【加納はバカだから大丈夫】

虹の会機関紙「SSCにじ」の表紙から転載します。

印刷完了したとき、パッと見たらデカデカと「加納はバカだから大丈夫」と書いてあって笑った(笑)。そこにいた加納さんに「表紙に加納はバカって書かれてる(笑)」と言ったら、「いいの。自分で書いたから。」と。

その文章をご紹介。

『加納はバカだから大丈夫』

私が虹の会に入って間もない頃、「加納はバカだから大丈夫だ」と言われたことがあった。

大丈夫って言われているんだから誉められているのかな?バカだから大丈夫ってどういうことだろう?と思っていた。

「障害者」ってことでいつもクラスのお荷物的な存在だった私にとって、「バカだから大丈夫」という言葉は、衝撃的だった。

今まで「できる」「できない」という線引きで判断され、「できない」ことが圧倒的に多かった私は、いつも肩身の狭い思いをしていた。できなきゃダメだと思い込んでいた。障害者なんだから少しでも周りの人の迷惑にならないようにおとなしくしていなくちゃとずっと思っていた。

でも、やっぱり私は自分で自分の生き方を決めたくて、家族や周りの反対や心配を押し切って、地域生活へ飛び込んだ。

私が虹の会へ来たころは、身体障害者が地域で暮らしていくための制度はだいぶ整っていたのに、「無謀すぎる」、「なんであえてそんなことするの」と言われた。

その時の私は後先考えず、とにかく「家を出て一人暮らしがしたい」しか考えていなかった。「できる」「できない」じゃなくて「一人暮らしがしたい」だけだった。

もしかしたら、親への初めての反抗だったかもしれない。一瞬親不孝かなとも思ったけど、あの時反抗したことは、間違っていなかったと思っている。

最近の障害者はお行儀が良いと感じることが多い。周りの人に迷惑をかけないようにおとなしく生きていかなきゃと思わされているんだと思う。

でもさ、それじゃもったいないよ。自分の人生なんだからさ。

加納友恵

KIMG0011

転載以上。

あと、加納さんと外口さんと内藤さんが構成員である、虹の会広報部がfacebookページを立ち上げました。

虹魂的障害者自立生活https://www.facebook.com/nijirockteki

そちらも是非ご覧ください!

カズミ

「虹の会(Since1982)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げ、さいたま市を拠点に活動する障害者団体です。障害があっても、ひとりの大人として、市民として、人間として、障害を理由とした差別を受けることなく、地域で暮らしていけるような社会を目指し、活動を続けています。虹の会では会員さんを募集しています。会員さんには、毎月「虹の会機関紙【SSCにじ】」をお送りさせていただきます。機関紙には活動の様子やイベントのお知らせ、障害者運動に係るさまざまな見解などが掲載されています。年会費は賛助会員¥6000普通会員¥3000となっています。お問い合わせは048-855-8438虹の会まで。http://www.nijirock.com/nijinokai/honbe

Share on FacebookTweet about this on Twitter

なんだかカッコいいじゃないか…

巨大倉庫であるにじ屋は暑い。サウナかと思う。

入口は4メートル×4メートルくらいのシャッターで、それを空けっ放しにしてるわけだから、店内でいくら3台の冷風機を稼働させようがあちこちで扇風機を回そうが、気温下降には残念ながら限界がある。

そんなわけで、にじ屋に行くときはいつも大量の氷を持っていく。本部事務所に大きな製氷機がありまして、にじ屋に行く前、毎朝そこに寄ってクーラーボックス3個とお茶タンクに氷を入れて持っていく。

