終わってから、事務所で作業。コンビニでお昼を買ってたら、ずっと会っていなかったオーナーさんに会い「ご無沙汰!」、ご近所のおばさんにも会って「お変わりないですか?」。おばさん曰く「市会議員にはこうしていろいろと文句も言えるけど、国会議員は一体何やってるんだか。グリーン車のパスとか、安い家賃で広い部屋借りて、高い歳費もらって、庶民の暮らしが分かってるんだか…」。う~ん、テレビを見ていると、やっぱりそんな風に思えてくるのかも。私も国会議員がどんな風に時間を使っているのか、わからないな。そうですね~。市議会議員の場合は、いつも誰かしらの市民要望とか、相談事とか身近な問題で動いているので、市民の目に触れている面はあるでしょうけど、県会とか国会は遠いですね。にしても、市議の場合も、なかなかたくさんの人たちには、議員の活動は伝わってないし、まったく知らない人からすると、市会議員は一体なにやってるんだと思われているのかも。私が直接接することのない方々に、伝える活動をどこまでやり切れているのか、ジレンマを感じます。

▼10月8日(土)グリーンフィンガーズの5周年の集い。早いものです。何も知らないまま、試行錯誤でデイケア立ち上げ、いろんなことがあって、壁にぶちあたりながらも、その度、頭を悩まし、何とか対応しながら今日まで来たという感じです。いろんな困難さがわかっていたら、無謀無鉄砲な私でも、新しいことには、多分、手をつけなかっただろうなぁというのが正直な感想です。福祉の仕事は、人に尽きる、というのがいまの私の結論。制度は後からついてくる、というか。人との関係をどう作るのか。様々な価値観を持った人たちが、互いに人間らしい生活のために補い合う、というのがまず基本。恩恵でもなく、救貧でもなく、皆がそれぞれ自分らしく生きれるにはどうしたら、いいのか。一体、自分らしいって、どういうこと?自立というけど、何をもって自立というか?そんな問いがいつもついて回るし、これでいいというゴールはないのでしょう。夜、友人と3時間ほどよもやまのおしゃべり。今回の衆議院選挙、政党観、郵政民営化の意味、国債・借金、住専の不良債権6700億円処理が今回の導入口だったことで二人一致、アメリカ型かヨーロッパ型かの政治選択、憲法改正、日本の軍事力、ちょっと面白いのは東京の地下鉄の話、日本の農政、環境政策…。いやぁ、たくさん話しました。互いの話のやりとりが、自分の考えを整理させるのを実感。得がたい時間です。

▼10月11日(火)長かった9月議会が終わりました。本会議では議決が主なので、緊張しますね。議場では、やり取り次第では何が起きるか予測不能なところがあり、注意力を集中しているので疲れます。また明日から活動の蓄積です。

▼10月13日(木)議会は終わったのですが、先延ばしていた用事に追われてバタバタ。スケジュールノートに次々に予定が入っていって、いやはや…。昨晩も、ひめゆり部隊だった方のお話を聴く会のよびかけが急にあって、時間との兼ね合いでどうしようか、迷ったのですが、遅れて参加しました。小学生たちがシーンとして聴いてました。私もみじろぎせずに聴きました。命こそ宝ですよ、と最後におっしゃてましたが、その通りなのですね。きょうは「そえの発・号外」26号(指定管理者制度についてが今号のテーマ)を時間ぎりぎりセーフで作りました。夕方、久しぶりに駅前でマイクでした。思いもかけない方々それぞれにお会いし、互いに「会えてよかった!~」連絡しなくちゃと思っていた方々でしたので、ラッキー!「がんばれ!」の声を聞いて、よく見たらご近所の方たちでした。これから飲み会かな?精神障害の手帳を持っているという方からは、「自立支援法になったら、いま5%の医療の自己負担が10%になると月々7千円になって、払えない。小さい持ち家があるので生活保護も受けられないで、生活保護以下のくらしをしているのに、どうしたらいいんだ」という話。う~ん、ほんとに困るんですよね。障害者の自立支援とか言って、その実、切り捨て法案ですからね。

▼10月15日(土)母の入院している病院へ。久しぶりです。先月の手術の後、やつれているのではと案じていたので、きょうようやく会える!と病室へ入ったら、あら、血色もいいし、元気そう。足取りもそろそろ歩きながら、しっかりしている。病院の食事もしっかり食べて、食後は廊下を歩いて運動しているとか。頭のふらつきもまったくないというし、この前の騒ぎは一体何だったのでしょう。寒かったら着ようと思い、母からもらったジャケットを紙袋に入れてきたのですが、「あら、それ、お母さんのだよね」「そうよ、前にいらないからって、私がもらったのよ」「そうだっけ?でも、これから着るのにいいから置いてって」「そうね、ちょうどいいかもね。これ、ものがいいから、お母さん、着るといいよ」と母娘のやりとり。母は何やら、欲しい物を手に入れた子どもが見せる満足そうな顔。以前の母に戻ってました。母はがっくり年をとった!と思い込んでいた私としては、なぜか合点がいかない。妹に今日の報告をしたら、「やつれるなんて、何かあったときのいっときだけよ。丈夫なんだから。私やお姉さんより長生きするわよ。手術の翌日も色つやがよかったのよ」と、妹の眼力の方が確かだったみたい。何はともあれ、母が元気でいてくれるのが一番うれしいことではあるのですが。

