怪奇現象とモトミ

モトミはお金の計算は苦手です。

でも、お昼ご飯は自分でお弁当を買いに行きます。

どうやって買うかというと、レジで1000円札を出すわけですね。
で、ほぼ100%、お弁当ならそれで買えます。
お釣りをもらって買い物終了。

 
にじ屋では、怪奇現象が時々起こります。

会計の後ろの机の上に、突然小銭が出現するのです。

会計に入っていたコバや陽ちゃんに聞いても
「わかんない。」
「さっきはなかった。」

でもコバは1分前のこと忘れちゃったりするからな~。
ホントに!?
大丈夫?
お客さんから預かったお金置いちゃったとかじゃなくて!?

と、ちょっと焦ったりもするけど、でも陽ちゃんも分かんないって言うなら、やっぱり突然出現したんだろうなあ…。

先日は、事務所のロッカーのところでミツが。
「なんか、隅っこにお金があったんだけど…何これ?」
と小銭を持ってきまして。

ぬぬぬ。

事務所でも発生し始めたか!?怪奇現象!

 

さて。
1000円札でご飯を買うモトミ。
あとお金を使うことと言えば、自販機で缶コーヒーをよく買いますね。

でも¥130とか¥110とか¥150とかが分かるわけではないので、100円玉を、ランプが付くまで入れて、買う。
だからまあ、100円玉が2枚あれば自販機で買えるということになります。

そんなわけで。

モトミにとって、必要なお金は1000円札と100円玉。

それ以外は無用の長物。
…。

10円玉が10枚揃ったら100円玉と同じ、という計算は難しいわけです。
だから。
自分の財布から、1000円札と100円玉以外は、抜いてしまう…。

おい。
ええ、怪奇現象の犯人はモトミであります。

とりあえず小銭も入れときゃいいじゃん、と思うわけですが、変なところで頑固な彼女は、「これはいらない」と、財布から抜く。
そして、コソーっと机の上とかロッカーが並んでる隅とかに、置く。

これね、誰かに見つかったら「財布に入れとけ」と言われることが分かってて、それが嫌で、こっそりやってるものと思われます。

挙げ句の果てにはですね、わたくし、見てしまったのです。
お弁当を買った後、お釣りの小銭をスーパーのゴミ箱に捨てているところを…。

ぎゃー!!!
なんちゅーことするの!!

「いやいやこれは、お財布に入れときなよ」
と言ってみるものの、おかしなところで頑固なモトミ、
「やだーーーーーー!!!!」と小銭を放り投げる…。

なんでやねん。

買い物に毎回一緒に行ければいいのだけど、そういうわけにもなかなかいかず。
ふと気づいてモトミに財布を見せてもらうと、小銭入れに100円玉しかない…という、怪奇現象後の状態であることもしばしば…。

そしてついに先日、スーパーの店員さんから
「これ、あの彼女がゴミ箱に捨てちゃったと思うのよね…」
と、掃除の時に見つけた小銭を預かりました…。

あーあ。

いやしかし。
近所のスーパーの店員さんが、モトミのことをそんなふうに気にしてくれてるのって、すてきだなあって思ったのですよ。

ただ毎日買い物に行ってるだけのお客さんなわけだけど、でも毎日のように行ってるから、顔も覚えてもらえて、その行動も気にしてもらえる。

そうやって、知的障害のあるモトミだって地域の中で生きている。

この話だけだと「そんな大げさな」って思うかもしれませんが、でも、そういう小さな関わりがたくさんたくさんあって、モトミはこの大きな地域の中で、たくさんの人の中で、生きていく。

スーパーの人と、そんなんでモトミのことを話す機会ができたので、
「1000円札と100円玉以外は、モトミにとって無用の長物なんですよ(笑)」
なんて話もできました。
「ああ、そういえば、100円玉が入ってたことはないわね。」
なんて。

さてさて。

その捨ててしまう小銭をどうしようかと思いまして。

「100円玉以外もお金。使えるものなんだから財布に入れて」
と教え諭すという方法もありますが。
それをモトミが理解するにはずいぶん時間がかかるだろうなあ…とも思うわけで。

モトミ専用貯金箱を置いてみました。
モトミが小銭を「いらない」と財布から出した瞬間、貯金箱をモトミの目の前に。

最近、ちょいちょいそこに入れております。

たまったら、1000円さつに換えればね。
また、モトミが使えるもんね。

KIMG0027

写真は、仕事をさぼってひとり公園でご飯を食べていたモトミ(笑)
仕事に行くよ!!!