お茶タンクは店内に置き、冷たく冷えたお茶をお客さんにセルフサービスで飲んでもらっている。

先週の土曜日のこと。

いつものように朝、本部事務所へ。ただいつもと違ったのは、氷を取りに行くだけでなく、前日に印刷した機関紙と9,000枚のビラを一緒に運び込んだこと。

機関紙印刷はネット事務所(にじ屋メンバーがいつも来る事務所)でやり、機関紙の組み作業&発送作業は本部事務所だから、印刷した物の移動が必要なのですね。

そしてその組み作業の後に、例の誤植したビラ9000枚の訂正をお願いしていたので、そのビラも運び込んだわけです。

私が機関紙を運んだりビラ訂正の説明をしている間、クーラーボックスやタンクにせっせと氷を入れていたのはイチマルでした。

イチマルはこの日仕事が休みだったので、「機関紙やりに行く~♪」と、本部事務所にいたのでした。

で。
イチマルが氷を入れてくれた物を車に積み、私はにじ屋へ。

ちょっとしたら本部にいた加納さんから着信。「お茶タンク忘れてるよ。」

え。まじかっっ。お客さん用のお茶無しってわけにはちょっといかないが、しかし本部まで取りにいく余裕もちょっとない…。ぬ。どうしよう…。と思っていると、電話の向こうで加納さんがサラッと言った。

「イチマルに持っていってもらおうか?」

えええ…!?
確かにイチマルは力仕事は得意でして、物を運ぶとかはよく頼むんだけども、でも本部からにじ屋まで普通に歩いても20分くらい。そこを氷の入った重いタンクを持って…大きいから自転車にだって乗らないだろうし歩くしかないし…えええ?…この炎天下、さすがにどうなんだそれは…。

と思ったが、加納さんがこともなげに言うので「う、うん…じゃあちょっとイチマルに聞いてみてくれる?」と言ってみた。

30分くらいして。

「新田さぁん!お茶ー!持って来たよ~」

き、来た…!両手でタンクを抱え、しかも超笑顔で。

「あ、ありがとう。ごめんね。」

「うん。じゃあ機関紙に行ってくるね~!」

と、イチマルはさっさと来た道を歩いて戻っていきました…。

不覚にも、ちょっとカッコイイと思ってしまった…。

KIMG0046nitta

↑朝の運動中イチ。懸垂なのだけど、なぜかいつも横向きになる(笑)

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

一斉ビラ配りありがとうございました!

ちょっと遅くなってしまいましたが一斉ビラ配りありがとうございました!

印刷した15000枚配りきりました!

一番枚数を配ったペアに送られる「ゴールデングローブ賞」、今回は2000枚を配った、コバ&アオヤマさんペアに贈られました!

それから初めて参加してくださった、あかりちゃんとお母さんには「乗り込み部門賞」が贈られました♪

写真が上がってきたらまたアップしまーす。

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

9000枚。ありがとう&ごめんなさい。【明日はにじ屋一斉ビラ配り!】

明日はにじ屋一斉ビラ配りです。

地域の方からの提供品を販売させていただくリサイクルショップ、にじ屋。地域の方からの提供品なくしてにじ屋は成り立ちません。

その提供品募集を呼びかけるビラのポスティングを、手伝ってくださる方も呼んで2ヶ月に1回行っています。

20日(日)12時半にじ屋集合。ふたり1組のペアになり、一斉に配りに出て夕方にじ屋に戻ってきます。にじ屋閉店後(18:30くらい~)にはにじ屋で打ち上げも♪お時間ある方、お手伝いいただけると助かります!

ところで。

このビラの原版は、今回私が作りました。で、篠塚さんが印刷してくれたわけですが。昨日、にじ屋にいる私の携帯に篠塚さんから着信。

「原版裏面の、くじ抽選会の時間が違ってる。」

…やってしまった!!!誤植!!!!
聞けば、印刷予定15000枚のうち、9000枚がすでに印刷済みとのこと。

どうしよう…9000枚…。

「内藤さん、どうしましょう…印刷し直すかどうか…」

「うーん…。上から判子押して訂正するとか?9000枚ムダにはしたくないし、かといって間違ったのを配るのもね…。明日、機関紙の組み作業で人が集まるじゃない?そこでお願い出来れば。」

そうか、判子。でも9000枚も…?

「多人数でやればきっとできるよ。」

ふは。そ、そうかしら…。

機関紙印刷を事務所で仕切っていた加納さんのところへいく。加納さん、組み作業も仕切るから。

加納さんに事情を話すと、「それなら、機関紙印刷もうすぐ終わるから、今いるメンバーでちょっとでも進めたらいいよね?」と。

はう。

機関紙印刷していた米本さんたちに話すと…。「こんなちっちゃい所に判子押すのは逆に大変だよ。手書きの方が速いよ。いい太さのペンないの?」とさっそく引き出しのペンたちをひっくり返し…。

「じゃあ堀江さん訂正線引いて。んで、飯島ちゃん時間書き直して。」と、すぐさま訂正作業がスタートし。

KIMG0012

KIMG0013

はわ。

向こうの方で何やら加納さんが電話してると思ったら。「今、工藤さんと松沢さんにも頼んだから。ビラ持っていくね。」

ほわ。

あ、工藤さんと松沢さんというのは虹の会の会長と副会長でございます。加納さん強し…!