▼10月16日(日)今日こそ、掃除機をかけるぞ!と決意。決意しなければ掃除機をかけないというのは、何やら笑われそうではありますが。ようやく、その時間がとれたということで。公民館の文化祭に顔を出して、友人が立てたお茶をいただいた後、コープのお店で買い物。無性にカレーが食べたくなって、よし、帰ったらカレーを作ろう。自分で作ったカレーが一番好き。もう暑くないので、作り置きできる季節なのもいい。さっそく作りました。ついでに具沢山の味噌汁も。お店で、「少ししか食べないから高くてもいいよね」と自分に言い訳しながら、有機のちょっと高めの味噌を購入。おいしいものは少しで十分。
▼10月19日(水)心配していた天気も、雨が降らずにお出かけ日和。自治会と老人会共催の日帰り旅行に参加です。神奈川県立生命の星・地球博物館、紹太寺の普茶料理、二宮尊徳生家、蒲鉾屋さんと巡ってきました。二宮尊徳は身長が180センチ以上、体重90キロ台だったそうで、想像とは違ってました。農作業の傍ら、学んだことを創意工夫で実践し、荒廃した村の復興や飢饉救済、藩の復興、建て直しに心血を注いだもようを記念館のアニメで見ました。節約を旨とするやり方は、バブル崩壊の現在にオーバーラップしそうです。帰途、割り込み乗用車にバス前部がぶつけられ、延々停車。朝7時から夜の9時までの旅でした。帰ってからのレジュメ作りは、早く寝た~い、でも今やらないと明日に間に合わないと、のろのろ作業でした。

▼10月21日(金)朝方、友人の実家の裏手の空き店舗から出火で、友人の実家のお店も被害を受けて商品が水浸しに。大変です。ほんとに。誰もけががなかったのが不幸中の幸いでしたが。

▼10月22日(土)小雨のぱらつく中、競馬場の駐車場で福祉バザーでした。さいたま市浦和施設連絡会の主催です。グリーンフィンガーズも参加です。パウンドケーキや焼き芋、アクセサリーなどを売りました。天候がイマイチだったのが惜しい!虹の会が、スーパーちんどんで演奏。蒲田行進曲やインターナショナルなどポップ調で、音響も良し。ベースやクラリネット、さんしんなどが効いてましたね。グリーンフィンガーズの何人かは曲に合わせて踊って、乗ってました。私ももちろん。ちんどんでのインターナショナルはなかなか楽しい~。たまねぎやみかん、れもん、グレープフルーツ、値段につられて買い込んでしまいました。明日、息子たちが来るといいなと思いつつ。

▼10月25日(火)いいお天気です。秋のさわやかさが身体を包みます。ついでに心も包まれて、気持ちいいです。午前中、下水道課の職員の方と、天王川遊歩道に、また新たに設置するフラワーポットの場所を確認。水をあげたりの世話をしてくれる方の近くに置けることになって、一安心。浦高通りの街路灯が撤去された件で、道路安全対策課の職員に現場を見てもらいました。調べてもらうことに。遊歩道にラバーがつけられ、つまづかなくなったし、たばこのポイ捨ても減ったし、よかったワァと聞くと、嬉しいですね。きれいになれば、ちらかす人も少なくなるでしょうし。私も目立つごみを拾いました。明日から、教育市民常任委員会の視察です。さわやかな気持ち継続で、視察に行ってきたいと思います。

▼10月28日(金)[教育市民常任委員会視察(京都市・和歌山県)]26日京都市…京都市会で京都市の教育改革についてのレクチャー、教育相談総合センター(こども教育センターパトナ)と市立洛風中学校(不登校の生徒の中学校)を視察。27日和歌山県…県立の中高一貫校(向陽中学校)視察、和歌山県議会で学力テスト、中高一貫教育について説明と質疑応答。28日帰着身体は疲れてないのですが、神経が疲れました。非日常の疲れとでもいうのでしょうか。視察自体はすごく参考になりました。不登校の子どもたちへの教育と、その反対(客観的には)に位置する中高一貫教育と、両方ともに現場を見ることができ、そこでの取り組みを聞いて、さいたま市の教育政策についても参考になります。視察は、たいがい、駅から当該地の議会に直行、施設を見学して、またホテルに直行なので、まちの雰囲気は車の窓から見て感じるだけ。~なので、和歌山で視察が予定より早目に終わったので、せっかく来たのだから、海を見に行こうと、女性議員3人でタクシーを借りて、海に連れて行ってもらいました。車で20~30分です。タクシーの運転手さんがいろいろと和歌山のことを教えてくれました。海風が気持ちよく、おいしいです。海辺に立って、海を眺めただけで戻ったのですが、3人とも「来てよかったねぇ」と満足でした。早く帰った議員も入れた総勢15名。議会事務局の職員の誘導で、お世話になりました。なかなか楽しい、会派を超えての一行でした。