カズミ

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter

にじ屋、決算賞与!

今年度のにじ屋、頑張ったのです。
前年を遙かに上回る売上を上げました。

そんなわけで、今日の評議委員会にて、井上くんたちに決算賞与が手渡されました!!

にじ屋の売上と年金だけで生活している井上くんたち。

この数万円のボーナスはでかい!!

いやーほんとによかった。
頑張ったことが、こうやって井上くんたちにもわかりやすい形で還ってきて良かった。

また、来年度も頑張ろう。

IMG_6141 IMG_6145 IMG_6146 IMG_6147 KIMG0033 KIMG0034 KIMG0041

そして、にじ屋の新しいパンフレットも完成しました♪

KIMG0044 KIMG0046

ご近所のお店とかにも置いていただく予定です♪

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

3月電子原稿【今度こそ!●内藤】

最近、考信と二人でにじ屋のバックヤードを片付けている。
バックヤードにある、陳列に使ういろーんなカゴや棚や机たち。
バックヤードは、みんなが備品を使って適当において行くのであっという間に通路をふさいでしまうのだ。

適当に戻させないで場所を決めればいいじゃないか、と思う方もいるでしょうが、何しろ大量、何しろ一つとして同じモノがない、というなかで一つ一つの場所を決めるというのはできない。
備品をもっと使いやすくするために何度かこの備品たちの種類分けをしてきたけれど、いままでの様子から考えると、これだけではダメ。その後の維持が大事なのだ。これまで続かなかったのもそこ。
そうなると一度汚くなって通れなくなってから、「1日バックヤードをかたづける日」を設定していたから、いつも一回通れなくなって片付けるのも大騒ぎだった。
かといって、私が1人で戻すのもなんだかんだ後回しになって続かない。

「バックヤードが汚い」という状況に、一番危機感を持ってくれる男、それが考信!

なので、最近は考信に声をかけて「1時間」と決めて片付けている。
衣装ケースをきちんと重ね棚に納める。
みんなには、カゴ類は「カゴ返却地」というスペースに戻してもらっているので、そこから種類分けをしている。
あーすっきり。
しかも一週間に一回と決めたので量もないから、1時間で終わる。時間が余れば新たなところの整理も手をつけられそうだ。

ポイントは,思い立ったときにやること。お互い手が空いてそうなときに「じゃあ○時からやろう」と。私がにじ屋にいる時間が増えたのも大きいけど、これは維持できそうな気がする。 内藤

Share on FacebookTweet about this on Twitter

3月電子原稿【マスコミ担当の座争奪戦●コウヘイ】

これまでのお話

入江田くんのイベント告知を新聞で取り上げてもらうべく、「マスコミ回り」をするにあたり
「新田さんと一緒に行くのはだれがいいのか。」「だれが行ったら新聞に載せてもらえるのか」ということで
会議でプレゼンという名のアピールタイムが設けられ、立候補した、コバ、コウヘイ(と市丸だったがなぜか辞退←ノリで手を上げたが、本気っぽかったので怖じ気づいたと思われる)。
二人で、新聞社の人を想定してアピール。
コバは安定の説明。コウヘイもがんばったものの、これはコバかと思われたが、
見ていた新田さんが選んだのは、コウヘイだった!
「コバはすばらしいけど、もう何度も行っているしもう殿堂入りと言うことで、今回はコウヘイにチャレンジしてもらいたい」

しかし日頃の様子から、「下を向く」、「声が小さい」などみんなの心配があったため、この月曜の会議からマスコミに行く木曜日の朝まで、顔が上がって声が出ていたら、という条件がつけられた。

マスコミ1/2●こうへい マスコミ2/2●コウヘイ

って、そのことに全く触れてなーい!!!(内藤)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

「大奇術展」ありがとうございました!