そして私が別の仕事をしている間に、あっという間に2000枚の訂正終了。

「今日はここまでにしとくか。じゃあ私も持って帰ってやってくるから。残りは明日ね。」米本さんと加納さんが、自宅に持ち帰ってくれると(泣)。

KIMG0014

そして今日、機関紙組み作業をしていたメンバーが、その後残り5000枚ほどの訂正作業を完了させてくれました。

ありがたや…。

まったくもって本当にすみません!!そして自分の仕事もあるのに快く訂正作業をしてくれたみんな…。本当にありがとうございました!こんな人たちと一緒の職場で私は幸せ者なのです…。

というわけでそんなビラをポスティングします明日の一斉ビラ配り、お時間ある方、お手伝いお願いします!雨にならなきゃいいけど…。万が一雨天延期になった場合、代替日は26日(土)となります。

よろしくお願いします!

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

バカテンに出演!埼玉大学『落語研究会』

埼玉大学落語研究会さんからもコメントを頂きました!落研さんの出演は、8月2日(土)14時~です。

落語研究会は現在部員が20名弱。

男性15名、女性5名で、実技班・寄席文字班に分かれて活動しています。

主な活動は、さいたま市内のデイケアセンターや老人ホーム、小学校などに出張して落語を公演したり、約2か月に一度、学内・学外で寄席を開いたりしています。

また、昨年の10月に、落研OBである三遊亭天どん師匠が真打へ昇進しました!

むつめ祭でも終日寄席を行っています。バカテンでは8月2日(土)14時~。お待ちしています!

落研1

落研2

【バカテン】詳細http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiyaevent

Share on FacebookTweet about this on Twitter

バカテンに出演!『Million Tricks』

にじ屋10周年イベント【バカテン~バカの天国祭】に出演していただく、埼玉大学ジャグリングサークル『Million Tricks』さんからコメントをいただきました!

埼玉大学ジャグリングサークルMillion Tricksです!

たくさんの人にジャグリングを知ってもらいたい。たくさんの人にジャグリングを体験してもらいたい。そして何より、たくさんジャグリングを楽しんでもらいたい。

わたしたちは、この想いをサークルの基本方針としています。

ジャグリングって何?という方にも、きっと楽しい時間をお届けできると思います!よろしくお願いします!

KIMG0009

KIMG0012

KIMG0010

【バカテン】詳細http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiyaevent

Share on FacebookTweet about this on Twitter

6月電子原稿「大宮北の運動会について」

こうへい

えっとー、松本くん。

誰が「運動会に行け」などと言うのかね?

あんたが行きたかったんでしょうが!

そして。

みんなにいっておかなきゃいけなかったのは、「5月30日に休みしたい」ってことだよね。

「言ったつもり」では伝わらないのよ!

あき

「虹の会(Since1982)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げ、さいたま市を拠点に活動する障害者団体です。障害があっても、ひとりの大人として、市民として、人間として、障害を理由とした差別を受けることなく、地域で暮らしていけるような社会を目指し、活動を続けています。虹の会では会員さんを募集しています。会員さんには、毎月「虹の会機関紙【SSCにじ】」をお送りさせていただきます。機関紙には活動の様子やイベントのお知らせ、障害者運動に係るさまざまな見解などが掲載されています。年会費は賛助会員¥6000普通会員¥3000となっています。お問い合わせは048-855-8438虹の会まで。http://www.nijirock.com/nijinokai/honbe

Share on FacebookTweet about this on Twitter

6月電子原稿「おこめ②」

【おことわり】素材の味をお楽しみいただくため「イチマルネイティブジャパニーズ」でお届けします…。

こめイチ1こめイチ2

「おこめ」っていうタイトルで、イヤーな予感はしたけれどもね。

最初は「あさめしごはんかのうさんにもらいました」とかいいこと書いていたのに。

9行目「さとうがおこめといています」

あたりからおかしいよ

その下4行目「おなら(をして)わらています」

いいじゃない、それでこそイチマルだよ。

それなのに
なぜ!!!