▼10月29日(土)ついてる!?都市計画マスタープラン案に対する公聴会があって、傍聴してきました。4人の方が公述されてました。そのうち、3人が浦和区の方でした。嬉しくなりました。まちづくりを行政と市民とで協働でやりましょう、という動きがこれからどんどん増えていくでしょう。行政に文句だけ言うのでなく、自分たちも力を出すんだということが、もっと拡がるといいですね。それにしても、まちづくりの問題・課題解決の手法がまだまだで、自治体独自の制度をつくる必要があるのを痛感します。私もそのために頑張っているのですが…。環境フォーラムにも行ってきました。スタンプラリーをやっていて、終わるとパンジーがもらえます。いくつものパネルを見て、回答を書いて私もパンジーをもらいました。やっぱり嬉しいです。(ほんとは日本すみれが好きなのですが)環境フォーラムの展示を見てわかったこと~牛乳パック6枚でトイレットペーパー1個できる、お菓子の箱は、箱の内側の色が茶色はダンボール類に白色は雑誌類に分けて資源物に出してほしい(業者の方の説明)、めだかが絶滅危惧種になっているけど、めだかと同じ種類のカダヤシ(外来種で見た目はめだかと同じ、ボウフラを食べるというので日本に持ち込まれたとか)は肉食で、めだかの卵も食べてしまうこと、知らずにめだかとカダヤシを同じ水槽に入れたらカダヤシがめだかを攻撃していたそうです。知りませんでした。たんぽぽもそうですけど、外来種の方が強いのですね。だから、在来種が駆逐され、従来の自然の生態系が崩れていくのですね。このことは、都市マスの公聴会でも発言されていた方がいました。緑の保全と言っても、外来種の緑では生物多様性にとってはだめで、地域在来種を用いていくべきだと。その通りのことが、環境フォーラムでわかり、納得です。都市計画部門と環境部門とが、もっと連携をとると、行政施策的にはより面白いのができるのになぁと思います。遅いお昼を、知り合いのお店に寄って食べました。ラムのミートソースご飯、味噌汁、サラダがついて500円。安くて食べでがあっておいしかったです。そこにメロンもついてきました。メニューにはないのですが、桃とかぶどうがつくこともあるそう。何だか、すごくついている感じ。こんな日ばかりじゃないけどね。動けばそれなりに得るものがあるということでしょうか。

▼10月30日(日)きょうも出会え!出会え!夕べは遅くまで作業していたので、なかなか起き上がれず、日曜だし、まぁいいか、と寝床でごろごろ。午前中、テレビの憲法論議を横目で聞きながら、自治会の回覧作り。午後から地元の地域文化祭へ。先日の公民館祭りでも感じたのですが、写真や書道、絵画、絵手紙、生け花、アートフラワー、茶道などなど、文化の基盤は地域で創られるんだなぁと。領家公民館では手作り絵本や、手作りおもちゃの会が活動しています。ものを作るって、人間の持っている創造性と社会性をより培っていくのでしょう。私は今のところ、こうしたことはできませんが。交通バリアフリーフェスタへ。広い会場でした。車椅子対応のバスや車が並んでいました。生来のドジで、プラザノース建設予定地である駐車場の入り口が分からずに、3回もぐるぐる。我ながらあほ~。夕方、ご近所の方から、こんにゃくと大根の煮物をいただきました。ごちそうさまです。何よりのごちそうです。煮物は気持ちと時間の余裕がないと、作る気が起きないので、ありがたいです。

▼11月1日(火)[ポリシー]埼玉県消費者大会に参加です。ここに関わってもう何年になるのでしょうか。記念講演のお話には、いつも触発されてましたが、今回もよかったです。米倉斉加年さんのお話でした。お話を聴いて、演劇って、ただ演じるのでなく、人間や社会や歴史をどうとらえて表現するのか、ということが主題なんだなぁと思いました。米倉さんの生きる姿勢が生に伝わってきて、話に引き込まれました。正直者がばかを見るような、そんな世の中じゃよくないんだ。というポリシー・気概をビシバシと、ユーモアたっぷりに話されてました。話の最後に、「大人になれなかった弟」という、教科書にも載った作品を朗読。戦争中の疎開先での飢えた暮らし。お母さんが子どもたちにまず食べさせるので、弟へのお乳が出なくなったこと。まれに配給される弟へのミルクを盗み、口に入れたことがあること。弟が入院し亡くなったこと。死因は栄養失調だったこと。~淡々とした語りに、眼の前にその状景が浮かび、涙が出てしまいました。私の前の座席にいた男性は、私よりもすごくて、ハンカチで何回も眼を拭いてました。

▼11月3日(木)[感謝!]寒くなりました。今年ももう2ヵ月を切ったのですね。お正月の抱負で、このHPに写真を載せるのを計画したのに、まだできてないですね。「簡単にできるよ」と教えてもらったのですが、マニュアルを見るのがおっくうで、後延ばしです。でも、2ヵ月以内にやらないとなぁ。味噌汁が飲みたくなって、また具沢山の味噌汁を作りました。以前は息子たちのために作っていたのに、今は自分のために調理。何だかなぁ~、と。寂しいような、気楽なような…。複雑ですね。リサイクルバザーをやるので、ポスティングをしてもらったり、品物を取りに行ったり。ちゃんと大事に使って、また別な人に使ってもらう。暖かな心の方たちに触れると、感謝の気持ちが起こります。

▼11月5日(土)小学校の授業公開で、全クラスを覗いて学校内をくまなく見てまわったり、北浦和フェスティバルを見たり、バザーの品物を受け取りに行ったり、印刷したり、~のごちゃごちゃな一日でした。夜は、友人と飲みながら食べながらのおしゃべり。おしゃべりそのもので時間を作るのは、本当に久しぶりです。若かりし頃の夢とかを聴いていると、また、別な面がわかって面白いです。