にじ屋イベント「入江田マジックショーⅥ~大奇術展」。
ありがとうございました!

やっぱりマジックって楽しい。
「きっとこうなる、こうなる…」と思っていたことが起こる「ほらやっぱり!でもなんで!?」っていうのと、最後に自分の想像を遙か超えた事がやってきたときの鳥肌!

今回は埼玉大学のマジックサークル「MIRA」の学生さんにも参加してもらいました。

カクテルバーも出現、トランプホットケーキにカラーゆで卵も。

またやりたい入江田ショー♪

打上にも残ってくれた入江田くん、MIRAのヒョンさん、ありがとうございました!

では、以下写真館。

IMG_0038 IMG_0053 IMG_0064

MIRAの現会長、ヒョンさん。

DSC_0059

IMG_0087 DSC_0059

MIRAの前会長、エレンさん。

MIRAは、2年前におふたりで始めたんだそうです。

そして。

DSC_0011

IMG_0132

IMG_0131

それからいろいろ仮装的なことになっていた、にじ屋店員。

KIMG0022 KIMG0023 KIMG0019 IMG_0205 IMG_0284

あと、この写真が好き。

DSC_0033

なんか不思議な空間じゃないですか?
にじ屋店内じゃないみたい。

そしてカクテルバー♪

KIMG0015 IMG_0191 IMG_0181

KIMG0014

カラーゆで玉子。
きれいにできてるでしょ♪

打ち上げ。

IMG_0312

居酒屋のおじさんがいた。

IMG_0338

打ち上げ中もこんなことやってたなんて、私知らなかった!
ズルイ!

DSC_0283 DSC_0233 DSC_0175 DSC_0169

IMG_0497

カズミ

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter

イチゴ狩り

佐藤さんが前々から「イチゴ狩りに行きたい!」ということで、ネット(障害者生活ネットワークうらわ)全員休みの今日、朝から行ってきました~♪

と報告しようと思ってたけど。

いざ出発しようというときに陽ちゃんが「新田さん、どうしよう、脱臼しちゃった…」。

あらららら。

陽ちゃんは脱臼癖があるので、ちょいちょいこんなことがある。

なので、みんなはイチゴ狩りへ。
陽ちゃんと私は病院へ…。

病院から戻るのとイチゴ狩りチームが戻って来るのはほぼ一緒で、事務所の外でみんなでお昼ご飯♪

陽ちゃんと私、とりたてイチゴもらった♪
甘い♪

DSC_0114 DSC_0168 DSC_0172 DSC_0233 DSC_0335

DSC_0364 DSC_0425

 

KIMG0063

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

にじ屋、新着アクセサリー増量中!

にじ屋のアクセサリーは、ここ数年、半期に一度「大放出」という形で新着品を出しています。

KIMG0013

が。

年度末ということもあり、ただいま新着品を急遽出しております!

KIMG0008

ネックレスがいっぱいあったので、ちょっとチョイスしてみた。
こちらは春色~。
キレイだ♪

KIMG0010

アジアン雑貨系がお好きな方にはこんな感じかしら。

KIMG0009

ゴージャス!
パーティーに♪

KIMG0012

エレガントにいきたい方にはこちら~☆

KIMG0011

インパクト勝負の貴方にはこちらですねっ!

KIMG0007

つけまつげ、いっぱい出まして。

KIMG0005

こちらもいっぱい出まして。
ビーズブレスレット。
腕にたくさんはめたら、首長族を思い出した…。

KIMG0015

指輪もいろいろありますのよ。

KIMG0016

こちらも指輪。
たぶん上下逆さだけど。
かわいい♪

そんなわけで、にじ屋アクセサリー売り場もぜひご覧下さいね。
200円、300円が多数であります。
お買い得♪

カズミ

 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter

【座・ROCK情報】3/19(木)COCOさんクッキー販売!

