「障害者に優しく」したくない

遊びに来て下さった方とか、にじ屋を手伝いに来て下さった方とか、虹の会と関わった方から「虹の会の人たちは温かい」という言葉をもらうことがあります。

実は私、この「温かい」という言葉にいつもちょっと違和感を覚えるのです。

その言葉をかけてくださった方、個人への反感ではありません。
悪気など絶対にないでしょうし、きっと誉めていただいているので、喜ぶべきところなんでしょう。
でも引っかかるのです。
だから心から「ありがとう」と言えなくて、私はいつも中途半端な笑顔を浮かべることになってしまう。

ずっとモヤモヤしていたのですが、今、機関紙用にとある文章を書いていて、そのヒントらしきものを見つけました。

同じような言葉で「障害者に優しくしましょう」というのがあります。
これは明らかに引っかかるんですよね。
なんで「障害者」という枠組みで取り出して「優しくしましょう」と言うのか。
別に、全人類に優しくしたらいいじゃないですか。

引っかかるのは、その言葉の裏に、「障害者は可哀想な人」「自分とは違う人」という特別視が見えるからですね。
しかも、「優しくしましょう」って、明らかに自分の方が立場が上で障害者が下。

ずっと昔の話になりますけど。

虹の会はずっと身体障害者中心の団体でした。今から10年ちょっと前に初めて知的障害者が来ました。
それがツノです。
ツノが学校の実習で虹の会に来たときのこと。
彼は、最終日に「実習が終わるのがイヤだ」と言って泣きました。
「目にゴミが入ったとかで涙を流すのは見たことがあったけど、感情で泣いたのは初めて見たかもしれない」とは親御さんの言葉。

数年して、ミツが実習に来ました。
彼は、「今すぐ学校を辞めて虹の会で働く」と言い出しました。
まあ、虹の会は逃げないから学校は卒業しといたら?ということで卒業してから晴れて職員となったわけですが。

ツノもミツも、「優しくされたから、温かくされたから、虹の会にいたい」と思ったわけではないと思うんですよね。
優しさや温かさがあったとしても、それが「アナタが障害者だから」ではないことを感じたから、だと思うんですよね。

つまり、障害者だからと特別扱い「されなかった」ことが彼らに響いたのだと思うのです。
障害のあるなし関係なく、「普通に」いられたからだと思うのです。

ミツは他の作業所の実習にも行ってるんですけど、その作業所のことを「職員がジャージだったからイヤだった」と言ったそうで。
ジャージ。
作業所職員のトレードマークみたいなもんです。
ミツはそのジャージに、障害者と健体者の線引きを痛烈に感じたんでしょう。

ふむ。。。
頭から読み返してみたけど途中ずいぶん説明不足ですね。
でも説明しようと思ったら膨大な文章量になる予感がするので、不足の分はまた今度(笑)。

で。
何がヒントだったかというと。
「障害者に優しい」という言葉に、私がすごく敏感であるということに気づいたわけです。それが「イヤだ」という強烈な感情と共に。

だから、虹の会に対して「優しいですね」「温かいですね」と言われると、すぐ「イヤだ」という感情がムクムクと湧いてくる。
別にその言葉を発した方が「障害者に対して」と言っているわけじゃなかったとしても、そこにつながってしまう。

もうちょっとフラットに話を聞いたらいいよ、私、と思ったのでした。

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

7月電子原稿「ライブ!」

遅くなっちゃったー。ごめんなさい!内藤

先日、にじ屋を早退させてもらってスガシカオのライブに行ってきました。まあ、その前に友達と15時50分に新橋で待ち合わせをしまして、16時開店のお店の前で並びまして…。

この店、開店して10分くらいで席が埋まってしまうので、開店前に行って待っているしかないのです。

今回は開店と同時に満席。相席があたりまえの20席しかない小さなお店なのですが、サラリーマンの聖地「新橋」では人気なのです。常連の人なんか、席がいっぱいでもカウンター的な所で立ち飲み。

ほとんどの人が注文するのが、分厚いハムカツとメンチとトマトジュース割り。いいですよ、ここ。とにかく安くて旨い!2人で2時間くらい飲んでいて5000円。

ライブはこの友達と一緒に行くことが多いのですが、六本木だったり中野だったり、安くて旨い店を知っているのです。まあ、中野のお店は中野サンプラザに行く時しか機会がなく、埼玉に住んでいて埼玉で仕事をしていると、他に中野にいく理由がないので残念なのです。中野サンプラザも取り壊しになってしまうらしく…。

ここも8人くらいでいっぱいになってしまうので、ネットのみんなとというわけにもいかず。六本木は人数が多くても大丈夫なんだけれど、やっぱり六本木にいく理由がないなあ…。

そんでもってスガさんのライブ、楽しかったー!あの「プロフェッショナル」の曲のイメージではないのです。まさにファンク!

そしてまた、ライブの後、また新たな安くて旨い店で飲むのです…。

外口

「虹の会(Since1982)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げ、さいたま市を拠点に活動する障害者団体です。障害があっても、ひとりの大人として、市民として、人間として、障害を理由とした差別を受けることなく、地域で暮らしていけるような社会を目指し、活動を続けています。虹の会では会員さんを募集しています。会員さんには、毎月「虹の会機関紙【SSCにじ】」をお送りさせていただきます。機関紙には活動の様子やイベントのお知らせ、障害者運動に係るさまざまな見解などが掲載されています。年会費は賛助会員¥6000普通会員¥3000となっています。お問い合わせは048-855-8438虹の会まで。http://www.nijirock.com/nijinokai/honbe

Share on FacebookTweet about this on Twitter

どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