▼11月6日(日)きょうからグリーンフィンガーズの沖縄旅行です。2泊3日です。那覇のパンを作っている作業所を訪ねる旅です。私も参加して、8日の朝早く帰る予定にしていたのですが、8日の午後からの教育市民常任委員会が、7日に変更になったので、旅行参加は無理。キャンセル料1万4千円が飛んでいって悲しい。朝8時にマイクロバス集合ということで、お見送りです。皆、元気でそろって、わくわくしているのが伝わってきます。Bさんは4時半に家を出て、6時から待っていたとかで、「おいおい、張り切りすぎだよ」とずっこけました。「そえのさんも行こうよ~!」「う~ん、行きたいのは山々だけどね、議会の方が優先だからね~残念!」「食べ過ぎない!おみやげを買い過ぎない!ころばないように!誰かと一緒に歩く!いい?」と、皆にお母さんみたいなことをつい言ってしまい、「いってらっしゃ~い!」でした。

▼11月9日(水)市議会報告をようやく入稿、4校までやって、今日、印刷GOです。こっちをやればあっちができず、という感じで、他のことが後になっているのを気になりながらも、一つ一つと、自分に言い聞かせてやってます。~にしても、このところ電子レンジの出番の多いこと。便利な世の中になったのですね。生協のほうれん草や小松菜、かぼちゃ、いんげんの冷凍カットや、煮物用の冷凍の根菜とか、ついそちらを使ってしまいます。一人で作って食べるとこうなるのかも。外食は好きじゃないし、料理を楽しむ余裕もないので、栄養や添加物などを考えつつ、ぎりぎりのところでレンジを利用です。レンジの電磁波を分かりつつ、使ってますね。11月7日(月)かぎ紛失とうとう自転車の鍵を失くしてしまいました。浅いポケットに入れたのがよくなかったのか。自分の行動を反芻し、道路端も家も事務所も探したのですが、出てこない。一ヵ月ぐらい前に失くした時は、マンションの管理人さんのところに届いていて、ホッ!だったのに。あるべき物がない、というのは心落ち着きません。が、あきらめて別の鍵をつけることにしました。

▼11月11日(金)[ヤモリ登場]昨晩遅く、パソコンから目を移したときに、壁に何やら動く物が。ごきぶりか!と一瞬思ったのですが、どうも感じが違う。そっと近づくと、小さなヤモリでした。ぴたっと張り付いて、ささっとたんすの裏に隠れてしまいました。可愛かったです。もう少しよく見たかったなぁ。でも、我が家にどうやって入り込んだのか、なぞです。私はごきぶりをつぶすのが嫌なので(ごきぶりを見かけたら、ためらわずつぶしますけど、殺生だからしたくないのです)、ごきぶりが入り込まないように、ガラス戸を開けるときは必ず網戸をするようにしているのです。ごきちゃんは、いまのところ見かけないので安心なのですが。

▼11月12日(土)[感謝!リサイクルバザーVol.18]今日はリサイクルバザー。朝、起きて、天気予報を聞いたら、午前中は雨。うゎどうするか、と思ったものの、しようがない、日にちを延ばすわけにもいかないし、ぼちぼちやるかと気を取り直し、外に出てみたら雨はあがってました。ほんとにラッキーでした。売り子さんは14名。店明けの10時からお客さんが来てくれて、売り上げ50,500円でした。品物の単価が大体100円とか、10円のものもあったわりにはよく売れました。ご提供してくださった方々には、すごい安い値段で申し訳ないのですが。出してくれた方たちが、今度は買いに来てくれたりして、うれしいですねぇ。皆様、どうもありがとうございました。売り上げから、売り子さんの昼食代と会場費を差し引いた4万円は、世界の子どもたちにカンパします。今までは、チェルノブイリ原発事故の放射能被害の子どもたち支援とタイの山岳少数民族の教育プロジェクトにカンパしていたのですが、今回はそこにプラスして、パキスタンの子どもたち、パレスチナの子どもたち支援にカンパする予定です。今回でバザーも18回目を数えました。毎回、活動の合間にポスティングお願いや品物受け取り、事前準備と、時間の綱渡りでやっていました。今年もできるだろうか?と思いつつの実行です。ポスティング、品物提供、値段付け、積み込みと、それぞれボランティアでやっていただきました。感謝です。お天気に恵まれ、今回も無事終了できました。お天気の神様にも感謝。

▼11月15日(火)今日は七五三で、母の誕生日でもあります。偶然にも、時間のとれたのが今日だったので、誕生日プレゼントの花束を持って病院へ。その前に、実家に寄ったり、庭の手入れをしてくれているご近所の方にあいさつしたり、ケアハウスに寄って母からの頼まれ物を荷物にしたりして、着いたのは3時前。病院からも誕生日プレゼントで、ゼリーやお菓子、バラの花がありました。母は元気でちょっと太ったかな、という感じ。そろそろ退院してもいい頃だとは思うのですが。往復7時間の車は疲れます。帰途、家の近くまで車を走らせながら、もう限界だ~、と心の中で叫んでました。

▼11月17日(木)澄んだあおい空。天高い秋。嫌な思いをしたり心配事があっても、空を見上げると、「空に比べたらちっぽけなことだよ。くよくよしていてもしようがない。また、がんばろう!」と元気が出てくるから不思議です。リサイクルバザーのお礼状をようやく出して、会派視察のホテルを予約して、etc.…と雑多な一日。空はどこまでもつながって広いです。