3/19(木)お昼頃、「COCO」さんがクッキー販売に来て下さいます!
にじ屋での販売は7月以来。
美味しくてかわいいクッキーがたくさん!

ぜひにじ屋へご来店ください!

Exif_JPEG_PICTURE

※同日、「風舎」さんもパン販売に来て下さいます。
→ http://www.nijirock.com/blog/?p=4952

★座・ROCKとは★

『座・ROCK』は、にじ屋店内にあります。
障害者作業所や地域の方の自主製品を販売・展示する場所として、貸し出しているスペースの名前です。
『座』には、「人が集まる場所」という意味を込めています。
作業所や地域の皆さんが、売る側展示する側として、またはお客さんとして集まる場所。
この企画を通して、障害のある無しに関わらない交流の場を提供できればと思っています。
『ROCK』には、「販売・展示する側がお互い切磋琢磨していく」という意味を込めています。
このスペースをを使う皆さんが、それぞれの目標に向けて工夫しながら刺激し合っていけたらと思います。
あなたの製品の販売・作品の展示等に、ぜひ『座・ROCK』をご利用下さい!

※利用料はかかりません。貸し出し日時については、ご相談ください!

お問い合わせ先:048-855-8438(虹の会)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

イチマルの目

みんなで四国旅行に行った週、にじ屋でイチマルから「ねえ、オレたちどこ行ったんだっけ?」と何度聞かれたことか。
数日前に行ったばっかりの場所を忘れるか?(笑)
しかも一日に何回も聞きに来るってどういうこと?(笑)

これ、何回も聞きに来て何してんのかと思ったら、顔見知りのお客さんが来店する度に、旅行の話をしに行っていたんですね。
「うどんたくさん食べたんだよ、うどん!」
「あと、鶏のやつも食べた!」
「あとね、船にも乗ったんだよ!」

仕事そっちのけで何やってんだオマエは!と(笑)。

でもですねえ、素敵なことだなって思ったのです。
イチマルは、自分の楽しかった旅行のことを話したい相手がこんなにもたくさんいる。
彼が虹の会に来たばかりの頃からは考えられないことだな、と。

イチマルは、とある場所で、私たちがやっているバンド「スーパー猛毒ちんどん」のライブを見て「あそこに行きたい!」と虹の会にやってきました。

イチマルはにじ屋に来たばかりの頃、文字通り「目が三角」でした。
なんだか常に苛ついている。
そしてちょっと気に入らないことがあると、すぐ怒りが爆発して誰かに手を上げてしまったり。
今にじ屋にいるイチマルからは、なかなか想像できませんね。

彼の中には当時、「仲間」という感覚がなかったんだろうな、と思います。
そんなことをしたら「仲間」は「仲間」でいてくれなくなってしまう、ということを知らなかったんじゃないかと。

虹に来る前に所属していた場所の話を聞いてみても、一緒にいた人の名前を全く覚えていない。
唯一覚えていた人の名は、イチマル曰く彼をいじめていた人の名。

虹の会は、基本的には「来るモノ拒まず」です。
にじ屋で「働きたい」という人が来るときも、一緒に働きたい!という思いがあれば、基本的にはじゃあ一緒にやっていきましょう、というスタンスです。

でもまあ、一応会議で「彼と一緒にこれからやっていこう」という確認をみんなでするわけですね。

で。

「彼とは一緒にできない」
という意見がにじ屋メンバーから出たのは、今のところ後にも先にもイチマルの時だけです(笑)。

それくらいイチマルは、みんなに脅威を与えていた。
でもまあ、それから…もう8年くらいになるのかな?
イチマルはみんなから仲間はずれにされたり、どなられたり、もちろん失敗なんか何百回としながら、それでもそれらをみんなと一緒に乗り越えて、今のイチマルの目は三角どころか、その横には笑いじわがくっきりと刻まれています。