「840までたべています」

コバのみてかいてどうすんの?!

…ん?え?まさかコバ?!

あき

「虹の会(Since1982)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げ、さいたま市を拠点に活動する障害者団体です。障害があっても、ひとりの大人として、市民として、人間として、障害を理由とした差別を受けることなく、地域で暮らしていけるような社会を目指し、活動を続けています。虹の会では会員さんを募集しています。会員さんには、毎月「虹の会機関紙【SSCにじ】」をお送りさせていただきます。機関紙には活動の様子やイベントのお知らせ、障害者運動に係るさまざまな見解などが掲載されています。年会費は賛助会員¥6000普通会員¥3000となっています。お問い合わせは048-855-8438虹の会まで。http://www.nijirock.com/nijinokai/honbe

Share on FacebookTweet about this on Twitter

6月電子原稿「おこめ」

こば1

「おこめ、いきていくためにひつようなおこめ」って

ポエムか!
今月のコバは、ちょっと別人みたい。

あき

「虹の会(Since1982)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げ、さいたま市を拠点に活動する障害者団体です。障害があっても、ひとりの大人として、市民として、人間として、障害を理由とした差別を受けることなく、地域で暮らしていけるような社会を目指し、活動を続けています。虹の会では会員さんを募集しています。会員さんには、毎月「虹の会機関紙【SSCにじ】」をお送りさせていただきます。機関紙には活動の様子やイベントのお知らせ、障害者運動に係るさまざまな見解などが掲載されています。年会費は賛助会員¥6000普通会員¥3000となっています。お問い合わせは048-855-8438虹の会まで。http://www.nijirock.com/nijinokai/honbe

Share on FacebookTweet about this on Twitter

にじ屋10周年。そしてこれから。 その3 終わり

【この社会への挑戦】

また地域には、にじ屋の他にも障害者作業所が運営するお店がいくつもあります。障害者が作った物を販売するところも見かけます。それらを見ながらまず私たちが思うのは、障害者がやっていて「可哀想だから。」という理由で品物を買ってもらっても意味がないだろうということです。

虹の会が目指すところは、障害があっても障害のない人と同じように地域であたりまえに暮らすことです。ですから、障害者がやっている店だからということだけで変に同情されることを、私たちは望みません。地域の人たちの中で真に必要とされる店でありたい、場所でありたい、と思っています。

現在にじ屋は、さいたま市内約9,000件のお宅から品物提供をいただいています。そしてにじ屋には、毎月のべ2,000人ほどのお客さんが来店されます。

この数字はにじ屋が「地域の中で必要とされている」ということの証であると共に、障害のある人とない人とが一緒に働くということを、多くの市民の皆さんに見て知っていただける場でもあると思っています。

10周年を迎え、改めてそんなにじ屋を誇りに思うと共にさらなる発展を目指して「バカテン~バカの天国祭」を開催します。多くの皆さんのご来店をお待ちしています。

文責 新田

バカテン詳細 http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiyaevent

「にじ屋(Since2001)」は「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」をスローガンに掲げる障害者団体「虹の会(Since1982)」が母体の「障害者生活ネットワークうらわ(Since1997)」が運営する、巨大倉庫を店舗化したリサイクルショップ(BACA-SHOP)です。障害のある人もない人も、それぞれが役割を持ち、それぞれが大人として影響し合いながら、働き、遊び、青春と共に生きる…そんな場所を目指し、活動を続けています。営業は毎週水曜日~日曜日10:30~18:00。販売している品物は、地域(市民)を皆さんからの提供品(無償でありながら皆さんの大きな協力の意思により、程度の良い品物が多数寄せられます)です。品物提供は年中受け付けています。キーワードは「さいたま市」「障害者」「自立生活」「親から独立した生活」「ネット」「バカショップ」「にじ屋」「提供品」「モデル事業」。お問い合わせはすべて048-855-8438虹の会障害者生活ネットワークうらわまで。http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiya http://www.nijirock.com/nijinokai/net

Share on FacebookTweet about this on Twitter

どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