▼11月18日(金)午前中、市民活動サポートセンター整備検討委員会を傍聴。市民と行政との協働ということばは、よく聞かれますが、なかなか難しい。関係性の規定と共有化が、どこまでできているのだろうか。去年の予算特別委員会や今年2月の代表質問で、自治基本条例制定について質問したときに、市長が答えていたのは、市民活動推進指針の策定の後に、自治基本条例を視野に入れたいというものでした。市民、行政、議会等のとらえ方や役割、関係性を市民全体で共有化できてないまま、市民活動推進指針や市民活動サポートセンターを審議会等で検討しても、いつもこの原点が問われてくると思うのですが。今日の検討委員会の議論でも、こうした「共通言語・共通概念」の相互確認の必要性が言われていました。一体市民活動って何?というところから、お互いに確認し合わないと、市民活動サポートセンターのあるべき姿・提言が出てこないというのは、もっともなことではあります。が、では、この委員会での相互確認と共有化が市民全体のものであるのかというと、そうとも言えないだろうなぁと、思ったりもします。

▼11月19日(土)午前中は、ごみゼロキャンペーンのごみ拾い。寒かったけれど、雨も降らずに清掃活動ができてよかったです。自治会の皆さんも真面目にごみ拾いに取り組んで、道路がきれいになりました。心なしか、前回よりもごみの量も減ったような…。午後は、虹の会の機関紙発送作業の手伝い。80ページを7千部発送だそうで、ものすごい膨大な紙、紙、紙の山。組み作業を久しぶりにやりました。自分の作業もあるのですが、久しぶりに虹の面々に会うのもいいな、と行ってきました。わずか2時間半の作業なのに、腕が痛い、腰が~、と身体がなまってますね。

▼11月22日(火)[会派視察]21日と今日と、会派の視察でした。主要テーマは、自治基本条例と行政運営。21日の午前中が川崎市、午後が大和市、22日の午前が横浜市の複合福祉施設のフリ-スペースみなみと、浦舟特別養護老人ホーム、午後が横浜市。近場とは言え、2日間で5つの訪問先は、目いっぱいの入れ込みでハードでした。しかも、川崎も大和も横浜も、調査テーマは2つずつ盛り込んだ欲張り視察。どうせ行くなら、最大限吸収しよう。私が今回の視察担当をやったのですが、どこも初めてのところで、どこから行けば一番早く着くか、乗り換えはどうするか、宿泊先はどこにするかなど、インターネットで検索しながら絞り込んで、スケジュールを決定。ネットはほんとに便利です。これがなければ、お手上げでした。会派のホームページに載せる報告の分担も、21日の夕食時に割り振ってOK。皆の集合から川崎まで行く間に、いくつか、珍道中の出来事がありましたけど、視察先では現場の担当職員から、実際のところどうなのよ?的な話も聴けたし、5つの視察は計画通りに終了できたのでほっとしています。忘れ物もなかったし。視察の効用は、紙の字面だけでは出てこない生の声が聞けること、質疑のやりとりで理解がより深まることです。今回もそうした意味では、さいたま市政との兼ね合いで参考になりましたし、2日間の行動が次に生かせていけるのではと思います。

▼11月23日(水)テーブルの上の書類の山、片付けてもまたすぐに次の書類が乗って、いい加減にうんざりです。午前中は洗濯と台所の洗い物で終わり。午後から自治会の会報を作って配ったり、用紙を買いに行ったりして、もう夕方です。会派視察の報告書も忘れないうちに書かなくちゃ、とか消費生活展の準備も今日中にやっておかないととか、気持ちは焦っても時間がかかってどこまでできるのか。

▼11月26日(土)[さいたま市消費生活展]消費生活展開催で9時にさいたま新都心に集合。一昨日、搬入用のパネルを選んでまとめたつもりが、電磁波問題のパネルでなく違う団体のパネルになっていたのがわかり、急いで浦和コミセンまで取りに行ったり、朝からドジ。今年初めて新都心のコンコースで開催で、寒いかもとホカロンを3つも付けて厚着していたのですが、呼び込みや説明やおしゃべりで熱気が出て、暑いくらいでした。若者が多いのにびっくりしました。「若者!クイズラリーやってみて!」と、声をかけるとそれに応えてくれる若い男の子たちもけっこういて、キャッチセールスの手ごたえってこういうものなのかなぁ、と。私のところのブースは、遺伝子組み換え問題でしたが、おばさんたちの反応は「ひとつ賢くなったわ」という言い方が多かったです。夜はマンション建設問題で、業者の説明会。住民の方に頼まれて出席しました。今までの経緯がよくわからないので、今日は黙っていようと思っていたのですが、しゃべってしまいました。建築確認もとった後での説明会で、着工時期も動かせそうにない、そうした中での工事協定書に向けた話し合いです。確認検査機関はイーホームズということがわかり、住民一同「エェー!」。事業者の姿勢が強硬でなかったのは、耐震強度偽造問題でマンション建設への住民不安があるからかしら?その後事務所で友人と作業。るるおしゃべりしながらの作業なので、疲れません。でも夕方パンを一つ食べただけなので、さすがに空腹が頂点に。それに眠い。12時前に作業は終わり。明日も昼間、来て作業してくれるって、うれしいです。感謝!