そして毎日ボケ倒し(←天然です(笑))、常にみんなの中心で笑いをとっている。
そんなイチマルに憧れたのか、新米のコウヘイは、何かっつーといつもイチマルにくっついている。
「イチマルでいいのかよ~(笑)」なんてみんなに言われながら。

今度会ったらじっくり見てやってください。
あんなにハッキリした笑いじわ、なかなか見られません(笑)。

今じゃ、「あれ、今日イチマルくんいないの?あの明るさに会いたくて来たのに」なんて言うお客さんも。

私も、あの明るさとバカさ(←誉めてます)に救われることはたくさんある。
うるさくてウザいと思うことも多々あるけど(笑)。

KIMG0017 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

canvas

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

障害があってもなくても、みんなの全力~年度末総括~

年度末総括の時期であります。

にじ屋を運営している「障害者生活ネットワークうらわ」も、総括を今日の会議から話し合い始めました。

「障害者生活ネットワークうらわ」の会議は、毎週月曜の「職員会議」ただひとつ。
ここに、障害のある無しに関わらず全職員が参加します。
そして、ここで決定したことのみが実行されます。

つまりこれは。
「健体者だけで決める」ことをしないためのシステムです。

KIMG0015 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

障害があるかないかで線引きされ、障害の無い人が上の立場で指示する側、障害のある人は考える余地無く指示されて動くだけの側。
極端に言えばそういう、障害者作業所等で陥りがちな関係性になりたくない、という思いから発生したシステムです。

みんなのにじ屋だから。
みんなで考えてみんなで決める。

「障害のある人とない人が一緒に働く」とはどういうことか?
それを日々考えながら、実験、実践していく場が障害者生活ネットワークうらわであり、にじ屋です。

総括も、みんなで考えます。

今日の段階では、今年度の方針をみんなでおさらいして、総括は「継続審議」としました。

KIMG0001

↑今週中に、書ける人はこの紙にそれぞれ自分の思うところを書いてくる。
みんなのそれらをまとめて、全体の総括とします。

知的障害のある彼らにも書きやすいように、具体例をちょっと横に書いてみたりもしました。

ただ、「ままごと」にはしたくないのです。
「よく考えてきましたね~♪」
「たくさん書けましたね~♪」
だけで終わらせていたら、にじ屋の売り上げは上がりません。

みんなが参加し、みんなが全力。

ミツはミツの全力で考える。
ツノはツノの全力で考える。
私は私の全力で考える。
それらを詰め込んだものが、私たちの総括になります。

地域の中で、障害者問題なんて何も知らない人たちの中で、にじ屋は商売をする。
そこで売り上げを上げていかなければ、それを給与として生活しているコバたちは、現実問題として生活が立ちゆかなくなります。

そして、売り上げを上げていかなければ、「ほら、やっぱり障害者が働いて稼ぐなんてムリなのよ」って言われてしまう。
私たちの毎日の試行錯誤を、否定せざるを得なくなってしまう。

 

そういえば、昨年度の総括に
「にじ屋での動き方が、能力主義に傾いていた」という反省がありました。
健体者職員の人数が減ったこと、そしてにじ屋を運営していく上での仕組みを少し変えたことも加わって、知的障害をもつメンバーに対して能力以上のことを求める傾向が強かった、と。

その能力を健体者に近づける努力よりも、今できることに自信を持ってそれを最大限発揮できる環境を創る努力をしたい。
そういう集団でありたい。

「全員がそれぞれの持ち味を活かしながら滞りなく動けたとき、にじ屋は元気で明るく自信に満ちあふれたものとなり、売り上げも上がるという確信がある。そういうにじ屋を、今年度はめざしていきたい」。
今年度の方針には、そんな文言を入れていました。

また総括は考えている途中だけど、これは今年度で完成はできなかったな、と思います。
とても壮大な目標。

まだまだ伸びしろたくさんのにじ屋。
来年度に向けて、また一歩。

カズミ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