▼11月27日(日)[障害者週間記念事業]障害者週間は12月3日から9日ですが、さいたま市の場合は、今日が記念事業の日。午前中が記念式典。午後がパネルディスカッションと介助犬のデモンストレーション。私は午後から参加しました。パネルディスカッションのテーマは、中途障害ーその心と体の軌跡。聴覚障害、脳血管障害の当事者の方々と、高次脳機能障害の家族の方がパネラー。コーディネーターは斎藤なを子さん、コメンテーターは埼玉精神神経センター長の丸木雄一さん。当事者の方たちからの体験談は、聞いていて説得力があるし、同感したり、考えさせられたりします。

▼11月30日(水)[母の退院]午前中、自治会の役員会。その後、母の病院へひたすら車を走らせました。退院です。ちょうど3ヶ月間の入院生活でした。転倒に気をつけて、手首に負荷がかからないようにと、注意があって退院手続きも終了。ケアハウスには夕食前に到着。久しぶりに、自分の個室に戻り、ほっとしていたのでしょう。いい表情でした。私がケアハウスを出たのは、日の沈みかけの時刻でした。関東平野の田畑の上に空が広がり、雲が一面に広がり動いて、絶景でした。

▼12月1日(木)議会報告の発送作業が佳境で、明日中に届くように出さないと、虹ROCK2のちらしが生きない。SOSで何人かの方たちに手伝いを頼んで、ようやく昼には終わり。何とか間に合って、ほっとしたら急に眠気が襲ってきました。このところ、夜なべの作業が続いているので、ちょっとお疲れ気味ですね。夕方の駅頭での街宣では、飛び入りでちらし配りをやってもらったり、缶コーヒーを差し入れてもらったり、ありがとうございました。暖かなご支援をいただくと、ほんとに力が湧いてきます。

▼12月2日(金)[師走入り]早いもので、もう12月に入ってしまいました。会派の議員室の暖房は、12月1日からでないとつかないということで、今まで寒かったのですが、きょうは、暖房がきいてます。さいたま市のウォームビズは19℃設定だそうですが、議員室の温度は何℃かな?あれもこれもと追い立てられながら、何とかこなしてきて、これから12月議会にシフトを移します。今日の議案説明会で、指定管理者関係の議案は49件とありました。選考経過や指定先の妥当性などが、今議会での一つの課題になるでしょう。

▼12月3日(土)[NIJI-ROCK2]昨晩というか今朝方まで起きていたので、さすがに頭がボーっとして、思考停止状態。何かを考えるのがすごくおっくうで、やる気が起きてきません。やはり早寝早起きが一番です。反省。夕方、虹の会のNIJIーROCK2に友人と行ってきました。桜ホールの会場は満席とまではいかなかったけど、熱気ムンムン。身体に演奏バンドの音が響いてきました。トリが虹の面々による演奏。みんな、すごくいい顔していて、のってましたね。聴いている私もつられてニコニコ、手拍子。ちんどんの化粧と扮装。見るたびに、それぞれのキャラに合った扮装だよなぁと笑っちゃいます。最後の曲がインターナショナル。30数年前に歌って聴いたのが、こういう場で聴けるとは。そして、歌っているみんなは、40年前の歌でなく、いまの歌として歌っている。楽しげに。また、新しい胎動が起きるかな?友人と食事した後、別の友人と事務所で話。昼間のどよ~んは消えて、行け行けドンドンのテンションで、双方向で話ができてよかったです。

▼12月4日(日)お湿り程度の雨。寒い日曜日。資料類の片付けに精を出し、要らないものと要るものに分けて、ファイリング。「おぉ、こんなところにあったのね」という資料も出てきて…。資料は使えてこそ意味があるのですよね。家の中を見回すと、要らないものがそこここにあります。年内にはきれいにしたいな。

▼12月7日(水)[議会開会]12月議会の開会日。それほど時間がかからず、午前中でおしまいかと、皆が思っていたのですが、議案質疑で議事進行がかかって延々と時間がかかり、終わったのは5時ごろとなってしまいました。9月議会から議会のインターネット中継が始まり、12月議会からは録画中継も始まるので、今日の疲れるやりとりが録画で見られるでしょう。昨晩は一般質問の項目絞り込みや、視察報告を書いたりして寝たのが午前3時。完璧に寝不足で頭が回りません。早く帰って眠ってそれから一般質問の原稿書きをしようと思っていたのに、6時から一般質問への職員への説明会。家に着いたのは7時半。それから洗濯機を回し、8時半から自治会の防犯パトロール。1時間ほど7名で地域内をくまなく回りました。防犯パトというよりも、ごみ拾いといった方が正確かな。たばこのポイ捨ての多いこと。まったく、です。

▼12月13日(火)[一般質問終了]一般質問が終わりました。傍聴にいらしていただいた方々、ありがとうございました。質問が多いので、自分の所見の所は削りに削って最低限の分量にして、持ち時間(質問と答弁で40分)の半分より2分減らして、質問。それでも、実際に質問したときは早口になってしまいました。どの質問項目も日頃から問題意識を持っていたものなので、新たに資料を取り寄せたり、論理を組み立てるということは、今回なかったので、気分的にはそれほどプレッシャーはなかったのですが、それでも緊張しましたね。インターネットの録画中継があるので、あとで自分の登壇を見てみようと思ってますが、恥ずかしいですね。ともあれ、終わってホッ。次は常任委員会です。議案審査と議案外質問の準備です。指定管理者関係の議案が大部分で、それも選考過程の資料が明示されていないので、どうするか。私の所属する委員会に付託されてないけど、市長の特別秘書設置の議案に対してどうするか。数の論理で、結果として議案が通ってしまうのは分かっていても、議場での一票をどうするかは、議員としての最大の責任なので、自分が納得し他にもきちんと説明できる根拠をどこに求めるか、考えに考えます。

▼12月14日(水)きょうは議案調査日なので、久しぶりに時間的にゆっくりした気分です。家で会派会議のレジュメ作りや、議案を調べたりしていて、気がついたらお昼をまわっていて、あわてて公民館へ。愛育会の反省会で、カレーが出るので楽しみにしていたのです。着いたら、食事が終わったところで、惜しい!でも、残りのカレーをいただきました。おいしかったですよ。そこで、12月議会のことや指定管理者制度のことを話したり、皆さんからは道路や耐震のこととか、公園管理とか職員の働きぶりとか、区民会議のこととか、たくさんのご意見を伺いました。日々の生活や現場から出てくる声や意見は、ほんとに参考になりますね。

▼12月15日(木)[教育市民常任委員会終了]午前10時から午後4時頃まで、教育市民常任委員会でした。他の委員会は、昼で終了とか午後を回っても早くに終わったみたいで、当委員会が一番時間がかかりました。指定管理者の指定先の議案がたくさんありました。駐車場、駐輪場や文化会館、伝統文化施設、体育館などですが、さいたま市の場合、指定先を選定する委員会は執行部だけの委員。しかも選定経過も明らかにされてない。委員会では、公募の選定結果の点数の入った資料が配られましたが、わかりにくいですね。公募の場合、HP上で公表していても、なんと1ヶ月しか公表していない。私は、委員会の前日に他の政令市(横浜、川崎、千葉、名古屋)の選定結果をインターネットで検索したのですが、どの市もちゃんと選定プロセスも結果も出してます。1ヶ月しかHPで出してないというのは、アリバイ的で、選定経過の透明性に消極的姿勢だと受け止められますよ。もっと、市民への説明責任の遂行を考えてほしいですね。議案外質問は5人が行なって、もちろん、私もやりました。私はDV防止・被害者支援について聴きました。本会議の傍聴よりも、委員会の傍聴も方が、どういう課題が上がっていてどんな質疑がされて、各議員がどんな問題意識で発言しているか、行政側がどんな対応をしているかを、具体的に聴けると思います。今日の夕方は、街宣の予定が、私の勘違いで明日だと思っていました。いつも一緒に配ってくれているHさん、Kさん、ごめんなさい。

▼12月17日(土)午前中は自治会の防災(防火)訓練。近くの消防出張所の職員の方が来て、説明と注意。実際に消火器を使ったり、携帯で消防署への℡通報をしたりの訓練。消火器を使ったのは初めて。簡単な動作ですが、最初はとまどいますね。午後、会派HP用の原稿を入力したり、一般質問で使った資料をファイルし直したり、本箱にファイルを入れる場所確保で要らない資料を処分したり…と雑多な作業。久しぶりに洗濯したり、繕い物をしたり、リサイクル封筒を作ったりして、やることやった気分です。グリーンピース・ジャパンから「沖縄・辺野古日本のジュゴンなどの保全を求める請願」署名のお願いがきていました。ジュゴン保護キャンペーンセンター、ジュゴン保護基金委員会、WWFジャパン、日本自然保護協会、日本野鳥の会、グリーンピースが共同で国会へ提出するそうです。締め切りは1月30日。

▼12月19日(月)[グリーンフィンガーズのパウンドケーキはおいしい!]風が冷たくて、手袋なしで歩くと手がかじかんできます。鼻水も出てきましたね。やっぱり冬は寒い。グリーンフィンガーズのクリスマス会兼誕生日会へ。社協を通じて配られる、善意ある会社からのクリスマスケーキと、のり巻きとおいなりさんで、「おめでとうございます!」「いただきま~す!」。立ち仕事ができるメンバーは、さつまいも入りのパウンドケーキと、オレンジ入りのパウンドケーキを作ってました。新製品作りに挑戦です。座ってるメンバーは、シールを貼ったり、リボンを切ったりの作業。二種類とも季節限定。私はまだ食べてないですね。クリスマスセールだとかで、恵子さんのフロランティーヌ(ドイツ菓子?)と小さなパウンドケーキ2個入りのセット(1袋800円)も作ってました。恵子さんのフロランティーヌは絶品です。明日、浦和区役所のピアショップで販売なので、私もいくつか買うつもり。

▼12月21日(水)[12月議会終了]2週間の定例市議会が閉会しました。急遽提出された、小学校と養護学校の101校に警備員を配置する補正予算案は教育市民常任委員会に付託され、質疑が活発にされて全員異議なく賛成。昼休みに平和宣言の広告塔除幕式があって、白い鳩たちが放たれました。群れをつくって、飛び立ち旋回して、空の彼方へ。青い空に白い鳩たちが旋回するたびにきらきら。きれいで、しばし見とれました。議会終了後、会派の他のメンバーが帰った後、たまって雑然とした机の上の書類を整理。読まなくちゃいけない資料が多いです。5時半というと、普通はまだまだ一日のざわめき中なのですが、議会棟はシンとしてさびしいくらい。

▼12月23日(金)[ヘルシー鍋]昨日は寒かったですね。風がビュービュー吹いて。夜、仲間うちで忘年会を焼き鳥やさんで。とうふ鍋と大根サラダ、大根と鶏肉、にんじん、こんにゃくの煮物、漬物と、ヘルシー料理。何せ、おばさんばかりですから、食べ物にはうるさいのです。おいしく食べて、飲んで、おしゃべりに花が咲きました。

▼12月24日(土)きょうはクリスマスイブなんですね。若いときはジングルベルの曲に心騒いだものですが…。さびしいと言えばさびしいものです。議会も終わり、部屋のほこりと汚れに耐え切れずに掃除機をかけました。洗濯も2回やって、きれいになると気持いいです。ちゃんと忘れないうちに12月議会のまとめをして、「そえの発・号外」の原稿を書いて、市議会報告の原稿も作って、と皮算用をしてるのですが。正月休み中にできるかな?と思っていたら、パソコンのプリンタが壊れてしまい、まいった!ダウンロードで資料のプリントアウトなど、毎日プリンターを酷使していたので、ギブアップされたのかも。すぐにインクがなくなるので、たくさん買い込んだばかりなのです。とりあえず事務所のプリンターを持ってくるとしても、インクがもったいない。きのう、事務所で作業。手伝いに来てくれた友だちが、「そえのさんは時間の切れ目がないねぇ。ちゃんと休んで気分転換をはからなきゃ」と言ってましたが、世間的なレジャーとかは無理だし、そんなに興味があるわけではないので、今のままで良し、です。ただ、ほんのちょっぴり、ぼぁ~とした空間にいられれば幸せなのですが。

▼12月26日(月)[四日市市視察(自治基本条例、新予算編成システム)]四日市市に会派で視察に行ってきました。日帰りです。朝9時に家を出て、市役所には1時ちょっとすぎに着いたのですから、新幹線は便利です。お昼も夕食も車中で、お弁当。ちょっと旅の気分。四日市市は、全国初の議員提出による市民自治基本条例を制定したことで知られています。その背景やプロセスなどを聞いてきました。それともう一つは、新予算編成システムについても聞いてきました。行政評価のやり方として、業務棚卸表と財源配分方式予算システムによる行政経営システム改革を平成16年から行なっているということです。さいたま市が平成15年度から行なっている事務事業評価とは、また違うやり方です。議会事務局の職員の方から、縷々、議会改革についてもお聞きしました。刺激をたくさん受けました。四日市市の視察には、2回申し込んで、日にちが合わず、3度目の正直で実現。年末ですけど行ってきてよかったです。帰宅は夜の9時半。三重県は寒かった。冷気で雪が舞ってました。東京に着いて、うわぁ暖かいねと、その違いにびっくり。

▼12月27日(火)川の復活は、まだまだ夢の段階ですが…午前中は地域の方お二人がみえて、相談(提案)とお話。私の議会報告をご覧になったそうで、初対面です。事務所の前をいつも通られているとか。私はたいてい、昼間はいないほうが多いのですが、事務所が開いていたら寄ってくださいね。午後は市役所へ。年末の議会棟はシンとしてました。市役所は明日が仕事納めです。下水道課へ下水道事業について、話を伺ってきました。以前は川だったところが、浸水対策などでほとんどが排水路となり、ふたかけしてない排水路もありますが、ふたかけされて、上が道路や通路になっている排水路もあります。日頃歩いている道路の下が土の地面か、それとも水路かなんて、普段は意識しないですよね。市街地に緑を増やすと共に、街中に潤いある水辺の復活ができないものか、そんな問題意識で話をうかがったのですが、現状ではとても困難なようで、それは私も理解するのですが、でも、どこか希望の持てることはないか、可能性を探りたいと思っています。いまは、無理でも問題意識は持ち続けようと思っています。

▼12月28日(水)[自然体で~]あと正味3日で今年も終わりなのですね。何と月日の経つのは速いのでしょうか。まだまだ遣り残しがたくさんあります。でも、焦らないで一つ一つやりましょう。どっちみち結果は同じ。~というか、焦ってやると余計に失敗する、というのを痛いほど味わってきたのですから。自分らしく、自然体で~です。今日のお昼は、グリーンフィンガーズの忘年会。奮発して、レストランでのバイキングです。いやぁ、みんなよく食べますねぇ。モリモリと。対する私は、いくらバイキングでも、入りません。いろいろなご馳走があっても、どれも少しずつです。年齢差によるものなのか。おなかいっぱいになったところで、お開きです。来年もまた元気で会いましょうね。何より身体が大事。風邪など引きませんように。

▼12月31日(土)[大晦日]きょうで2005年もお終い。時の流れは連綿として続いているのですが、人間の知恵なのでしょう。区切りをつけて前に進む。何ができて何ができなかったか、一年のしめくくりをして、気持も新たにして次に進むために。午後、相談を受けて、子どもたちの通学路にもなっている交差点の危険箇所と歩道の危険箇所を確認。歩道のグレーチング(鉄製の網のU字溝のふた)の網目が広すぎて、ヒールの踵が入り込んで転んだり、ベビーカーの車輪がはまり込むとか、U字溝のふたとふたの間が空いている、車道と歩道の段差など、10箇所ありました。若いお母さんたち3人がベビーカー付きで説明してくれました。お子さんが事故にあったり、自分も自転車で転倒したこともあるそうです。毎日通る道路なので切実ですよね。年が明けたら動きますね。ご近所の方お二方から、家庭菜園のサトイモや大根をいただいたり、庭の柿、やつがしら、芋がらをいただきました。どれもご自分で作られたものや、おすそ分けのもの。私一人分の分量なのも、お気持を感じてうれしいです。これから具沢山の味噌汁やおでんを作ります。家も事務所も大掃除はできませんでしたが…。明日から新しい年です。野菜パワーを身体に取り入れて、しなやかにがんばりましょう!